Met Breuer (5)

メットブロイヤーでドイツ人著名アーティスト ゲルハルト・リヒター特別展開催中!Gerhard Richter: Painting After All

Met Breuer (9)

メトロポリタン美術館の別館、本館近くのアッパーイーストサイドにある、メットブロイヤー (Met Breuer) で、世界の著名美術館でもよくその作品を見かける、ドイツの現代美術で最も有名なアーティストの一人、ゲルハルト・リヒター (Gerhard Richter) の特別展がはじまりました。ドイツ人らしい雰囲気の作風で、本物の写真以上に写実的な作品群と、それとは対照的なコンテンポラリーアートの定番、抽象アートの作品群が集まり、同じアーティストとは思えないようなバラエティに富んだ作品が展示されています。

Met Breuer (5)

メットブロイヤー (Met Breuer) は、メトロポリタン美術館から歩いて10分程、アッパーイーストサイドのマディソンアベニュー沿いの 74 St と75 St の間にある近現代アートに特化した美術館です。Marcel Breuer によりデザインされたコンクリート造りのブルータリスト建築で、1966年に完成した建物です。以前は、ホイットニー美術館が入っていた建物で、2016年から、Met Breuer となっていますが、今夏には閉館が予定されています。その後、フリックコレクションの一時的な移転先 となると思います。

そんな Met Breuer の最後を飾る展示の一つが、2020年3月4日にはじまった、ドイツ人著名コンテンポラリーアーティスト、ゲルハルト・リヒター (Gerhard Richter) の特別展、Gerhard Richter: Painting After All で、4階と3階の2フロアに渡り、絵画作品を中心に、ガラスや鏡を使ったコンセプトアート的な作品などが展示されています。

Met Breuer (19)

ジャクソン・ポロックを彷彿とさせるような、抽象表現主義 (Abstract Expressionism)、カラーフィールドとポップアートが合わさったようなポップな抽象アートから、写真のように写実的な作品まで多岐に富んだ作品が、2フロアに渡り、点在しています。こちらは、Grays と呼ばれるモノクロの灰色、白黒を多用していた、ゲルハルト・リヒターの初期の頃 1960年代の作品です。

Met Breuer (18)

ゲルハルト・リヒター (Gerhard Richter) さんは、1932年にドレスデンに生まれ、現在88歳の現役アーティストです。ナチスドイツ下で生まれ、その後、共産圏の東ドイツで過ごし、ベルリンの壁が建設される直前の1961年に西ドイツに逃亡、その後、ドイツの現代アートを代表するアーティストとなっています。戦争のトラウマを感じさせる、ドイツの現代アートの著名アーティストで、Anselm Kiefer と共に、世界の様々な美術館でもその作品をよく見かけます。

Met Breuer (25)

初期の頃に、よく描いていたのが、モノクロ写真のような写真をもとにした写実的な作品ですが、ぼんやりとした感じで独特の雰囲気を醸し出しています。親族を描いていたものが色々と展示されています。

Met Breuer (8)

ゲルハルト・リヒターの最も有名なシリーズの一つが、Cage。音楽家、詩人、思想家でもあったアメリカ人アバンギャルドアーティスト、John Cage にちなんだ作品だそうです。

Met Breuer (10)

抽象アーティストかと思えば、写真のような作品もあります。こちらは、娘さんを描いた1977年の作品、ベティ。とてもリアルな目を引く作品でした。

Met Breuer (14)

流氷を描いた美しい風景画。

Met Breuer (17)

2001年にニューヨークで起こった911事件を描いた作品もあります。現実的でもありながら、抽象的でもある、混ざり合った作風で描かれています。

Met Breuer (20)

最近では、ガラッと作風が変わり、ポップな色使いの幾何学模様や、ストライプの作品も描いています。

Met Breuer (4)

こちらの映像では、そんな作品を描いた心境を語っています。

60年代頃に流行ったと思われる、レトロな髪形の女性たちの作品。

Met Breuer (6)

現実と抽象の狭間のような、シューレアリスム的な作品も色々あります。こちらは、海の様子。

Met Breuer (24)

強い感情が込められた感じの母子の作品。

Met Breuer (23)

ガラスを用いた抽象的なミニマルアートも何点か展示されています。コンテンポラリーアートの様々な大きなムーブメントに影響を受けている様子も見て取れます。

Met Breuer (7)

森を描いた抽象アートのシリーズ、Forest (Wald)。

Met Breuer (3)

こちらは、ゲルハルト・リヒターさんのドキュメンタリー作品のトレイラーですが、作品の描き方が紹介されています。アンディ・ウォーホル のシルクスクリーンを彷彿とさせますが、個性的な技法で描かれています。

グレイや暗い色使いの抽象アートだけでなく、80年代頃から明るい色使いの作品も描いています。

Met Breuer (26)

最近は、幾何学模様系の抽象アート作品をよく描いているようです。

Met Breuer (12)

第2次世界大戦中、ヒトラー政権下、ホロコーストの舞台となったアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 (Auschwitz II-Birkenau) をテーマとしたシリーズが、ビルケナウ (Birkenau) です。ギャラリーの部屋の奥には、鏡があり、その両側には、4枚ずつのパネルが飾られています。片側は、実際に描いたもの、もう一方は、そのデジタルコピーとなっています。

Met Breuer (27)

収容所の様子を隠し撮りしたという写真をもとに、ゲルハルト・リヒターさんが、描いた作品で、悲しい雰囲気を漂わせています。

Met Breuer (29)

3階では、ゲルハルト・リヒターさんに関する映像作品も上映されています。

Met Breuer (15)

メトロポリタン美術館の今回の特別展の紹介映像です。作品については、こちら でも詳しく紹介されています。

会場のさらに詳しい様子は、こちらの映像で見ることができます。

ゲルハルト・リヒターさんの特別展は、2020年7月5日まで開催されています。コンテンポラリーアートに興味がある人は、メトロポリタン美術館の前後に一緒に訪れてみるのもおすすめです。

メトロポリタン美術館 ミュージアム見どころ完全攻略法

メットブロイヤーでドイツ人著名アーティスト ゲルハルト・リヒター特別展開催中!Gerhard Richter: Painting After All was last modified: 4月 11th, 2020 by mikissh