Central Park Reservoir (1)

ニューヨークの夕焼け 夕日の美しい夕暮れのセントラルパーク

Central Park Reservoir (1)

セントラルパークの紅葉もほぼ終わりとなってきました。ニューヨークの秋は本当にあっという間に過ぎ去ってしまいます。ついこの間までのあの美しかった紅葉が懐かしいです。こちらは、ジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池 (Jacqueline Kennedy Onassis Reservoir) です。明るい時間帯も水がきらきらとして、美しいのですが、夕暮れ時の景色もとても美しい場所です。木に囲われた貯水池の周りは、春は桜がとっても綺麗です。そして、ここは、ニューヨーカーが大好きなジョギングのスポットでもあり、毎日ランナーたちがかっこよく走っています。グッゲンハイム美術館からすぐそばのところにあるので、美術館巡りの際に立寄るのにもちょうどいいコースになっています。

Central Park Reservoir (2)

この貯水池は、セントラルパークをデザインした、フレデリック・ロー・オルムステッドとカルヴァート・ヴォークスがデザイン設計したものです。1858年から1862年までの4年間もの月日をかけて造られたもので、昔はこの貯水池の水を水道水として131年間もの間利用されていたそうです。今ではプールの水として使用することはあるようですが、飲料水としては使用されていません。

Central Park Reservoir (3)

ジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池と言えば、まさにその名前の通り、ジャクリーン・ケネディ・オナシスがジョギングをしていたことで知られている場所です。彼女は5番街のアパートに住んでいたようで、毎日セントラルパークにジョギングにきていたんですね。1994年にこの「ジャクリーヌ・ケネディ・オナシス貯水池」という名前がつけられました。

Central Park Reservoir (4)

この貯水池の周りは、現在でも多くの人たちのジョギングコースになっています。旅行客もふらっとお散歩に来て景色を楽しんでいる姿もよく見かけます。

Central Park Reservoir (5)

ランナーが多いためだと思いますが、実はこの貯水池の周り、走る方向が決まっています。周りの様子をみていればわかることですが、反時計回りの方向に進むよう標識も立っています。

Central Park Reservoir (6)

Central Park Reservoir (7)

月もでてきて、とってもロマンチックな雰囲気です。
Central Park Reservoir (9)

セントラルパークの東側 5th Avenue & 90 Street に入り口があります。 MAP

Central Park Reservoir (8)

夕焼けといえば、昨日のニューヨークの夕焼けは本当に目を見張るほど美しかったです。早速、こんな映像もアップされています。ニューヨークのロングビーチでドローンを使って撮影したものだそうです。

特別な珍しい気象条件が重なったのかと思ったのですが、そういうわけでもなく、たまたま空のちょうどいい高さに雲があり、太陽の沈む方向に雲がない状態の中、日の入りを迎えたために、このような美しい夕焼けをみることができたようです。
こういう美しい夕焼けが見れる日を、前もって予想できるといいのに、と思った人も多いのではないでしょうか。実は、そんな予報を出しているサイトがあるんです。最近、登場したばかりのようですが、こちらのサイトで夕焼けの予報がわかります。
赤くなっている部分が、夕焼けが綺麗に見えるエリアのようです。このサイトの昨日の予報をみてみると、確かに当たっています!!

ブルックリンからみたマンハッタンの夕焼けの景色。どこからみても本当に綺麗でした。

ニューヨークではこんな特別な夕日が見られる日もあります。

マンハッタンヘンジ 年に2度のニューヨークの特別な夕日 Manhattanhenge

ニューヨークの夕焼け 夕日の美しい夕暮れのセントラルパーク was last modified: 4月 16th, 2017 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です