Cultural Services of the French Embassy (8)

NY5番街のヨーロッパ風豪邸とインスタ映えフランス本屋さん Cultural Services of the French Embassy

Cultural Services of the French Embassy (1)

フランスへ行って戻ってきたばかりですが、ニューヨークへ帰ってきて早々に訪れたのが、フランス大使館のカルチャーサービスセンターである、Cultural Services of the French Embassy です。先週末は、ニューヨークでは、年に一度の、ニューヨーク中の様々な建物が開放され、見学することができるオープンハウスニューヨーク (Open House New York) が開催され、事前予約していたこちらのサイトを訪れてみました。パリで見たようなゴージャスで美しいフランスの世界がニューヨークのアッパーイーストサイドでも少し垣間見ることができ、面白い体験となりました。

Cultural Services of the French Embassy (10)

フランス大使館の文化施設は、1952年からフランス政府の所有となっている、アッパーイーストサイドのセントラルパーク沿いの5番街にある、20世紀初期に建てられた歴史あるマンション(豪邸)で、もともとのオーナーの名前を冠し、Payne Whitney House とも呼ばれています。建物の中に入ると、エンジェルの像が中央に立つ上品なロビーとなっています。フランス大使館管轄の建物ということで、入館時には、しっかりとしたセキュリティーチェックがあります。
ロタンダの真中に位置するのが、ミケランジェロの作品、Young Archer のレプリカです。何と2009年までは本物があったそうですが、こちらの記事にあるように、ミケランジェロのもの?だとされ、現在は、メトロポリタン美術館に展示されています。

Cultural Services of the French Embassy (11)

立派な美しい大理石の柱があるロタンダの天井には淡い優しい色合いの可愛らしい天使の絵が描かれていて、まるで美術館のよう。ワシントンスクエアパークの凱旋門なども設計した当時の著名な建築家、Stanford White によりデザインされたルネサンスリバイバル様式の建物です。

Cultural Services of the French Embassy (12)

フォトジェニックなパリ旅行 の記事でも紹介しましたが、フランスの昔の豪華な建築の華やかさは想像以上のレベルで、ゴールドが贅沢にあしらわれたきらめくお部屋やお屋敷を色々見てきました。そんなきらびやかさを再現したような美しい豪華なお部屋が、ニューヨークのアッパーイーストサイドの建物にも存在したことに驚きました。Venetian Room という名前のお部屋です。

Cultural Services of the French Embassy (14)

そんな豪華なお部屋を見た後、1階のロビーの奥へと進んで行くと、そこには、本屋さんがあります。ニューヨークにフランス語の本やフランスの文化を伝える本屋さんがなかったことから、フランス大使館の管轄のこの建物に作られたそうで、その本屋さん、Albertine Books は今も本屋さんとして営業しています。オープンハウスニューヨークのイベントに訪れた人も多かったですが、それ以外にも普通にこちらの本屋さんを目当てに訪れている人もいて、普段でも、誰でも訪れることができます。

Cultural Services of the French Embassy (9)

実はこの本屋さん、フランスらしいエッセンスを取り入れた、とてもセンスのいいデザインの本屋さんとなっており、特に2階のフロアは、“インスタ映えスポット” と呼ばれるくらい、素敵なインテリアになっています。

Cultural Services of the French Embassy (6)

一歩中に入ると、みんなで思わずわぁと天井を見上げてしまいました。

Cultural Services of the French Embassy (8)

2階フロアのここから先は、オープンハウスイベントでの特別入れるエリアとなります。日の光が差し込む明るいイベントルームがあります。

Cultural Services of the French Embassy (7)

色の美しい大理石がふんだんに使われているとても美しい建築の建物です。赤い絨毯の敷かれた階段を上に登っていき、特別なお部屋を見せてもらいます。

Cultural Services of the French Embassy (3)

特別なお部屋に飾られていた赤いドレスとシューズ。なんとこちら、マリリンモンローがかつて身に着けていたものだそうです。3階フロアの他のお部屋では、建物の昔の名残が残されている部分もあり、歴史が感じられます。

Cultural Services of the French Embassy (5)

一年に一度しかチャンスはありませんが、オープンハウスニューヨークは、建築やデザイン好き、ニューヨーク好きの人には本当に面白いイベントです。このフランス大使館のカルチャーサービスセンターである、Cultural Services of the French Embassy は、今年は予約制で、予約開始とともにあっという間に埋まってしまう人気の場所となっていました。

Cultural Services of the French Embassy (13)

フランスの本や文化に興味がある人は、本屋さんを覗いてみるのもおすすめです。

Cultural Services of the French Embassy
972 5th Ave, New York, NY 10075 地図

昨年、訪れたニューヨークのフランス領事館も素敵でした。

NYフランス領事館訪問 アッパーイーストサイド5番街の美しいタウンハウス Consulate General of France in New York

秋のニューヨークは楽しいイベントがいっぱいです。

ニューヨーク秋のイベント大特集!おすすめイベント20選 2018

NY5番街のヨーロッパ風豪邸とインスタ映えフランス本屋さん Cultural Services of the French Embassy was last modified: 10月 19th, 2018 by mikissh