Okayama Japan

日本から帰って来ました!ニューヨーク アメリカと日本 新型コロナウイルス対策で準備しておきたいこと

Okayama Japan

日本での3週間程の滞在を終え、先週、ニューヨークへ帰って来ました。日本滞在中は、全国各地を旅したり、美味しいグルメを堪能したりと大満喫して来ましたが、やはり心配だったのが、中国の武漢発の新型コロナウイルス (COVID-19) です。滞在中、ちょうど横浜港で乗客乗員が船内隔離され、大量の感染者が出たダイヤモンドプリンセス号が大きく騒がれていましたが、日本は、世界中で注目を集めている、新型コロナウイルスの流行地の一つとなっており、日本への旅行をどうするか迷っている人も多いと思います。また、日本からニューヨーク、またはアメリカ各地への旅行を予定している人も、今ニューヨーク、アメリカでは、コロナウイルスに対してどういう状況なんだろう?と心配している人も多いと思いますので、それぞれの現状を踏まえて対策などを紹介します。

新型コロナウイルスの流行

2020年の世界の最大の関心事となっているのが、中国で猛威を奮い、多数の感染者、死者を出し、世界中に伝播しつつある、新型コロナウイルス (COVID-19) です。ちょうど中国のチャイニーズニューイヤーのお祝の時期と重なり、中国人が海外旅行などで大移動する時期だったため、世界中への影響が心配されました。中国政府が、1月27日以降の団体旅行を禁止したため、少しは伝播のペースが遅くなったとは思いますが、その影響は、じりじりと世界中にあらわれ、現在、中国以外でも、韓国、イタリア、日本、イランなどで流行の兆しが見られます。最新の世界の新型コロナウィルス感染状況は、こちら でチェックできます。そんな状況下、今日、2月24日のアメリカの株式市場は、DOW、S&P、NASDAQ 共に3.5%程の急落となっています。
今回の新型コロナウイルスの恐ろしい点は、感染力が高いことですが、致死率はそれ程高くなく、症状が軽い人も多いようで、インフルエンザに近い印象を受けます。

日本が渡航注意先に

アメリカ国務省は、2月22日に、日本への旅行に関し、Travel Advisories で、注意レベル2 (Level 2: Exercise Increased Caution) を出しています。アメリカ疾病管理予防センター(CDC) も、日本にレベル2 (Level 2, Practice Enhanced Precautions) の 注意 を出しています。
また、イスラエルでは、直近、14日間に、これまでの中国に加え、日本と韓国を訪れたことがある外国人も入国できない措置が取られています。香港では、明日から韓国からやってくる非居住者を入国させないという措置が取られる模様です。

日本への旅行はどうする?

Mount Fuji Japan

アメリカから日本へ旅行する場合は、日本の今後の状況の推移によりますが、14日間程アメリカに入国できなくなる可能性もあるので、アメリカにいることが必須の予定がある場合、その直前の日本旅行は避けた方がいいかもしれません。ただし、多少の間、アメリカに帰国できなくなっても構わない割切りがあり、健康で、心理的に必要以上の不安を感じずに楽しめるという人は、既に旅行予定が決まっているのであれば、無理に延期やキャンセルをする必要はないと個人的には思っています。
日本に向かったのは、まだコロナウイルス騒動の初期の頃でしたが、かなり多くの人がマスク着用を徹底していて、大変驚きました。郷に入っては郷に従え、ということで、日本では、マスクを着用していましたが、保温保湿効果もあり、寒い冬でも風邪もひかず、元気に過ごすことができたので、色々な意味で予防になって悪くなかったです。

未知の側面も多い、新型コロナウイルスの登場で、日本では、多くの人がマスクを着用したり、外出を控えたリと予防に努めている人が多いので、逆に、公共の場で、風邪気味の人が少なくなっているのでは、という感じを受けました。今冬、日本では、インフルエンザにかかる人も少なくなっているかもしれません。

コロナウイルスの影響で、京都をはじめとした、日本の観光地がビックリするほど空いています。普段は、混んでいることが多い、日本全国の人気観光地のある都市のホテルも安くなり、観光もかなり空いていて、驚くほど旅行しやすくなっています。

ニューヨークでのコロナウイルスの状況

ニューヨークではまだコロナウイルスの感染者が実は一人も出ていません。検査を受けていた人はいましたが、陽性ではありませんでした。
そんなこともあり、日本のように大騒ぎになったり、マスクでみんなが予防をしているような光景は、ニューヨークでは見られません。
ニューヨークでマスクをした方がいいの?と、心配する旅行者もいると思いますが、ニューヨークでは誰もマスクをしていません。
マスクで予防するという考えがあまりなく、むしろ、マスクは人にうつさないためにするものなので、病気を持っている人という感じで見られてしまい、日本にいるときの調子でマスクをしていると怖がられてしまうこともあります。私は機内まではマスクをしていましたが、飛行機を降りてからは外しました。

