Bushwick Collective-24

ブッシュウィックコレクティブ2015

Bushwick Collective-7

今ニューヨークで急激に変身を遂げているエリアといったら、ブルックリンのブッシュウィックです。クリエイティブな人々が集まる街、ブッシュウィックには、ブッシュウィック・コレクティブ (Bushwick Collective) をはじめグラフィティ(壁画)がたくさんあり一躍有名になっています。アートの力ってすごいんだな、ということを実感できる街です。このブッシュウィック・コレクティブをはじめとする街中のストリートアートが人々を惹き寄せ、おしゃれなお店もできるようになり、この街はどんどん変化していっています。週末のブッシュウィックの街の賑わいは、数年前とは比べものになりません。そしてすごいのは、今もまだグラフィティはどんどん描き続けられていて、ブッシュウィックの街はまだまだ進化中だということ。街中を歩いていると、グラフィティ作成中のところに遭遇することがあります。街の至る所にグラフィティがいっぱいありますが、特にブッシュウィック・コレクティブ周辺は、目を見張る素晴らしい作品がいっぱいです!

Bushwick Collective-24

Bushwick Collective-35

ブッシュウィック・コレクティブは、ジェファーソンストリート駅周辺を中心としたオープンな屋外グラフィティアートのコレクションです。本当にびっくりするくらい個性の光る傑作アートが見られます。

Bushwick Collective-36

週末のブランチが大好きなニューヨーカーたち。背景のグラフィティが素敵だと、それだけでもカフェや街の雰囲気を一気にクールなものに変えてしまいます。

Bushwick Collective-26

Bushwick Collective-32

ゆるーいこんな絵も現れます。

Bushwick Collective-22

Bushwick Collective-23

ブッシュウィックは、実は以前は治安が悪く、とても犯罪の多いところだったそうです。

Bushwick Collective-21

「ブッシュウィックコレクティブ」というストリートアートを増やすプロジェクトは、2012年に始まりました。この危険だったブッシュウィックのエリアに古くから住み、父親が犯罪に巻き込まれ亡くなってしまった Joseph Ficaloraさんが始めたプロジェクトです。彼自身はアーティストというわけではありませんが、キュレーター、コーディネーターとして活躍しているそうです。
このようなプロジェクトを通して、エリアがみるみるいい方向へ変わっていったのは本当にすごいことです。

Bushwick Collective-33

マンハッタンのSOHO、ロウアーイーストサイドをはじめ、ニューヨーク中で、合法的にグラフィティを描くことが難しくなる流れの中、このブッシュウィックのエリアでは無償でウォールを提供していたこともあり、世界中から多くのアーティストを惹きつけ、急激に作品が増えていきました。

Bushwick Collective-28

壁だけではありません。車庫のシャッターもこんな風にアートをあしらえば一変。

Bushwick Collective-27

Bushwick Collective-29

Bushwick Collective-8

Bushwick Collective-30

人もあまり通らないような、何にもないところに、こんなすごい作品が突然現れるんです。

Bushwick Collective-17

無造作な落書きが放置され、治安が悪い雰囲気だったところも変身。

Bushwick Collective-18

アートを取り入れるだけで街は変わるのです。

Bushwick Collective-12

倉庫街を歩いている時、上を見上げると、現れたこの衝撃の絵。

Bushwick Collective-4

何にもない倉庫街のような場所は人通りがほとんどなく、明るいうちはいいですが、夜はあまりすすめられないかも。週末のお昼間でも、人に出会うとしたら、グラフィティツアーをしている人くらいで本当に閑散としているエリアです。

Bushwick Collective-10

ハイラインの近くにあるスタンダードホテルのルーフトップバー Le Bain で描いていたアーティスト、Aikoさんの作品が、人通りの少ないブッシュウィックの倉庫街の壁にも描かれています。

Bushwick Collective-16

フリーダ・カーロ。
Bushwick Collective-3

人が集まるホットな場所になってくると、ほっとかないのが広告会社や大企業です。現在、企業が自社の広告用に目立つウォールを借り上げはじめたため、壁のレントの高騰が起こり始めています。さらにこのプロジェクト自体が地域コミュニティを良くしているのか?と、疑問の声まで上がってきているという記事も出ています。
今までブッシュウィックでは、壁を無償で提供し、そこに無償でアーティストが描きたいアートを描くことで、街を変化させてきましたが、そんな環境がいつまで続いていくかは分かりません。でも、この善意でアートを描き、アートで街の雰囲気を変えていく、というのは、いずれ場所を変え、どこかで新たに続いていくことになるのでしょう。

Bushwick Collective-6

Bushwick Collective-9

Bushwick Collective-13

Bushwick Collective-1

Roberta’s のピザ屋さんのエリア周辺もグラフィティの有名なスポットです。

ロベルタ Roberta’s ブルックリンの個性的な人気ピザ屋さん

Bushwick Collective-2

ウィリアムズバーグの街中もグラフィティがいっぱいあります。
Bushwick Collective-14

セルフィーガールズたち、枠を持ちながらハイチーズ♡

Bushwick Collective-15

ブッシュウィックのグラフィティは、意外と広い範囲に点在しています。グラフィティ全部を見て周ろうと思うと、3時間以上かかります。

Bushwick Collective-31

倉庫街の奥の方まで行くと見られるいい作品ももちろんありますが、一番のハイライトは、ジェファソンストリート駅周辺のブッシュウィックコレクションです。とりあえずはそこを目指し、あとは時間が許す限り、足を延ばしていくといいかな、と思います。

Bushwick Collective-34

Bushwick Collective-5

ブッシュウィックコレクティブは、毎年、新しい作品が色々登場していきます。こちらは、2017年の様子です。

ブッシュウィック ブルックリンのストリートアート巡り!ブッシュウィック コレクティブ

ニューヨークには他にもグラフィティが楽しめる場所が色々あります。

ストリートアート溢れる NY ブルックリン・ウィリアムズバーグの街歩き

ニューヨークのかっこいいストリートアート スパニッシュハーレムの個性的グラフィティ

ブッシュウィックコレクティブ2015 was last modified: 10月 11th, 2020 by mikissh