Bistro Tôt ou Tard (1)

モントリオールで出会ったお得で美味しいフレンチビストロ Bistro Tôt ou Tard

Bistro Tôt ou Tard (1)

カナダにありながら、フランス語を話し、フレンチの美味しいものがあふれる街、モントリオールは、ニューヨークから割と近く、手軽にフランスのカルチャーを楽しめる旅行先です。そんなフレンチグルメな街の地元民たちに人気がある小さなフレンチビストロへ訪れてみました。このフレンチビストロは、お得なセットメニューがあり、美味しいだけではなく、お料理をアツアツの最高の状態で持ってきてくれ、しかも、料理もすごーい大盤振る舞いな量で出してくれるびっくりなお店だったのです。ローカルに人気なのも納得できます。

Bistro Tôt ou Tard (8)

このフレンチビストロのレストランは、Bistro Tôt ou Tard というお店で、La Fontaine Parkの近くの閑静なエリアにある、ご近所さん御用達のお店です。周りが観光地やレストラン街というわけではないので、旅行者はほとんどいないようです。ですが、ご近所さんたちが、ふらっと立寄るお得で美味しいカジュアルフレンチのお店で、私も自分の家の近所にあったら絶対通ってしまうようなお店でした。

Bistro Tôt ou Tard (9)

一般的なメニューは英語のものがありますが、メインディッシュを選べるフィックストコースのメニュー、Table d’hôteはフランス語のみ。おすすめはこのTable d’hôteです。フランス語なので、よくわからない場合はお店の人におすすめをききましょう。いつもそうなのですが、レストランに入って最初に運ばれてくるパンが美味しいと、そのお店の料理への期待も高まります。

Bistro Tôt ou Tard (5)

このお店のコースメニューは、なかなか他では見つけられないくらいの良心的な大盤振る舞いなコースでした。
前菜、メイン、デザート、コーヒー付、といううれしいコース。
普通コース料理だと、スープにするか、サラダにするか、の2択を迫られ、どちらにするか迷うことが多いのですが、なんとここのコースだと、両方ついてきちゃいます。スープはフレッシュアスパラガスのクリームスープ。モントリオールのマーケットへ行ってわかりましたが、アスパラガスが旬ですごい大量に並んでいたので、そんな旬のものを頂けるのは本当にうれしいです。

Bistro Tôt ou Tard (7)

こちらは、チリスープ。

Bistro Tôt ou Tard (6)

そして、スープの次にやってきたのが、サラダ。これが、メイン並みの大きいボールのサラダでびっくり!サラダの変わりにフレンチフライも選べましたが、もし、ポテトでこの量出てきたら、大変なことになってたかも。カナダのきゅうりは、アメリカのものと違って、新鮮な歯ごたえのあるきゅうりで美味。トマトも甘みがあり、オリーブの実も入った一品でした。旅行中なのに、モントリオールだと野菜不足になりません。

Bistro Tôt ou Tard (2)

そして、メインの登場です。
アツアツ山盛りでやってきたムール貝。冷めないように蓋をして持ってきてくれたのですが、それにしても本当アツアツ。食べている時もずっと湯気がたっていました。とっても美味しいです。そして、食べても食べてもなくならない幸せなムール貝ディナー。

Bistro Tôt ou Tard (3)

メインの骨付のラムシャンクのコンフィはお肉がほろほろ。食べた瞬間ほおが緩みます。新鮮野菜もたっぷり。

Bistro Tôt ou Tard (4)

チーズケーキ。ニューヨークチーズケーキほどではありませんが、濃厚な感じが美味しいです。

Bistro Tôt ou Tard (10)

チョコレートケーキ。どちらのケーキも見た目ほど甘くないほどよい感じ。コーヒーも運ばれてきて、本当にゆったりと、お食事を楽しめるフレンチビストロでした。

Bistro Tôt ou Tard (11)

Bistro Tôt ou Tard
1030 Rue Cherrier, Montréal, QC H2L 1H7, Canada MAP

モントリオールで出会ったお得で美味しいフレンチビストロ Bistro Tôt ou Tard was last modified: 8月 22nd, 2016 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です