General Grant National Memorial (1)

グラント将軍ナショナルメモリアル ハドソン川の畔に美しい白亜のお墓

General Grant National Memorial (1)

アメリカの50ドル札の顔にもなっている南北戦争時の北軍の将軍、後に第18代大統領にもなった、ユリシーズ・グラント将軍のメモリアルが、ニューヨークのアッパーウエスト、リバーサイド教会や、桜で有名な Sakura Park のすぐそばにあります。ニューヨークでは珍しいですが、フィナンシャルディストリクトにあるフェデラルホールと並び、ワシントンDCでよく見かけるネオクラシカル様式のとても贅沢なつくりのこのメモリアルは、北米最大の霊廟です。そしてとても高い天井の内装といい、外観といい、本当に美しい建物で、中に入ると霊廟らしく緊張感のある空間が広がっています。

General Grant National Memorial (5)

グラント将軍は、アメリカを統一国として保つこととなった戦争の英雄ということもあり、アメリカ人の間でとても人気の高かった人物です。ニューヨークには、大統領退任後住んでいたようで、死後、ニューヨークシティからメモリアルにと公園の一部を提供してくれる話があり、いくつか公園の選択肢を与えられたのですが、セントラルパークなどもありましたが、それは選ばず、ハドソン川の眺望が美しいリバーサイドパークを選び、国民からの寄付でメモリアルの建設が進められることとなったそうです。1897年にメモリアルは完成し、盛大なセレモニーも行われたそうです。

grant-memorial
(NYPL Digital Library)

途中、荒廃していた時代もあるようですが、1997年にリノベーションされ、今でも美しく保たれています。現在、NPS(国立公園サービス)の管理下にあり、National Memorial、National Register of Historic Siteにも指定されています。

General Grant National Memorial (2)

建物内の中央には、グラント将軍と妻のJuliaさんの赤い大理石の棺が安置され、また、その周囲を、 Sherman, Thomas, McPherson, Sheridan, Ordという南北戦争時に活躍した将軍の胸像が囲んでいます。

General Grant National Memorial (3)

後に大統領も務めることになったグラント将軍の功績は、こちらで紹介されています。

グラント将軍は、軍隊出身の大統領ということで、とても冒険心が旺盛な人だったようです。大統領退任後は、当時かなり危険な大冒険だったと思われる世界一周の旅に出たそうです。その途中、日本にも立ち寄り、アメリカの大統領を務めた人としては初めて日本を訪れた人物だそうです。日本では明治天皇と会談し、港区の増上寺に松を植樹したそうで、現在では、巨大に成長したが松が「グラント松」として残っているようです。

General Grant National Memorial (4)

グラント将軍のメモリアルのある公園の周りには、少しスペイン・バルセロナのガウディのデザインしたグエル公園のような雰囲気のモザイクベンチがあります。

General-Grant-National-Memorial-6

この周辺には、サクラパークやリバーサイドパークがあり、春には美しい桜を楽しむことができます。

サクラパークとリバーサイドパーク 美しい桜とマグノリア

General Grant National Memorial
W 122nd St & Riverside Dr, New York, NY 10027 MAP

ニューヨークには、まだまだ他にもナショナルメモリアル、モニュメントがあります。ニューヨーク、アメリカの象徴とも言える自由の女神をはじめ、次のような意外とみんな知らないような隠れ National Memorial なんかもあります。時間がある時やちょっと近くに立ち寄った時に訪れてみると思わぬ発見があったりします。

グラント将軍ナショナルメモリアル ハドソン川の畔に美しい白亜のお墓 was last modified: 9月 25th, 2020 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です