Empire State Building

エンパイアステートビル 展望台 ニューヨークの絶景夜景と日替わりのライトアップ

Empire State Building

ニューヨークの街の象徴的存在である エンパイアステートビルディング (Empire State Building) は、世界で一番高いビルだった時代もあった有名なビルです。エンパイアステートビルの展望台からの夜景の美しさや、エンパイアステートビルのライトアップが美しい様子を、映画やドラマの中でみたことがある人も多いでしょう。『キングコング』がエンパイアステートビルに登るシーンや、『恋人たちの予感 (When Harry Met Sally)』や『ゴシップガール』などのロマンチックなシーンの撮影ロケ地としても有名です。

エンパイアステートビルの展望台は、ニューヨークへ観光で訪れる多くの人々が必ず見てみたい、訪れてみたい場所にあげられる、大人気の観光スポットとなっています。
そこで、今回はエンパイアステートビル展望台のチケットの購入方法とエンパイアステートビルディングの登り方・行き方、エンパイアステートビルディングのライトアップはいつ何色になるかはどうやってわかるの?など、エンパイアステートビルとは?のおもしろいトリビアを合わせて紹介します。
ニューヨークの展望台で、エンパイアステートビルと並ぶほど人気の展望台、ロックフェラーセンターの展望台「トップオブザロック」との比較もします。

エンパイアステートビル展望台チケット 入場料

Empire State

メイン展望台(86階)のみ
大人: $37 シニア (62+): $35 子供 (6-12歳): $31

メイン展望台(86階)+トップ展望台 (102階)
大人: $57 シニア (62+): $54 子供 (6-12歳): $51

メイン展望台(86階)1日2回 (朝昼+夜景 (9PM-))
大人: $53 子供 (6-12歳): $44

エンパイアステートビルのチケットの買い方は、当日窓口でも買えますが、事前に エンパイアステートビルのチケット購入ページ からチケットを購入していけば、チケット購入の列を回避できます。

おすすめ!
お得に定番の観光地へ行ける シティパス & 観光し放題の ニューヨークパス を賢く使おう!
ニューヨークの展望台や美術館など人気の観光地は入場料が高いので、観光パスを用意していくのがオススメです。



シティパスを利用すると日中と夜1日2回訪れることができる($52 相当)の入場が込みになります。昼の景色も夜の景色もどちらも見たい欲張りさんにはおすすめ!

列に並ばずに登れるエクスプレスチケット(基本料金+$30)もあります。
エンパイアステートビルに登るまでの待ち時間、混雑状況ですが、基本的には夕暮れ時が人気があり行列ができます。セキュリティチェックの行列で待つ時間を短くしたい人は、午前中(8-10AM)と夜(10PM-)がすいている時間帯です。空いている時間に訪れた方が展望フロアに到着した時も人混みを気にせずゆっくりと景色を楽しむことができます。

営業時間:毎日8:00AM-2:00AM (上に登る最終エレベーターは1:15AM)で、真夜中まで営業しています。ニューヨークの観光スポットで一番遅くまで営業しているスポットかもしれません。

エンパイアステートビルの行き方

エンパイアステートビルディングは、ニューヨークのミッドタウンのとても便利な場所にあります。
メイシーズのデパートなどが並ぶショッピング街からも近く、タイムズスクエアから歩いてきても20分くらいです。
地下鉄の最寄り駅は、34ストリート駅(オレンジの線 B/D/F/M, 黄色の線 N/Q/R/W)33ストリート(緑の線 6番)など選択肢が色々あり、交通の便は非常に便利です。

Empire State Building Map

エンパイアステートビルディング Empire State Building
350 5th Ave, New York, NY 10118 地図
営業時間:8AM-2AM

エンパイアステートビルの登り方は、
こちら のページの “Take the tour!” の動画を見てみるのがオススメです。
疑似体験ができちゃいます。

エンパイアステートビルのライトアップ

Empire State Building (10)
(CNN)

エンパイアステートビルのライトアップのカラーはイベントなどによって日替わりで変わります。アメリカの祝日の日だとアメリカの国旗のカラーに、イタリアのお祭りの日だとイタリアの国旗のカラーになるんです。なので、変わった色合いのライトアップを見かけると、あれ?今日は何の日だろう?って考えてしまったりします。

上の写真は、8月に行われたライトアップです。絶滅危惧種の動物保護を訴えるため、たくさんの動物たちの映像がエンパイアステートビルに映しだされ、多くのニューヨーカーたちの注目を集めました。こちらの映像でも見られますが、とてもかっこいいイルミネーションでした。

過去には、エンパイアステートビルが、日本の国旗色にライトアップされていた日もありました。
女子サッカーワールドカップの決勝戦でアメリカvs日本が行われたとき、優勝したのは、なでしこジャパンでした。日本の優勝を祝してその日エンパイアは白・赤・白の日本の国旗色のライトアップでした。

また、東日本大震災の後、追悼の意とともに、被災者たちを応援しようと、エンパイアステートビルが日本の国旗色のライトアップをしました。このとき、エンパイアステートビルだけでなく、カナダのCNタワー、マレーシアのKLタワー、韓国のソウルタワー、中国のマカオタワー、イギリスのスピンネーカータワー、シカゴのジョンハンコックセンター、シアトルのスペース・ニードルなど、世界の著名なタワーやビルで一斉に日本色のライトアップがされました。それはニューヨークのエンパイアステートビルがみんなに呼びかけ、行れたようなのです。

そんな世界でも有名なエンパイアステートビルのライトアップですが、イベントに合わせて色を変えるライトアップは、1976年に始まりました。現在のライトアップは格段と進化しています。2012年に、コンピューターで簡単にライトアップを操作できるLEDライトに変わりました。1600万色もの色彩が可能になり、ライトアップショーのレベルも格段に上がりました!

