ACME (7)

ニューヨークの絶品スモークサーモンの店 ACME の工場へ行ってみよう!

ACME (1)

ニューヨークの有名なスモークサーモンの工場、ACME Smoked Fish(アクメ スモーク フィッシュ)を紹介します。私自身何回訪れたかわからないくらいよく訪れる場所なのですが、ブルックリン、ウィリアムズバーグの北側のグリーンポイントにあるスモークフィッシュ専門の工場です。工場なのですが、週に一度だけ一般向けに直販してくれるのです。知る人ぞ知る、ここのサーモンは、あの絶品スモークサーモンで有名なゼイバーズ (Zabars) に卸している工場なのです。その他のニューヨーク中の高級グルメショップ、ベーグル店、レストランにも卸している、ニューヨークのスモークサーモンの大もとはこの ACME のスモークサーモン工場。つまりは、この工場で買うサーモンは、ニューヨークの名だたるグルメスーパーやデリ、レストランお墨付きのものが買えるということなのです。毎週金曜日の朝8時から午後1時までのみ、一般の人向けに販売してくれます。工場の販売所にはつやつやで脂ののったおいしそうなサーモンが山盛りで迎えてくれます。

ACME (6)



スモークサーモンの販売所は冷蔵庫のような低い温度のお部屋で、いつ行っても行列ができています。クリスマスの直前など、ホリデーイベントの前の金曜日になるとびっくりするほどの大行列になります。

ACME-(9)

真空パックになっているものは、スーパーとかに売っているものと一緒です。半額以下くらいで買えます。瓶詰めのニシンなども同様です。

ACME (2)

魚の燻製も人気のある商品で、よく売れています。

ACME (3)

こちらはイクラです。びっくりの量です。量を考えると安いのですが、一度買うとしばらくイクラ三昧の日々になります。
あと、奥に見える、パックのホワイトフィッシュやサーモンのサラダも、クラッカーにのせたり、ベーグルと一緒に食べるのに最適です。

ACME (4)

スモークサーモンはいつもこの切身の量り売りのものを買っています。真空パックのものより断然おいしいです。味見もさせてくれますが、プレーンのタイプ、レモンペッパー、グラブラックス、週ごとに変わる味など色々あるので来るとついつい何種類か買ってしまいます。かなり贅沢にサーモン三昧できちゃうので、もうベーグル屋さんとかでスモークサーモン入りを頼むことをしなくなってしまいました。

ACME (5)

スモークサーモンのこちらの工場では、現金のみでクレジットカードは使えません。また、工場販売のため簡易包装です。自分で保冷剤を持って行き、ここでお買い物をした後はできるだけ早く家に帰って冷蔵庫に入れるのがおすすめなので、その後予定がない日に行くのがベターです。

ACME (7)

このACME、1906年創業の老舗でいまだにファミリービジネスで頑張っているようです。そんなACMEってこんなところだよ、の紹介ビデオです。

ニューヨークのスモークサーモン工場 ACME への行き方

行き方は、地下鉄Gトレインの Nassau Avenue が一番最寄り駅となります。マンハッタンからだとGトレインは不便だという場合は、15分くらいかかりますが Lトレインの Bedford Avenue 駅から歩くこともできます。工場に着いたら、このドアを開けて中に入ります。直販の日になると、このドアの前に販売所の案内の看板が立っています。また買い物し終わった人やスタッフなどがつねに出入りしているドアがあるので行けばすぐわかります。

ACME-(8)

ブルックリン、グリーンポイントの住宅街を抜けていくとある、知る人ぞ知る、ニューヨークのスモークサーモン工場 ACME へ、ごちそうの準備に出かけてみて下さい。

ACME
30 Gem St Brooklyn, NY 11222 地図

brooklyn-(7)

すぐ近くにはランチスポットもあります。

ブルックリンで異国体験 ポーランド家庭料理レストラン Karczma

ニューヨークの絶品スモークサーモンの店 ACME の工場へ行ってみよう! was last modified: 1月 8th, 2019 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です