MET Christmas Tree (3)

ニューヨーク メトロポリタン美術館 天使が舞うクリスマスツリー 今年は西洋彫刻のスカルプチャーコートに登場!

MET Christmas Tree (1)

ニューヨーク、メトロポリタン美術館では、毎年、ホリデーシーズンになると、ナポリの伝統工芸の飾りが美しい、キリスト生誕のシーンを描いた、Neapolitan Baroque Crèche 飾りのクリスマスツリーが登場します。美しい天使が舞うクリスマスツリーで毎年人気になっており、例年は、1階の教会の雰囲気が漂う中世ヨーロッパ美術のギャラリーに飾られるのですが、今年はいつもとは違う場所に移動していて、広々とした明るいギャラリーである、スカルプチャーコート (Sculpture Court) に登場しています。クリスマスツリーに飾られるナポリの伝統工芸のフィギュアが制作されたのは、18世紀です。この彫刻庭園は、18世紀の彫刻の巨匠、アントニオ・カノーヴァ (Antonio Canova) の作品をはじめ、18から19世紀にかけての西洋彫刻の作品が並んでいるのですが、そこにこのクリスマスツリーも調和させて飾られているのです。

MET Christmas Tree (7)

メトロポリタン美術館の1階にある、スカルプチャーコート (Carroll and Milton Petrie European Sculpture Court) は、吹き抜けで開放感がある、天井や窓から陽が射し込む、広々とした明るい空間のギャラリーです。18から19世紀にかけてのヨーロッパの彫刻作品が飾られている中、今年はそこに、クリスマスツリーも登場しました。

MET Christmas Tree (2)

スカルプチャーコートへの行き方は、1階正面入口の Great Hall から入った後、まっすぐ奥に向かい、中世ヨーロッパのギャラリーから左手に進んでいくとすぐあります。下の地図の赤枠のところが、クリスマスツリーが飾られているギャラリー(Gallery 548)です。

MET Christmas Tree Map

こちらが、キリストの生誕時の様子を表現した Neapolitan Baroque Crèche で飾られたクリスマスツリーです。Neapolitan Baroque Crèche は、ナポリの伝統工芸で、こちらのセットは、18世紀に制作され、天使たちをはじめたくさんの登場人物がいます。例年は、クリスマスツリーの周りをぐるりと一周して全体を見ることができますが、今年は、壁の前に囲われて立っているため、正面と片側だけからのみ見学ができるようになっています。

MET Christmas Tree (4)

中央には、聖母子や聖ヨセフがいます。地上には、人々たくさんいて、クリスマスツリーには、たくさんの天使が舞い上がっています。

MET Christmas Tree (5)

イエスの誕生時にやって来た、東方の三賢人などキリスト生誕時の様子が詳細に再現されていて、そんな世界に思わず引き込まれてしまいます。

MET Christmas Tree (6)

クリスマスツリーの近くには、天使たちの舞う雰囲気に合った、白く美しい躍動感のあるバロック風の彫刻が展示されています。

MET Christmas Tree (3)

スカルプチャーコートで、最も有名な作品が、中央にある、18世紀後半から19世紀初頭にかけて活躍した著名イタリア人彫刻家、アントニオ・カノーヴァ (Antonio Canova) の『メドゥーサの頭を持つペルセウス』 (Perseus with the Head of Medusa) です。

MET Christmas Tree (7)

オリジナルの作品は、バチカンミュージアムのピオクレメンティーノ美術館内、Octagonal Court に飾られている1800年頃の作品で、メトロポリタン美術館の作品は、その後、1804–6年頃に制作されたレプリカです。

Perseus with the Head of Medusa

ローマにあるバチカン市国は、サンピエトロ大聖堂やバチカン美術館があり、西洋美術好きにおすすめです。

ローマ教皇のお膝元 バチカンの見どころ ローマ観光必見人気スポット世界遺産バチカン市国徹底紹介

メディーサと言えば、現在、ニューヨークには、ペルセウスの頭を持つメディーサ像が登場しています。

ニューヨークにメドゥーサ像登場!ダウンタウンの公園 Collect Pond Park に賛否両論の新パブリックアート

スカルプチャーコートには、バロック、ネオクラシカル様式の彫刻の他、19世紀後半から20世紀初頭にかけて活躍した近代彫刻の父とも呼ばれるロダン (Auguste Rodin) の『カレーの市民』、マイヨール (Aristide Maillol) の作品も飾られています。

MET Rodin

今年で150周年を迎えたメトロポリタン美術館は、約半年間の閉鎖を経て再開しました。再開後のメトロポリタン美術館 は、いくつかの場所で展示内容が変更されていて、例年、クリスマスツリーが飾られる中世ヨーロッパのギャラリーには、ヨーロッパだけでなく世界各地の歴史的な彫刻が飾られています。

MET Medieval Art

例年のメトロポリタン美術館のクリスマスツリーは、こんな感じで飾られています。

メトロポリタン美術館 クリスマスツリー ニューヨークホリデーの定番!伝統あるナポリの人形が舞う美しいツリー

今年で創立150周年を迎えた、メトロポリタン美術館では、150周年をテーマにした特別展が開催されています。

メトロポリタン美術館創立150周年記念特別展 Making the Met, 1870-2020 開催中!

チケットが完売するほど大人気のファッション展も現在開催中です。

メトロポリタン美術館ファッション展2020 MET150周年 ファッションと時の関係性 人気の週末は早々にチケット完売!

メトロポリタン美術館の全体像は、こちらで紹介しています。

メトロポリタン美術館 ミュージアム見どころ完全攻略法

ニューヨーク メトロポリタン美術館 天使が舞うクリスマスツリー 今年は西洋彫刻のスカルプチャーコートに登場! was last modified: 12月 11th, 2020 by mikissh