Rockefeller Center (1)

ロックフェラーセンターでフリーズ彫刻展2020開催中!Frieze Sculpture at Rockefeller Center 2020

Rockefeller Center (1)

ニューヨークのロックフェラーセンターでは、毎年恒例となっている、Frieze Sculpture の彫刻展がはじまり、ロックフェラーセンターの周辺は、今存在感のあるパブリックアートが点在する、楽しいスカルプチャーガーデンになっています。例年は、2ヶ月間程の展示期間で、今年も、もともとは4月からの予定でしたが、延期され、9月1日から10月2日までの約1ヵ月間限定の展示となりました。ロックフェラーセンターの近くを通りかかったら覗いてみるのもおすすめです。

Rockefeller Center (5)

賑やかだったレイバーデーの週末も終わり、日常が再開した感じのニューヨーク。例年、レイバーデーは、夏の終わりを告げる区切りとなっていますが、今年は、約半年間の非日常の終わりという感もあるかもしれません。
ニューヨークのミッドタウンの人気スポット、ロックフェラーセンターでは、Frieze Sculpture at Rockefeller Center 2020 が、9月1日からはじまり、世界各国のアーティストたちの個性的な作品が展示されています。ロックフェラーセンターの広場、The Channel Gardens は、例年は多くの人でいっぱいですが、今年は、のんびり過ごせる憩いのスポットになっています。まだ三連休の続きを楽しんでいる人々、日常に戻って仕事に向かう人々が行き交っています。

Rockefeller Center (6)

パブリックアートが展示されているのは、ロックフェラーセンターの中心、30 Rockefeller Center 周辺と、冬にはアイススケート場に変身する地下の広場、そして、 サックスフィフスアベニュー のある五番街へと続いて行く、チャンネルガーデン (The Channel Gardens) です。
30 Rockefeller Center の正面入口前には、エルサルバドル出身、LA を拠点に活動している女性アーティスト、Beatriz Cortez さんの存在感のある不思議な形状と質感の作品が飾られています。Beatriz Cortez さんは、昨年からスタートした Frieze LIFEWTR Sculpture Prize を受賞したアーティストさんです。

Rockefeller Center (8)

そのお隣には、こちらも存在感がある、色鮮やかなソフトスカルプチャーの作品があります。ドイツ人女性アーティスト、Lena Henke さんの作品です。思わず触りたくなってしまいます。

Rockefeller Center (9)

The Channel Garden の中央にある、近代アート風の彫刻は、パリとニューヨークを拠点に活動するフランス人女性アーティスト、Camille Henrot さんの作品です。また、アイススケート場の周りには、自然や環境をテーマとした作品を手掛けるイギリス人インストレーションアーティスト、Andy Goldsworthy さんがデザインした、オレンジを基調としたグラデーションの旗が飾られています。

Rockefeller Center (1)

旗といえば、夏の間、ニューヨークをテーマにデザインされたたくさんの可愛い旗が飾られていました。

ロックフェラーセンターにニューヨークデザインの可愛い旗が大集合!楽しいアートなフラッグプロジェクト

5番街沿いには、ミロやマックス・エルンストのような雰囲気のモダンアート風の木製の彫刻作品が飾られています。こちらは、ピッツバーグで活動するアメリカン人アーティスト、Thaddeus Mosley さんの作品です。チャンネルガーデンの花壇には、花でメッセージが描かれているので見てみましょう。

Rockefeller Center (2)

アート好きの人は、さらに、ロックフェラーセンターの中心、30 Rockefeller Center のビルの中に入ってみましょう。ロビーには、迫力ある壁画が描かれています。

Rockefeller Center (11)

American Progress と題された、スペイン人アーティスト、José Maria Sert の作品です。ニューヨークの高層ビルの建築現場が舞台で、巨人が登場したりと神話的な雰囲気で、ドラマチックに描かれています。ロビーの両脇には、Camille Henrot さんの生け花をテーマとした作品も飾られています。

Rockefeller Center (10)

もともとは、ロビーの壁画は、ディエゴ・リベラに依頼していました。リベラが、描いたのは、Man at the Crossroads と題された作品です。資本主義の申し子のようなロックフェラー家の依頼に対し、なんと中央右手に、社会主義の象徴、レーニンが登場する絵を描いたのです。ネルソン・ロックフェラー (Nelson Rockefeller) は、レーニンを消去することを要請しましたが、リベラが拒否したため、José Maria Sert の作品が飾られることになりました。リベラの作品を復元したものが、現在、再開したばかりの ホイットニー美術館 の特別展で展示されています。

Whitney Museum of American Art (9)

今年は、少しクラシックな感じのモダンアート風の作品が多かったです。現代アート風の作品が多かった、昨年のロックフェラーセンターでのフリーズ彫刻展の様子は、こちらです。

ロックフェラーセンターが楽しい!インスタ映えの面白いパブリックアートが大集合

プロメテウスやアトラスなどロックフェラーセンターの常設の彫刻たちも、今は、マスク姿になっています。

ロックフェラーセンター 静かで素敵な憩いスポットに大変身!プロメテウスやアトラスもマスク姿に

ロックフェラーセンターは、ホリデーシーズンには、巨大クリスマスツリーが登場し、ニューヨークのクリスマス時期の見逃せないスポットとなっています。人気展望台のトップオブザロックなど他にも色々な見どころがあります。

ロックフェラーセンター展望台 トップオブザロック&ルーフトップバー ニューヨークの絶景 夜景を楽しもう!

ロックフェラーセンターでフリーズ彫刻展2020開催中!Frieze Sculpture at Rockefeller Center 2020 was last modified: 9月 10th, 2020 by mikissh