イースターウィークのニューヨーク おすすめスポット イースター休暇の旅行者で賑わうミッドタウン

イースターウィークのニューヨークは、お天気にも恵まれ、夏のような暖かい日が続いています。まだ4月ですが今日は、気温がなんと28度(82°F)にまで達していました。今週は、イースター休暇の人も多く、ニューヨークには、たくさんの旅行者がやって来ていて、五番街やタイムズスクエア、そしてイースターと言えばお馴染みの場所、ニューヨークの有名なセントパトリック大聖堂がとても賑わっています。今年のニューヨークは例年以上に街中にお花がいっぱいで、美しい光景が色々な場所で広がっています。

ニューヨークでは、イースターを今週末の日曜日に控え、久しぶりのイースター休暇で遊びにやって来ている人をたくさん見かけます。イースター は、キリスト教の祝日で、イースターとその前後は、ヨーロッパの国々とは異なり、アメリカでは公式の祝日ではありませんが、イースター前の金曜日の明日は、グッドフライデー で、NYSEをはじめ株式市場はお休みとなり、欧米では、その前後に、休暇を取る人が多くなります。
久しぶりにニューヨークへやって来る旅行者たちを歓迎するように、街中は、美しい花々がいっぱいになっています。メイシーズなどがあるヘラルドスクエアには、少し早目ですが、可愛いチューリップも登場していました。

そんなイースターウィークの平日、ニューヨークの憩いの公園、ブライアントパークでは、すでに夏休みのような光景が広がっていました。

ブライアントパークの中央には、美しい芝生が登場しています。まだ中に入ることはできませんが、芝生の周りのテーブルは、すっかり満席状態です。

ブライアントパークにも、ラッパスイセン (Daffodils) や ブドウヒアシンス (Grape Hyacinth) など美しい花々が登場しています。

ニューヨークの人気レストランは、今どこも大盛況で予約必須な賑わいです。最近では、すっかりテイクアウトも充実していて、公園で食事している人も多く、困ることはないですが、人気店は、以前にも増して、大行列になっています。

ニューヨークの五番街は、一気に戻ってきた、オフィスワーカーや旅行者たちで今大混雑。以前のような感じに戻ってきています。

セントパトリック大聖堂 はとても美しい荘厳な教会で必見です。五番街の ニューヨーク近代美術館 MoMA や、ロックフェラーセンターの展望台 などの観光スポットを訪れる際に、一緒に立ち寄ってみるのもおすすめです。

ロックフェラーセンターと言えば、冬のアイススケートが有名ですが、今年は、明日4月15日から、ローラースケート場、Flipper’s Roller Boogie Palace がオープンし、ローラースケートの面白い光景が見られるようになると思います。

タイムズスクエアも今観光客がいっぱい!!

ミュージカルのディスカウントチケットが購入できる、TKTS もついに再オープンし、さっそくたくさんの人が買いにきています!

キングコングをはじめパワーアップした着ぐるみ隊やストリートパフォーマーたちもいっぱいやってきています。

Duffy Square には、新しいパブリックアートも登場しています。こちらは、THE POEM と題された、キューバ出身のアーティスト、Raúl Cordero の作品で、外観は、緑のオアシスです。

内側には、電球でメッセージが描かれています。ここで、詩人による詩の朗読会も予定されています。

タイムズスクエアの南側、ガーメントディストリクトのブロードウェイ沿いにも、14もの長細い人形が並べられた面白い新パブリックアートが登場しています。HERE という題名の Santi Flores さんの作品です。カウパレード と同様のコンセプトで、同じ形状の手を空に向けて伸ばした人形に、様々な模様が描かれています。ガーメントディストリクトには、冬は、光のトンネルアート が登場していました。

イースターの日には、クリエイティブで華やかな帽子がいっぱいの楽しいイースターパレードが、セントパトリック大聖堂周辺の5番街で開催されます。

ニューヨーク イースターパレード 楽しい華やかな春のイベントに今年もニューヨーカーが大集合!

ニューヨークのまだまだある、おすすめの見どころはこちらです。

ニューヨーク観光 おすすめ人気スポット33選 2024年 NY最新見どころ徹底紹介!

イースターウィークのニューヨーク おすすめスポット イースター休暇の旅行者で賑わうミッドタウン was last modified: 4月 14th, 2022 by mikissh