Corning Museum of Glass (31)

世界最大級アップステートニューヨークの素晴らしいガラスミュージアム コーニングガラス美術館 Corning Museum of Glass

Corning Museum of Glass (31)

ニューヨークと言うと、ニューヨークシティ (NYC) を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はニューヨーク州はとても広く、マンハッタンやブルックリンなどがあるニューヨークシティは、ニューヨーク州の南端のほんの小さな一部分のエリアです。そんな広いニューヨーク州をよく見渡してみると、素晴らしい自然やおすすめの見どころスポットなどが実はたくさんあります。先週アップステートニューヨークとカナダのオンタリオ州を車で巡ってきました。まず初めに訪れたのがアップステートニューヨークのコーニング (Corning) という町にある、コーニングガラス美術館 (Corning Museum of Glass) です。とても巨大で見応えのある美術館で世界一のガラスミュージアムと言ってもいいくらいの素晴らしい施設のミュージアムでした。建物も美しく、キラキラと輝くガラスの作品の数々が並ぶその空間は本当に素敵で、作品鑑賞をすると共に、実際のガラスづくりを見学したり、体験したりすることもできます。

コーニングガラス美術館とは

Corning Museum of Glass (1)

コーニングガラス美術館は、1851年に創業したとても歴史のあるガラス・セラミックス製造会社、Corning Inc. により、1951年に設立されたミュージアムです。2015年には、著名な建築家 トーマス·ファイファー (Thomas Phifer) のデザインによる新しいコンテンポラリーガラスアートセクションも加わり、さらに大きなスペースを誇る美しいガラスミュージアムとなっていて、世界のガラスの歴史やガラスについて楽しく学んだり、体験したりできるようになっています。コーニングガラス美術館は、特に、コンテンポラリーガラスアートの展示が素晴らしく、ガラスアートと言うと自分のミュージアムまである、デイル・チフリー(Dale Chihuly) が最も知名度が高いですが、まだまだ他にも素晴らしいガラスアーティストがたくさんいるということが再認識できます。
アーティストがミュージアムに一定期間滞在 (Residencies) し、新しいガラステクニックを学べる環境を提供したりするなどのアーティストをサポートする活動も行っています。

NYCからコーニングガラス美術館への行き方

ニューヨーク州コーニングは、アップステートニューヨークのフィンガーレイク地方にある町で、ニューヨークシティから車で4時間くらいの距離です。朝早くニューヨークシティを出発したら、お昼ごろには到着することができます。数多くのワイナリーや、コーネル大学などのある、フィンガーレイク地方という指のような形をした美しい湖水群エリアへの旅行や、ナイアガラの滝へ向かう途中にも立ち寄ることができます。

NYC-Corning

美しいコンテンポラリーガラスアート作品のギャラリー

Corning Museum of Glass (33)

コーニングガラス美術館へ入場後、まず最初に訪れるギャラリーがこちらの新しいコンテンポラリーガラスアートのセクション (Contemporary Art + Design Wing) です。明るい日の入り込む真っ白でモダンな館内はとても明るい美しい空間で、入った瞬間感動します。

Corning Museum of Glass (30)

なんだか甘い香りがほんのりと香ってくるような美味しそうなガラスのフルーツの作品。Flora Mace と Joey Kirkpatrick による作品です。最初はフルーツの実物大のサイズの作品を作っていたようなのですが、それだとあまり注目されないため、作品がどんどん大きくなっていって、こんな大きなフルーツの作品になったようです。狙い通り、存在感抜群の作品でした。

Corning Museum of Glass (32)

真っ白な空間に大きな存在感を放つガラスのネックレス。

Corning Museum of Glass (34)

色とりどりのガラスの食器や、家具など、おしゃれなインテリアの作品が飾られていたり。

Corning Museum of Glass (35)

グラデーションのように色合い鮮やかなグラスがずらりと並び、遠くから眺めると木に見えるという美しいグラスの空間の作品もあります。

Corning Museum of Glass (31)

繊細で美しいこんな作品もあり、見入ってしまいました。ニューヨークの有名なアート展 アーモリーショー でも、他の素材で作られた同様のコンセプトの作品を見かけましたが、こちらはガラスによる作品で、その芸の細かさには感動させられます。

Corning Museum of Glass (40)

作品は、このギャラリー専用のサイトで詳しく解説されています。

おしゃれな作品いっぱいのモダンガラスの展示

以前からある建物部分にもコンテンポラリーガラスアートの作品が展示されています。こちらは、新しいギャラリーと比べると相対的にアンティークな作品が展示されている印象です。

Corning Museum of Glass (26)

おしゃれなガラスの器など、モダンなインテリアにぜひ飾ってみたいと思うような素敵なガラスがいっぱい揃ったギャラリーでとても楽しめました。

Corning Museum of Glass (11)

かわいいおしゃれなチェスやおもしろいデザインの作品が色々あります。

Corning Museum of Glass (19)

個性的な Dan Dailey の楽しい作品など。

Corning Museum of Glass (41)

美しいモダンデザインの食器もステキなものがいっぱい。

Corning Museum of Glass (24)

ガラスの素材がとても美しいネックレスなどもあります。

Corning Museum of Glass (25)

ガラスアートで有名なチフーリの作品も何点か展示されており、珍しいこんな作品もありました。最近のチフーリの作品をよく知っている人からみると、らしくないように見えますが、こんな様々な作品を作っていた時代もあったようです。

Corning Museum of Glass (20)

そしてこちらは優しい曲線のガラスアートでいかにもチフーリらしい作品。

Corning Museum of Glass (21)

ミュージアムの入り口にもお馴染みのチフーリの印象的な作品が飾られています。

Corning Museum of Glass (37)

