Ottawa-Parliament (21)

カナダ旅行 乗り継ぎ時に eTA 電子渡航認証は必要?

Ottawa-Parliament (21)

そろそろ美しい紅葉の季節ということで、カナダ旅行を予定している人も多いと思いますが、カナダ訪問前に確認しておきたいのが eTA です。アメリカの隣国、カナダでは、2016年から 電子渡航認証システム (eTA) が導入されています。日本を含む、ビザ無し訪問が可能な国々の人々を対象とした、事前渡航承認システムで、空路でカナダを訪れる場合は、eTA の申請が必要となっています!

yoho-np

北米大陸のアメリカの北側の国、カナダは、カナディアンロッキーやアトランティックカナダなど美しい自然が魅力です。これからの季節は、カナダのケベック州やオンタリオ州などの紅葉も人気となり、旅行計画を練っている人もいると思いますが、カナダ訪問前の準備で忘れないようにたいのが、eTA です。

Jacques-Cartier National Park (1)

eTA とは

eTA は、日本を含むビザ無し訪問可能国からのビザ無しでの一般訪問者を対象としたカナダの電子渡航承認システムです。アメリカの ESTA(エスタ)と同様のシステムで、カナダへのフライトの前には必ず eTAを取得する必要があります。
eTA は、取得後5年間、または取得時に登録したパスポートの有効期間が切れるまで有効となるので、一度取ってしまえば、しばらく気にする必要はありませんが、取得時にパスポートの有効期限が、5年以上の場合は、期限切れの日を忘れないように覚えておく必要があります。

eTA が必要となるケース

Stanley Park (1)

以前、カナダを飛行機で訪れたのは、2016年夏の バンクーバー でしたが、日本のパスポート所持者は、滞在期間が6ヵ月以内であれば、何の準備もせずに、カナダを訪問することができました。2016年11月以降、カナダを空路で訪れる場合は、事前に eTA の取得が必要となっています。

大切なことは、最終目的地がカナダである場合だけでなく、乗り継ぎでカナダを経由する場合も eTA が必要になるということです。アメリカのパスポートを持っているアメリカ人は免除されているので、一緒に旅行する人はうっかりしてしまいそうになるかもしれませんが、飛行機でカナダに到着する場合は、日本のパスポートで入国する場合は eTA が必要となり、アメリカの永住権保持者でも、eTA の取得が必要です。

アメリカからカナダへ陸路で入国する場合は、日本のパスポート所持者でも、eTA は必要ありません。カナダへの陸路での入国時には、パスポートとアメリカで滞在可能なことを証明するグリーンカードやビザなどが必要となります。

例えば、ニューヨークからモントリオールへのフライトなど、空路でカナダへ訪れる場合は、eTA が必要になります。また、忘れがちなのが、乗り継ぎの場合です。例えば、ニューヨークからカナダ経由の乗り継ぎで日本やヨーロッパを訪れる場合も、eTA の取得が必要になります。アメリカ人は、eTA 免除ということもあり、アメリカで、カナダへのフライトチケットを購入する場合、特に eTA に関する注意はないことが多いです。

一方、こちらのケベック旅行のように、アメリカから陸路でカナダを訪問する場合は、eTA は、必要ありません。

NYからケベックへ紅葉ドライブ旅行 美しい秋の大自然を満喫!

ちなみに、日本からの旅行者で、アメリカ乗り継ぎで、最終目的地がカナダの場合、または、カナダ乗り継ぎで、最終目的地がアメリカの場合は、カナダの eTA とアメリカの ESTA の両方を取得する必要があります。

eTA の申請方法

eTA の申請方法とオンラインフォームは eTA の公式サイト からアクセスできます。パスポート、職業、住所など指定された情報をオンラインフォームに入力し、手数料7カナダドルを支払います。入力は5分程で済みます。パスポート情報と eTA が連動しているので、パスポートの情報を間違えて入力しないように注意しましょう。eTAは、申請後、ほとんどのケースは、すぐ当日中に eTA を取得できますが、場合によっては、数日かかることもあるようなので、最低でも72時間前に、できればカナダ訪問が決まり次第早目に取得しておくのがおすすめです。

カナダのケベック州、オンタリオ州の紅葉情報は、こちらで紹介しています。また、ニューヨークのアップステートやニューイングランド地方などでも、とても美しい紅葉が楽しめます。

カナダ紅葉シーズン!ケベック&オンタリオ&ニューイングランド&アップステートNY紅葉情報

カナダ旅行 乗り継ぎ時に eTA 電子渡航認証は必要? was last modified: 10月 16th, 2019 by mikissh