chelsea art (2)

チェルシーギャラリー街 おすすめ有名ギャラリー&回り方マップ

chelsea art (2)

アート好きで、ニューヨークに何度も訪れていて、一通り有名な観光スポットを巡ってしまった人におすすめなのが、時間を忘れてのんびりと気の向くままに楽しむことのできるチェルシーアートギャラリー巡りです。最近では、ロウアーイーストサイドの拡大が目立ち、チェルシーのアートギャラリーは一時期より減りましたが、やはり今でもニューヨークで最もギャラリーが多く集まるエリアはチェルシーです。期間限定でどんどん移り変わっていく世界の先端を行く様々な新しいアートの展示は、どんなアートに出会うか分からないワクワク感があります。そんな新しいアートを自分なりに感じて楽しみましょう!
チェルシーギャラリー街のおすすめ有名ギャラリーのリストとギャラリーの回り方のマップを紹介しますが、そんなアートギャラリー街巡りの合間におすすめなのがチェルシーマーケットやハイラインです。ぜひ帰りがけにでも通ってみてください。

chelsea art (3)

チェルシーのアート街を歩いているだけで楽しめちゃいます♪

chelsea art (8)

こちらは、36th St. & 10th Ave.と少し離れた位置にある Sean Kelly Gallery で展示されているMariko Moriさんの作品です。Cyclicscapeと題された展示で、近未来を感じさせるSFチックな作品が並んでいます。ちなみに、こちらの森さんは森ビル創始者のお孫さんだそうで、以前はニューヨークに住んでいたこともあるようですが、現在はロンドンベースで活躍しているそうです。
メビウスの輪をモチーフにした作品です。多少影響を受けているのか、Isamu Noguchiの雰囲気を少し感じます。

chelsea art (1)

ふんわりとしたパステルカラーの色使いが素敵。今週末5月2日が最終日だそうです。

chelsea art (11)

こちらは、現在Sundaram Tagore Galleryで展示されているブラジルの写真家Sebastião Salgadoさんの作品です。世界100か国以上を旅して収めたとても印象的な作品がならんでいます。

chelsea art (10)

こちらはSundaram Tagore Galleryの隣のビルで、フロアをシェアし何人ものアーティストの展示がフロア内のそれぞれのスペースで行われています。なんだか手作り感溢れる文化祭の雰囲気を思い出します。ここにも日本人アーティストの作品を発見。

chelsea art (9)

チェルシーのギャラリー街を巡る時にはこんなマップも参考にしてみて下さい。

Chelsea art
(nytimes)

基本的には、10th Avenue と 11th Avevue の間、36th Street から 21st Street の間に多くの有名ギャラリーが集中しています。

36th Street
Sean Kelly Galler

27th Street
Paul Kasmin Gallery

25th Street
Pace Gallery
Cheim & Read

24th Street
Gagosian Gallery
Luhring Augustine
Matthew Marks Gallery
Gladstone Gallery

21st Street
Tanya Bonakdar Gallery

19th Street
David Zwirner

チェルシーのギャラリー巡りのスタート地点を教えて欲しいという人は、ニューヨークタイムズタイムアウトのおすすめ記事を参考にしてみるのもいいかもしれません。

チェルシーのギャラリー街巡りは、地図とにらめっこするのではなく、大体の位置を把握したら、適当に歩いてみます。大きいギャラリー以外にもたくさんみどころがありますので、出会った所に入ってみる感じで楽しめます。

チェルシーのギャラリー巡り クリエイティブな最新アートの宝庫

ニューヨークのアートギャラリーの変遷は、景気に連動して増減し、昔からアッパーイースト、SOHO、チェルシー、ロウアーイーストサイド、DUMBOなどエリアの発展に貢献しては、どんどんとスペースの安い新しいエリアに拡大していく様子が見てとれ、まさにトレンドセッターとして機能している様子がうかがえます。

そして、トレンドが作られた後にやってくるのがコンドや商業施設などの大規模開発です。
こちらは、チェルシーのハドソンリバー、Chelsea Piersの近くの絶好のロケーションに2010年に完成したコンド(100 11th ave.)です。こちらの一階には、Michael Rosenfeld Galleryというギャラリーが入っています。

chelsea art (6)

お天気のいい日は、空とビルのガラスが一体に見えちゃうマジック。青い空と白い雲がガラスに映えるのも計算されたアートのセンス?
こちらは、メディア・インターネット会社 IAC の本社ビルです。たくさんのオンラインブランドを擁する会社なので本体自体はあまり知られていませんが、例えば About.com、Ask.com、Vimeo、Match.com など150以上のブランドを所有しています。

chelsea art (7)

こんな風にどんどん開発が進んで行き、そのうちチェルシーの雰囲気もすっかり変わってしまいそうですが、アーティストの集まるニューヨーク、いずれ新天地を見つけてアートギャラリーは続いていくでしょう。

さすがチェルシーエリア、パブリックの公園(14th Street Park)もなんだか素敵なデザイン空間に見えました。お日様がサンサンと照る日には、早速ビーチにいるように、上半身裸で日光浴をしている人も登場しています。

chelsea art (5)

チェルシーマーケットはいつも人々で人気のにぎわう場所なので、用事がなくてもついついふらふらと立ち寄ってしまいます。

chelsea art (4)

こちらの人気記事も合わせてお楽しみ下さい♪

チェルシーマーケット NY 新おいしいグルメスポットとおみやげ屋さん

ハイライン ニューヨーク 今一番のホットスポット!行き方と見どころ

チェルシーギャラリー街 おすすめ有名ギャラリー&回り方マップ was last modified: 6月 6th, 2017 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です