ニューヨーク 雷の絶景!リトルアイランドから避難 パフォーミングアートイベントが驚きの雷ショーに

ニューヨークでは、今週、久しぶりの猛暑の日が続いていますが、すごい雷に遭遇してしまいました。今春オープンしたばかりのニューヨークの最新スポット、ハドソン川沿いのリトルアイランドで、夏のパフォーミングアートイベントがスタートし、先日早速、様子を見に行って来たのですが、とんでもない展開になってしまいました。天気予報では、晴れ予報の日だったのですが、途中から雷がピカピカゴロゴロと鳴りだしました。でも面白いことに、雨一滴降っておらず、頭上は晴れていました。みるみるうちに、ハドソン川の対岸のニュージャージー側が、濃いグレーの積乱雲に覆われていき、気づくと、リトルアイランドのショーも途中で中断となり、急遽、避難をしなければいけなくなってしまいました。

ニューヨークのミートパッキングディストリクト、ハドソン川沿いに、誕生したばかりの最新の人気スポット、リトルアイランド は、サイズの異なる漏斗型のブロックを組み合わせた面白いデザインの島で、小さいながらも起伏がある公園で、周囲の水辺の絶景が魅力の公園です。
園内には、舞台となるいくつかのスポットがあり、パフォーミングアートなどのイベントが開催できるようになっています。そんなリトルアイランドで、8月11日からはじまったのが、NYC Free と題されたイベントで、今後、レイバーデーの週末の日曜日、9月5日まで、毎週水曜日から日曜日にかけて、数多くの無料のパフォーミングアートショー が開催されます。園内最大の劇場、Amph でのイベントをはじめ一部のショーは、事前予約制になっていますが、劇場外からも見ることができ、また予約なしで訪れることができるイベントも多くあります。

この日は、NYC Free のショーを楽しんでいたところ、なんとショーの途中から、緊急避難をすることになってしまいました。
ハドソン川の向こうで落雷がはじまってしまったため、途中で中断されてしまったのです。劇場にいたお客さんをはじめ、島にいたお客さん全員が島の外へと急遽退避することとなりました。

リトルアイランドは、通常、雨天時でもオープンしていますが、実は、落雷の危険性がある時には、閉鎖となります。係員の誘導に従い、公園の外に避難します。

リトルアイランドは、通常、天候に関わらずオープンしているのですが、実は、落雷の危険性がある時だけは閉鎖されることになっています。この日は、イベントが急遽中止となり、公園も閉鎖となってしまいました。雷雨で避難ということになりましたが、実は、対岸では激しい雷雨にも関わらず、マンハッタンの頭上には、雲ひとつなく、雨も全く降っておらず、目の前でピカピカ光る雷の様子を遠目に見ている状態でした。そのため、しばらくの間は、みんな幻想的な雷の光景を遠くから、雨に濡れずに楽しんでいました。

結局、この日は、雷雨はしばらく続いたため、ショーは再開されることなく、予備日に順延となりました。水曜日から日曜日までは、ぎっしりイベントが詰まっているので、月曜日と火曜日がショーの予備日となっています。
雷雨は、さらに強さを増し、さすがにニューヨーク側でも雨が降り出して来ました。ハドソン川沿いの遊歩道から、対岸のジャージーシティのビル群へ落雷する様子がとてもよく見えました。

ひっきりなしに無数の雷が落ちていく様子が目の前で見られ、雨の中にもかかわらず、思わず見入ってしまいました。

ダイナミックで幻想的なニューヨークの雷の様子は、こちらです。パフォーミングアートショーは、中止になってしまいましたが、思いがけず、すごい雷ショーとなってしまいました。

リトルアイランドは、こちらで詳しく紹介しています。

リトルアイランド ニューヨークの憩いの最新スポット オープン!ハドソンリバーパークに誕生した絶景の小さな島公園 Little Island

ニューヨーク 雷の絶景!リトルアイランドから避難 パフォーミングアートイベントが驚きの雷ショーに was last modified: 8月 13th, 2021 by mikissh