Paris (2)

パリで激化する黄色いベストのデモ Gilets jaunes 明日、エッフェル塔をはじめ多くのミュージアムが閉鎖となります

Paris (2)

フランスと言えば、交通機関が動かなくなるストライキが有名ですが、現在パリを騒がせているのは、黄色いベスト (Gilets Jaunes) をまとった群衆による暴動とも表現される過激反政府デモで、凱旋門やシャンゼリゼ通りがその中心となっています。11月中旬からはじまり、先週末に続き、今週末も予期されている過激デモに備え、エッフェル塔やルーヴル美術館、オルセー美術館などパリの数多くのミュージアムは、明日、閉鎖となることが発表しています。過激デモということで、特に、土地勘のない旅行者は、注意する必要があります。

発端となったのは、燃料費の高騰する昨今、マカロン大統領による地球温暖化防止のための石油やディーゼルに対する増税です。労働者層の生活が改善されない一方、富裕層への減税、社会保障の支出削減など構造改革を進めるマカロン大統領、政府への不満が背景にあるようです。デモの激化を受けて、来年から予定されていた増税を中止することが発表されましたが、デモを鎮めるには至っておらず、今週末もパリで大規模なデモが予期されています。
先週末は、こんな様子だったようです。

そんな状況下、明日、12月8日(土)は、エッフェル塔や主要美術館などパリの様々な見どころが閉鎖されることが発表されています。
以下、パリの人気観光スポットのツイートです。

エッフェル塔:

ルーヴル美術館:

オルセー美術館:

オランジュリー美術館:

ポンピドゥーセンター:

ロダン美術館:

ピカソ美術館:

パリで激化する黄色いベストのデモ Gilets jaunes 明日、エッフェル塔をはじめ多くのミュージアムが閉鎖となります was last modified: 12月 7th, 2018 by mikissh