Dog Statues (3)

ニューヨークにファンキーなワンちゃん像登場!タイムズスクエア近くガーメントディストリクトの新パブリックアート

Dog Statues (1)

ニューヨークのタイムズスクエア周辺、ガーメントディストリクトに、ファンキーカラーの犬たちが登場しています。ワンちゃんたちは、イングリッシュブルドッグ、ビズラ、チワワ、パグなど世界各地の色々な犬たち6匹が大集合していて、それぞれ味のある表情で描かれた面白い質感の犬のパブリックアート像です。犬の像に近寄ってみると、どこかで見たことがあるような感じがします。実はこれ、ビニール袋が再利用されていて、黒いダクトテープで、あたかも模様のような感じで、上手くつなぎ合わせられている、楽しいリサイクルアートなのです。

Dog Statues (8)

ニューヨークのミッドタウン、タイムズスクエアの近くにある、ガーメントディストリクトでは、いつも期間限定で様々なテーマのパブリックアートの展示が行われています。場所は、ガーメントディストリクトのブロードウェイ沿いの 38ストリートから 40ストリートまでのところで、先日、9月18日に新たに登場したのが、ニューヨークで活動する彫刻家、Will Kurtz さんによる、ドギーバッグ (Doggy Bags) という題名の6匹の犬の像のアートです。

Dog Statues (6)

どうしてドギーバッグ (Doggy Bags) という名前なんだろう?と最初不思議に思ったのですが、ドギーバッグ (Doggy Bag) というと、レストランとかでお持ち帰りする時に使う袋のことです。この犬の像のアートのデザインは、リサイクルした無数のビニール袋が繋ぎ合わされて出来あがっているのです。

こちらは、ハリエット (Harriet) という名前のイングリッシュブルドッグ (English Bulldog) です。”I ♡ New York” のニューヨークの名物ショッピングバッグのリサイクルでできた作品です。

Dog Statues (1)

ビズラ (Vizsla) の Daphne。ビズラ (Vizsla) は、ハンガリー原産のキリリと引き締まった体型の犬種で、性格は大人しいそうです。狩りのお供になるレトリバーです。

Dog Statues (2)

様々な図柄のビニール袋でもセンスよく配置すると、あら不思議、遠目に見ると統一感のある模様に見えて来ます。よく見てみると、お馴染みのニコちゃんマークのビニール袋などが使用されています。

Dog Statues (3)

花柄模様が可愛いパグ (Pug) の Maisy。パグは、中国生まれの品種です。

Dog Statues (4)

メキシコ産まれのチワワ (Chihuahua) の Spicy。ターゲットやマクドナルドなど見慣れたロゴをに身にまとっています。

Dog Statues (5)

ステンドグラスのような色合いのブルマスティフ (Bull Mastiff) の Gomer。イングリッシュブルドッグとイングリッシュマスティフの合わさった品種で、イングランド産まれの勇敢な性格の犬です。

Dog Statues (7)

バセットハウンド (Bassett Hound) の Stanley。フランス産まれで、長い耳と胴長短足が特徴です。どこかで見たことがあるという人も多いと思いますが、バセットハウンドは、アメリカのシューズブランド、ハッシュ・パピーのロゴになっています。

Dog Statues (10)

こちらは、サイケデリックな独特の色合いの作品で街中で目を引きます。

Dog Statues (9)

ワンちゃんたちのカラーは、タイムズスクエアのネオンによくマッチしていて、幻想的な楽しい光景が広がっています。ビニール袋の禁止、リサイクルを啓蒙する、ワンちゃんのパブリックアート、Doggy Bags は、11月20日までの展示となっています。

Dog Statues (11)

ニューヨークでは、今年3月から、ビニール袋を禁止とする Bag Waste Reduction Law がスタートし、ビニール袋の使用が、劇的に減ってきています。スーパーなどでも紙袋が使用されるようになったり、レジ袋が有料化されたりするケースが増えて来ていて、エコバッグを持ち歩く人も増えています。

ガーメントディストリクトには、今年の年初は、光るシーソーが登場していました。

ニューヨークに光り輝く巨大なシーソー登場!ガーメントディストリクトのウィンターガーデン Impulse

以前、フレンチブルドッグやブルドッグがトップに並ぶ、ニューヨークの人気犬ランキング を紹介したことがありますが、流行は移り変わり、最近では、味のあるブルドッグ系の人気は、少し停滞気味で、ハバニーズ、マルチーズなど可愛い系が人気となっています。
今年は、自宅で過ごす時間が長くなりましたが、そんな生活を支えてくれたのは、ペットのワンちゃんだったという人も多いかもしれません。
ニューヨークには、ワンちゃん好きにおすすめのミュージアムもあります。

ニューヨークの犬ミュージアムが可愛い! AKC Museum of the Dog

和める動物のパブリックアートといえば、現在、ハドソンヤードには、ゴリラの King Nyani も登場していて人気になっています。

ハドソンヤードに優しいキングコング Nyani 登場!ベッセルと最新展望台エッジNYC いよいよ9月2日から再開

ニューヨークにファンキーなワンちゃん像登場!タイムズスクエア近くガーメントディストリクトの新パブリックアート was last modified: 9月 23rd, 2020 by mikissh