アメリカ国立公園年間パスとは? ナショナルパーク巡りに必須のお得なパスの使い方

アメリカの大人気旅行先、アメリカ国立公園。アメリカナショナルパークを含む、アメリカ国立公園管理局 (NPS) が管轄する関連施設というのが、実は全米には2000以上もあり、1年間好きなだけアメリカ国立公園とその関連スポットに訪れることができる、アメリカ国立公園年間パス(ナショナルパークパス)があります。アメリカの国立公園は、年々入場料が高くなっていますが、この年間パスは、なんとずっと据え置き価格で、年々お得度が増しています。アメリカ国立公園を訪れるとき、アメリカ国立公園年間パスを購入した方がいいのか?購入するとどれくらいお得になるのか?購入方法や使い方などについて紹介します。

アメリカ国立公園パス

アメリカ国立公園年間パス (National Park Annual Pass) は、アメリカ・ザ・ビューティフル・パス (America the Beautiful Pass) という、美しい名前がついています。一年間国立公園へ行き放題になる、とてもお得なパスです。

アメリカ国立公園年間パス (America the Beautiful Pass) の値段は、80ドルです。
1枚の年間パスで、無料入場になるのは、実は1人だけではありません。
アメリカ国立公園の入場料は、多くのところで、車一台に対していくらという形で入場料を定めています。
そのため、車一台に乗っている人全員分カバーできるので、一台の車に乗っている家族全員がこの年間パス1枚で無料入場できてしまうのです。

有名な国立公園のほとんどが、入場料が 30ドル、35ドルとするので、一年間に3か所以上訪れるなら、買いとなります。
有名なアメリカ国立公園が勢揃いしている、グランドサークルを訪れる場合は特に、一回の旅行で簡単に年間パスの元が取れてしまいます。

国立公園のほとんどは、入場料が車一台あたりでかかるので、中に何人乗っていてもパスで無料入場できますが、
施設によっては、車で入場しない、徒歩で入場するところもあります。
そういう場所の入場料は、1人当たりに対して入場料がかかります。
この場合、ナショナルパークパスの利用で、16歳以上は4人までカバーされます。子供(15歳以下)は、無料です。
人数オーバーの場合は、追加の人の分だけ、通常の入場料を払って入場することになります。
例えば、ニューヨーク周辺では、エジソンの邸宅 などがあります。

トーマスエジソン国立歴史公園の見どころ 天才発明家エジソン邸と研究施設

アメリカ国立公園パス 購入方法

Bryce Canyon National Park (11)

アメリカ国立公園パスを買う方法は、2 通りあります。

① 国立公園の入場窓口やビジターセンターで直接購入 
一つ目は、直接国立公園へ向かい、入場の入り口で、年間パスを買う方法です。場所によっては、国立公園のビジターセンターで買えることもあります。
大体のところでクレジットカードが使えると思いますが、一応キャッシュも準備しておくと安心かもしれません。
アメリカ国立公園年間パスを購入できる場所の一覧は、こちら (PDF) です。

② オンラインで購入
二つ目は、事前に サイト からオンライン購入する方法です。
ただし、手数料 $5 がかかり、郵送の日数もかかってしまいます。

アメリカ国立公園パス 使い方

アメリカ国立公園へ入場する時には、毎回、国立公園パスと ID を持っていって見せます。
パスの裏にサインをした所持者 (Passholder) と、ID の名前が一致していることを確認されます。
そのため、パスを利用する際は、必ずその人が一緒にいないと使えません。

もし、最初のサイン者が一緒に行けない場合は、サイン欄がもうひとつあり、もう一人、名前を登録することができるので、もうひとつの欄にサインをしてIDを持っていけばパスを利用できます。
この二人目のサインは、家族や親族でなくてもよく、1枚の国立公園パスを友達などと共有して利用することもできます。

アメリカ国立公園パスが使える場所・使えない場所

アメリカ国立公園年間パスが使える場所は、アメリカ国立公園 (National Park)、国定公園、史跡、施設 など、全国で2000か所以上の対象施設があります。
国立公園パスが利用できる場所のリストは こちら です。

全米のあちらこちらで、ほとんどどこでも使える、お得なパスなのですが、実は思いがけず利用できない場所もあります。
グランドサークルのコースでもおなじみの場所なので、注意してください。

