bastille-day-nyc (23)

フランスな週末!バスティーユデーとワールドカップ決勝戦です

bastille-day-nyc (23)

7月4日は、アメリカの独立記念日でしたが、明日、7月14日は、フランス国民にとってのお祭りの日、バスティーユデー (Bastille Day) です。バスティーユデー (Bastille Day) は、フランス革命のきっかけとなったバスティーユ監獄襲撃事件の起こった日を記念する日で、ニューヨーク周辺でも、そんなバスティーユデーを祝って、バスティーユデーイベントがアッパーイーストサイドで開催されます。また、今週末の日曜日は、サッカーのワールドカップの決勝戦、「フランス 対 クロアチア」が行われ、フランス人たちがとても盛り上がる週末となりそうです。

毎年、バスティーユデーには、パリで盛大なパレードや花火が見られますが、ニューヨークでもそんなバスティーユデーにちなんだお祭りが開催されます。
ニューヨークのおすすめイベント でも紹介しましたが、毎年恒例となっているニューヨークのバスティーユデーイベント、Bastille Day on 60th Street が、7/15 日曜日の正午から5時までアッパーイーストサイド(60ストリート&5アヴェニュー)で開催されます。

ニューヨークのバスティーユデー祭り 人気フランス系カフェ・スイーツショップ大集結!

今年は、フランスとクロアチアが対戦するワールドカップの決勝と重なったこともあり、午前11時から、屋外と室内のいくつかの会場で、大スクリーンでライブ中継されます。ファンたちがたくさん集まり盛大な会となりそうです。

この他、ブルックリンの Boerum Hill (7月15日正午から午後10時) や、ジャージーシティダウンタウン (7月14日午前11時から午後6時) などでもバスティーユデーイベントが行われます。

アメリカの独立の手助けをしたり、イギリスとの争いを繰り返していて、財政危機に陥ってしまった絶対王政下のフランスは、民衆たちが王政を倒すために立ち上がりフランス革命が勃発しました。1789年7月14日にフランス革命のはじまりとなるバスティーユ監獄の襲撃事件が起こった日を記念し、フランス国民のお祭りの日となっています。バスティーユ監獄襲撃後、フランス人権宣言が出され、王政は終結し、共和制への道を辿って行きます。絶対王政がスタンダードな時代に、民衆が王政を転覆させるという、アメリカの独立以上に、世界に大きなインパクトを与えた出来事です。

そんなドラマチックなフランス革命の歴史がこちらの映像を見るとよく分かります。

バスティーユデーのパリでは、エッフェル塔の夜空にとても美しい花火が上がります。日本やアメリカとはまた違うフランスらしい芸術的な、とっても美しいカッコイイショーの花火です。思わず感動してしまいました。是非一度、見に行ってみたいです。

夏のニューヨークは色々なイベントもあって、旅行するのにもとても楽しい季節です。

ニューヨーク観光グルメおすすめ人気スポット33選 NY最新見どころ徹底紹介!

楽しい週末をお過ごしください♡

フランスな週末!バスティーユデーとワールドカップ決勝戦です was last modified: 7月 13th, 2018 by mikissh