とはいえ、マスクがないと落ち着かない人もやはりいると思います。ごくごく少数派ですが、なんとなく口を覆って予防したくなる人ももちろんいて、そういう人たちは、スカーフなどでなんとなく覆ったりして、おしゃれにさりげなく口もとを隠したりしています。

ちなみに、中国発のコロナウイルスの影響で、同じアジア人である日本人が差別されたりすることはあるのか?という心配は無用です。ニューヨークをはじめアメリカの大都市は、アジア系の住人も多く、通常、そんな空気は全くありませんので、安心してニューヨークへ旅行に来てください。

新型コロナウィルスが流行し始めてからのニューヨークの様子はこちらです。

新型コロナウイルス到来後のニューヨークの週末の様子

ニューヨークの最新コロナウィルス情報 Q&A も参考にどうぞ。

ニューヨーク 新型コロナウィルスの現地情報 Q&A

日本からアメリカへ旅行に来る場合の注意点

アメリカは、比較的早い段階に、直近14日間に中国に滞在した外国人は、アメリカへ入国できない措置が取られたこともあり、アメリカ全土としては感染者は出ていますが、それ程多くはありません。ニューヨーク周辺では、現在、まだ感染者は出ていません。
アメリカ国内においては、コロナウイルスはそんなに騒動にはなっていないので、旅行に関して心配することはないと思います。ただし、健康上の理由など、何か不安がある場合は、延期やキャンセルができるのであればしてしまうのもいいと思います。今後の日本国内の流行具合によりますが、直前の日本滞在者に関するアメリカの入国ポリシーには変更の可能性があるので、引き続き注目する必要があります。

冬なので、風邪やインフルエンザは流行しており、新型コロナウイルス予防と共通して言えることは、手洗い&うがいなどウイルス性の風邪への予防を怠らないことだと思います。

新型コロナウイルス対策って何をすればいいの?

すごく基本的なことなのですが、マスクの着用よりなにより、一番大切なことはこんなことじゃないかと思います。

・ 石鹸で手洗い&うがいを徹底すること!
・ 外出時は、アルコール入りの携帯用ハンドジェルや、ウェットティッシュを持ち歩くこと!
・ ウイルスの感染経路になるのは、目、鼻、口なので、外出中など、手で顔を触らないようにすること!
・ 長時間、不特定多数の人々と密閉空間で一緒にいる機会を減らすこと!
・ 免疫力を保つこと! 十分な睡眠と栄養補給!

日本ではマスクが本当にどこへ行っても売れ切れでビックリしました。箱入りマスクは、全国的に、ほぼ手に入らない状態でしたが、少量入りのマスクであればお店によっては入荷しているようです。これから花粉症でマスクが必要な人も多い中、まだマスク入手が困難で、オンラインショップだと箱入りマスクが一万円以上になっていたりとかビックリな状況なのですが、丁寧に洗って使ったりとかみんな色々工夫をしているようでした。
ニューヨークではマスクは売ってるの?と思い、実は探してみたのですが、旅行者が買って行ったのか、ニューヨークのマンハッタン周辺は売切れでした。でも、郊外の方へ行けばあるようでした。

日本全国旅行中に気付いたことなのですが、お手洗いになぜかソープがないところが結構ありびっくりしました。手を拭くペーパータオルや、手を乾かす機械がないのは仕方がないとして、みんな携帯用石鹸を持ち歩いているの??って不思議でした。しかも、ハイテクウォシュレットトイレが導入されているのに、手を洗う場所にソープがないっていう不思議も。都内のビルとかになると、ソープ+アルコールスプレーまでおいてあったりしましたが、こんな時期だからこそ、衛生面は徹底した方がいいんじゃないかと思ってしまいました。ちなみにアメリカはどうかというと、ウォシュレットトイレはないけれど、お手洗いには必ずソープとペーパータオルがあります。

日本旅行に関してはまた後日紹介していきます。元気に乗り切っていきましょう!

ニューヨーク観光グルメおすすめ人気スポット33選 NY最新見どころ徹底紹介!

日本から帰って来ました!ニューヨーク アメリカと日本 新型コロナウイルス対策で準備しておきたいこと was last modified: 3月 11th, 2020 by mikissh