例えば、昨年のハロウィンの夜は、こんな楽しいライトアップショーが行われました♪

独立記念日のメイシーズ花火大会上空からのライトアップショーも綺麗です。ニューヨーク・ニューヨークの曲に合わせて♪

特別のイベントがない普通の日はライトの色はホワイトになります。

エンパイアのライトアップスケジュールは、こちらのカレンダーでわかります。

エンパイアステービルの観光

エンパイアステートビルは、外観を見ているだけでも美しいので満足してしまいそうになりますが、エンパイアステートビルをさらに楽しむために、展望台へも行ってみましょう。そこから見下ろすニューヨークの絶景も、本当にすばらしいですよ。

エンパイアステートビルディングのメイン展望台は、ビルの86階にあります。高さでいうと、320mです。屋外に出ることができ、ニューヨークの街並みを360度見渡すことができます。

そして、メイン展望台からさらに16階上へ行った102階には、トップ展望台があります。そこの高さが381mです。通常のチケットには102階は含まれていないので別途チケットが必要です。最初に買ってもいいですし、86階でも買うことができます。102階のトップ展望台は、窓ガラス越しの景色になりますが、メイン展望台よりさらに高いところからの景色になるので、さらに遠くを見渡すことができます。86階から102階へ上る時のエレベーターも名物です。

エンパイアステートビルから見える景色は。。。

北方は、ミッドタウンのビル群とセントラルパークです。特に綺麗なのは、クライスラービル!

南方には、フラットアイアンビル、ロウアーマンハッタンのビル群、ワンワールドトレードセンター、自由の女神 が見えます。

エンパイアステートビルとは

エンパイアステートビルディングが完成したのは1931年。当時、クライスラービルなどと世界一高いビルの建設を競いあっていたので、1929年から始めて、急ピッチで建築が進められました。エンパイアの建物の高さは381m、でも塔の上の方まで入れると、443m あります。世界一になるために、塔の上の長さを一生懸命延ばしたようで、クライスラービルの完成からわずか一年程で、そのクライスラービルを抜き、世界一高いビルの座を奪うことになりました。
その後、1971年に、今はなき昔のワールドトレードセンターができるまで、エンパイアステートビルが世界一の座についていました。実は、1945年に、事故でしたが、エンパイアステートビルにもアメリカ軍機が衝突したことがあったそうです。14人もの人が亡くなられたのですが、このときエレベーターガールをしていた女性はエレベーターごと75階 (300m) から墜落したのですが、奇跡的に助かったそうです。その方は、エレベーターの墜落事故で最も高いところからの墜落で生き残った人として、ギネスの世界記録に残っているそうです。
エンパイアステートビルは、1986年に国定歴史建造物に指定され、映画『キングコング』『恋人たちの予感 (When Harry Met Sally)』、ドラマ『ゴシップガール』など数々の映画にも登場し、ニューヨークの象徴的存在として広く知られています。

エンパイアステートビルは、こんなビルだよ!という様々なトリビアがギュッと詰まった楽しい映像です。展望台からどんなものが見えるかもわかりますよ。

エンパイアステートビルに訪れた有名人がパネルに飾られていました。

Empire State Building(1)

オノヨーコさんもいらしたようですね。

Empire State Building(3)

旅行者だけでなく、実はニューヨーカーにとっても、ニューヨークの中でも一際目立つエンパイアステートビルは身近な存在です。ニューヨークの夜空を見渡すといつもそこにいて、日によって変化するエンパイアステートビルのライトアップは、ニューヨークに住んでいる人たちも楽しみにしている人が多いかも。

エンパイアステートビルに雷が落ちた日もありました!

▶️ ニューヨークの激しい夕立ち エンパイアステートビルにも落雷!

ニューヨークの展望台 エンパイアステートビルとロックフェラーセンターどちらの展望台がおすすめ?

エンパイアステートビルに上るか、ロックフェラーセンターに上るか、迷う人も多いですね。
エンパイアステートビルの展望台の高さは320m、高い方が381m、一方ロックフェラーセンターは259mで、高さでいうとエンパイアステートビルの方が高いです。でもロックフェラーセンターは低い分、より迫った迫力のある景色を見ることができ、何よりも目の前に美しいエンパイアステートビルを眺めることができます。
どちらも360度のニューヨークのパノラマビューが楽しめる最高のスポットです。
是非、素敵な思い出を作って下さい♡

▶️ ロックフェラーセンター展望台 トップオブザロック&ルーフトップバー ニューヨークの絶景を楽しむ

ニューヨークの3大展望台、エンパイアステートビル、ロックフェラーセンター、ワンワールドトレードセンターの展望台を比較し、こちらで詳しく紹介しています。

ニューヨーク展望台おすすめは?NYの絶景 夜景が楽しめる人気3大展望台 徹底比較!

ニューヨークの見どころはまだまだ盛りだくさん!こちらの記事もおすすめです。

ニューヨーク観光グルメおすすめ人気スポット33選 NY最新見どころ徹底紹介!

エンパイアステートビル 展望台 ニューヨークの絶景夜景と日替わりのライトアップ was last modified: 6月 28th, 2018 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です