シアトルのチフーリ・ガーデン&グラス・ミュージアムでも迫力のあるチフーリの作品群を見ることができます。

チフーリ ガーデン ガラス Chihuly Garden & Glass 美しすぎる華麗なミュージアム

ガラス細工の歴史

Corning Museum of Glass (28)

世界のガラス工芸の歴史を学べるセクションもあり、古代エジプト、ローマなど様々なガラスの出土品が展示されています。

Corning Museum of Glass (38)

ベネチア、ボヘミアなど有名なガラス製品の産地、ヨーロッパ、中東、アジア、アメリカと世界のそれぞれの地域のガラス工芸のコレクションも展示されています。

Corning Museum of Glass (39)

エジソンの最初の白熱電球のガラス部分はコーニング社により作られたそうで、こちらはそのレプリカだそうです。

Corning Museum of Glass (27)

個性豊かなシャンデリアの数々。

Corning Museum of Glass (13)

一目でフランク・ロイド・ライト (Frank Lloyd Wright) と分かるガラス窓。隣には、ライトのメンターでもあり近代高層ビル建築の父と呼ばれることのあるルイス・サリバン (Louis Sulivan) のステンドグラス窓も見られます。

Corning Museum of Glass (12)

美しいモダンステンドガラスの作品群。キュビズムで有名なブラク (Georges Braque) やジャン・コクトー (Jean Cocteau) など著名なアーティストによる作品も含まれています。

Corning Museum of Glass (29)

幻想的で美しい作品。

Corning Museum of Glass (9)

ティファニーグラスモザイク特別展

2018年1月7日までティファニーグラスのモザイクに焦点を当てた特別展が開催されています。作品のもととなるパーツはこんな綺麗なガラスの板です。

Corning Museum of Glass (22)

ティファニーランプや壁絵の数々がどれも素晴らしく、素敵な特別なティファニーワールドが広がるギャラリーとなっています。

Corning Museum of Glass (23)

感動のガラスづくり実演ショー

コーニングガラス美術館では、ガラスづくりの実演ショーを見ることができます。美術館内の色々な場所で、それぞれ違うテーマで、一日に何回か開催されているので立ち寄ってみるのがおすすめです。

Corning Museum of Glass (2)

ガラスの形を整えているところです。窯の中へ入れては、形を整え、何度も何度もその工程を繰り返すことによって作品が出来上がっていく様子が目の前で見ることができます。

Corning Museum of Glass (3)

膨らまして

Corning Museum of Glass (6)

焼き窯へ入れるのを繰り返します。

Corning Museum of Glass (7)

このミュージアムすごい!と思ったのは、この焼き窯の中の様子まで中継することができるカメラが内部に設置されていることです。コーニング美術館の考案した温度に強いガラスを利用しているそうで、そんな最高の設備が整った中でのガラスづくりのショーは臨場感溢れる素晴らしいショーです。

Corning Museum of Glass (4)

ガラスづくりのデモンストレーションショーは、ミュージアム内に何か所もあります。特に、Innovation Center と呼ばれるセクションでは、様々なガラスに関するイノベーションについて学べるようになっており、小さなアクセサリーサイズのガラスづくりを見ることができたり、また逆にガラスを壊すデモンストレーションショーというものもあり、ガラスの強度ってこんなにも変わるんだ、ということを目の前で見せてくれたりと、どのショーもとても丁寧にわかりやすく、未知のガラスの世界を教えてくれます。

Corning Museum of Glass (14)

ガラスづくり体験

ガラスづくりをデモンストレーションで見るだけでなく、実は実際に自分でそのガラスづくりを体験することができます。有料になりますが、自分の作品を作って持って帰ることができるので、ファミリーたちに大人気でした。ほとんどの作品が、当日中に持って帰ることができず、翌日受け取りか、郵送受け取りとなるので、もしこのガラスづくりを楽しみに行く場合は一泊するつもりで行くのがおすすめです。

Corning Museum of Glass (18)

素晴らしい品添えのギフトショップ

Corning Museum of Glass (15)

美しいガラス食器から、かわいらしいガラスの置物まで、巨大なミュージアムショップとなっていて楽しめます。

Corning Museum of Glass (8)

これはまるでお花屋さんのようです。もちろんすべてガラス製のお花です。

Corning Museum of Glass (10)

予想以上にとても広いミュージアムで、カフェもあり、半日以上楽しめます。じっくりと見て、ガラス作り体験もやっていると丸一日遊ぶこともできる場所となっていて、子供から大人まで楽しめる大人気のミュージアムです。

Corning Museum of Glass (17)

コーニングガラス美術館 Corning Museum of Glass
1 Museum Way, Corning, NY 14830 MAP
入場料:大人 $19.50 17歳以下 無料 ローカル $9.75
開館時間:
May 26 – September 4, 2017 毎日 9:00-20:00
September 5, 2017 – May 24, 2018 毎日 9:00-17:00
休館日:1/1、Thanksgiving Day、12/24、12/25

近くには、Rockwell Museum もあり、時間があればこちらも訪れてみてもいいと思います。

フィンガーレイク地方には岩と水の景色が美しい州立公園やコーネル大学、ワイナリーなど見どころも多く、NYC から泊まりがけで訪れるのにおすすめです。

ニューヨーク近郊旅行 フィンガーレイクス・イサカ アイビーリーグのコーネル大学と美しい州立公園

ニューヨーク一のワイン造りのメッカ フィンガーレイクスでワイナリー巡り

世界最大級アップステートニューヨークの素晴らしいガラスミュージアム コーニングガラス美術館 Corning Museum of Glass was last modified: 8月 18th, 2017 by mikissh