・ アンテロープキャニオン
・ モニュメントバレー
・ ホースシューベント
・ ザ・ウェーブ

ナショナルパーク(国立公園)だと思われがちな場所ばかりなのですが、実は、管轄が、アメリカ国立公園ではないんです。
アンテロープキャニオンと、モニュメントバレー、ホースシューベントは、ナバホ族の領地となり、ナバホ族が管轄している場所なので、国立公園パスが使えません。

ザ・ウェーブは、国の土地ではありますが、管轄が Bureau of Land Management (BLM) となるため、パスが利用できません。そもそも、ザ・ウェーブは、行きたいと思った人が誰でも行けるわけではなく、抽選会が行われていて、抽選で当たった人しか訪れることができない面白い場所です。一日たった20人しか行けません。

ザウェイブへ!?1日20人限定のグランドサークル絶景トレイルの抽選会に挑戦 The Wave

ナショナルパークパスは、各州の管轄下にある州立公園でも使用することができません。

アメリカ国立公園パスの有効期限

アメリカ国立公園年間パス (National Park Annual Pass) の有効期限は、1年間です。

ナショナルパークパスのカードの使い始めにパンチで穴を開けて、利用開始月の印をつけてくれます。
年間パス (Annual Pass) なので、1年間というのはわかりますが、
よく迷ってしまうのが、利用最後の月はいつなのか?ということです。

今年の8月に利用開始をしたら、利用最終日は、来年の7月でしょうか、8月でしょうか?
実は、有効期限は、利用開始月と同じ月までになります。
つまり、8月に利用開始した場合、パスの有効期限は、翌年の8月末日までになります。

アメリカ国立公園パスを忘れた場合

アメリカ国立公園旅行のときに、アメリカ国立公園年間パスを家に忘れてきてしまったらどうなるでしょうか?
最初の一回目はパスを購入するので忘れようがないのですが、年間パスなので、2回目、3回目の旅行のときに、うっかり家にパスを忘れてきてしまうようなことが起こりえます。
とりあえず、現地で普通に入場料を払っておいて、パスと一緒にレシートを見せてあとで返金してもらえるかな?と、淡い期待をしてしまうのですが、これは残念ながら返金してもらえません。

年間パスを紛失した場合も、買ったときのレシートを見せても、再度発行はしてもらえないので、大切に保管し、アメリカ国立公園への旅行時に、ドライバーズライセンスやパスポートと一緒に忘れないように持っていくように気を付けないといけません。

アメリカ国立公園パスでどれくらいお得になるの?

Zion National Park (7)

アメリカ国立公園の一番王道のコース、グランドサークルのコースで見てみます。

グランドキャニオン国立公園 35ドル
ザイオン国立公園 35ドル
・ブライスキャニオン国立公園 35ドル

上記 3か所を訪れただけで、すでに、入場料は 105ドルです。アメリカ国立公園パスは80ドルなので、簡単に元が取れました。
グランドサークルを回る人は、まだ他にも色々な国立公園がコース上にあり、訪れる人が多いので、もっとお得になります。

グランドサークル旅行の人気おすすめモデルコース ドライブ地図と回り方

その他、有名な国立公園の入場料を例にあげると、

ヨセミテ国立公園 35ドル

・セコイア & キングス・キャニオン国立公園 35ドル

イエローストーン国立公園 35ドル

グランドティトン国立公園 35ドル

デスバレー 30ドル

エバーグレーズ国立公園 30ドル

国立公園パスを持っていたら、かなりお得にたくさんの国立公園を巡ることができます。
アメリカの人気の国立公園は、まだまだたくさんあります。是非訪れてみてください。

アメリカ国立公園人気ランキング ベスト10!ナショナルパークサービス訪問者数

8月25日は、アメリカの国立公園の誕生日で、今年で 105年目を迎えました。国立公園の誕生日をはじめ、一年に無料となる日が、6日間あるので、そんな日を狙ってピンポイントで訪れることも可能です。ただし、現在は、まだパンデミック中のため、閉鎖していたり、曜日限定でオープンしているなど不規則なことも多いので、訪問先の状況を確認してから訪れましょう。

アメリカ国立公園の入場料無料の日!2021年スケジュール

アメリカ国立公園年間パスとは? ナショナルパーク巡りに必須のお得なパスの使い方 was last modified: 8月 26th, 2021 by mikissh