Moma (29)

MOMA モマ 入場無料の金曜日は大人気!

ニューヨークの大人気のミュージアムのひとつ、ニューヨーク近代美術館 (MOMA モマ) は、通常の入場料は25ドルですが、毎週金曜日の午後4時以降は入場無料となります。先日、日本からお友達がやって来た時に、MOMAに是非行きたい!ということだったので、久々に金曜日の夕方に MOMA へやって来ました。美術館にはすんなりとスムーズに入れたのですが、中はかなりの混雑状態で、ゴッホやピカソ、モネら有名な作品の並ぶフロアは特にすごい大人気の状況になっていてびっくりしました。

モマの常設展示のフロアには、ピカソやゴッホ、ゴーギャンなど、そうそうたるアーティストの見逃せない作品がずらりと並んでいます。

中でも超がつくほど人気だったのは、ゴッホの絵です。ニューヨークの美術館は、どんなに混んでいるときでも、普通に作品が見られる程度の混雑ぶりしか経験したことがなかったので、ちょっと驚いてしまいました。最近、ニューヨークの観光客数が増えているのか、寒い冬にゆっくりできるスポットだからか分かりませんが、なんだか大変な光景です。

アンディーウォーホールのキャンベルスープの缶詰の絵。かわいい人気の絵です。
インスタグラム でもアップしてますので、よかったらフォーローして下さい。

かわいいレトロなアートも楽しめます。

ビビットカラーのポップなアート。

現在、最上階では、3/19までフランシス・ピカビア (Francis Picabia)の特別展が行われています。

20世紀前半のフランス生まれのアーティストで、時代によって、作風が全く異なる絵を描いた、とても個性的な珍しいタイプのアーティストです。

印象派の時代

フォーヴ・キュビスム・オルフィスムの時代

機械の時代、ダダの時代、怪物の時代、透明の時代、模索の時代、具象の時代、抽象の時代と経て、同一人物による作品とは思えないくらい、全く異なるスタイルの作品を次々に生み出していきました。

その作品が一堂に揃った、今回のモマの特別展は、大変興味深いものでした。

MOMAがこちらの解説ビデオを作成しています。

MOMA ならではの見どころ作品は色々あります。

穴の中から何か恐ろしいものが出てきそうな、そんな想像力を掻き立てられる作品も。みんな思わず覗き込んでしまいます。

こういう映像展示を最近美術館でよく見かけます。先日ブルックリン美術館へ訪れたときも、ふわふわクッションの上に寝っ転がって映像アートを見るコーナーがありました。

コンパクトなおうちのインテリアデザインの展示もありました。

MOMA モマ の金曜日の4時から始まる無料入場ですが、次々に人は訪れていて、館内はどんどん人が増えていっていました。節約派には金曜日の入場無料時間帯はおすすめですが、ゆったりと芸術鑑賞したい人は、この時間帯を外す方がいいかもしれません。その場合は、ニューヨークパス などお得になる観光パスを使うのも手です。

こちらの記事では常設展の有名な作品なども紹介しています。

MOMA モマ ニューヨーク近代美術館 見逃せない作品 見どころ & オノヨーコ特別展

その他のモマの常設展もすべて見て周ると、美術館を一周するのに大体所要時間は、2時間程度となります。

MOMA 美術館 開館時間 休館日
開館時間:10:30 a.m.–5:30 p.m. (金曜日のみ10:30 a.m.–8:00 p.m.)
休館日:サンクスギビンデー (11月第4木曜日) と クリスマス(12/25)

MOMA 美術館 入場料 チケット購入
大人 $25
学生 (ID要) $14
シニア $18
子供16歳以下 無料

MOMA 案内ガイドは、1階でIDと引き換えに無料で借りることができます。または、iPhone アプリ もあります。MOMA 美術館内は WiFi 利用可能です。

The Museum of Modern Art (MoMA)
11 W 53rd St, New York, NY 10019 (5-6th Avenue) MAP

MOMA モマ 入場無料の金曜日は大人気! was last modified: 3月 2nd, 2017 by mikissh