Grand Canyon (1)

グランドキャニオン国立公園観光 朝日から夕日まで自然の生み出す絶景見どころ大紹介

Grand Canyon (1)

数あるアメリカ国立公園の中でも、最も人気の高い公園といったら、やはりこちら、グランドキャニオン国立公園です。グランドキャニオン国立公園は、アリゾナ州とユタ州の境にあり、長い年月をかけ、コロラドリバーにより削られてできた壮大な渓谷の絶景が楽しめる公園です。グランドキャニオンにはこれまで何度か訪問していますが、昨秋の南カリフォルニアとアリゾナ旅行の途中、久しぶりに訪れてみた所、その壮大な渓谷の絶景にはやはり感動させられました。グランドキャニオンの朝日と夕日、そして、日中も変わりゆく雲の姿によってそのグランドキャニオンの壮大な景色は刻々と変化していきます。そんなグランドキャニオン観光の見どころや楽しみ方を紹介します。

Grand Canyon (3)

グランドキャニオン国立公園

グランドキャニオン国立公園は、1919年にアメリカの国立公園となり、1979年には世界遺産に指定されたアメリカを代表する、アリゾナ州にある、人気の自然観光スポットです。

Grand Canyon (2)

東西に流れるコロラドリバーにより削られてできた渓谷の公園で、主に、渓谷の南側のサウスリムと北側のノースリムの二つのエリアがあります。

Grand Canyon (4)

多くの人が訪れるメインとなるエリアがサウスリムです。ラスベガスから車で4時間、ロサンゼルスから7時間、フェニックスから3時間半程の距離にあります。周辺の国立公園やモニュメントなどと一緒にグランドサークルの最大の見どころとして訪れる人も多い国立公園です。宿泊施設やレストランもあり、園内に滞在することもできる他、少し離れた町になりますが、Valle、Williams、Flagstaff などを拠点に訪れることもできます。

grand-canyon-national-park-loc
(Google Map)

園内では、絶景ビューポイントを車やシャトルバス、徒歩で巡りながら周ります。長期滞在であれば、渓谷の底に向かう本格的なトレッキングコースもありますが、短期間の場合は、展望スポット巡りやリムでのトレイルが中心となります。リムエリアは、大きく分けると3つあります。一つ目が Bright Angel Lodge をはじめとした宿泊施設やビジターセンターのあるグランドキャニオンビレッジ、二つ目がシャトルバスでのみアクセスができるビレッジの西側の Hermit Road、3つ目がビレッジの東側、Desert View Drive 沿いとなります。

grand-canyon-national-park-map
(NPS -Grand Canyon Map – PDF)

グランドキャニオン見学のための所要時間・日数は、半日以上からです。おすすめは 1泊2日以上ですが、半日の滞在でも主な展望スポットからのビューはほぼ楽しむことができ、グランドキャニオンらしい雰囲気を体験することができます。できれば1泊以上して朝日から夕日までグランドキャニオンの一日の様々なタイミングでの景色を見ることができるとより楽しめます。
グランドキャニオンの夕日のおすすめスポットは、それぞれの展望台で美しい夕日が見られますが、特に、Hopi Point、Mohave Point、Yabapai Point などが人気あり、夕暮れ時の自然のアートが楽しめます。

Grand Canyon Sunset

グランドキャニオンの朝日のおすすめスポットは、ビジターセンターに近い Mather Point、Yabapai Point などが人気があります。日の出の時間の30分程前にスタンバイできると理想です。公園外に宿泊する場合は、入園時のゲートが混雑するので早目に向かうのがおすすめです。

Grand Canyon (18)

グランドキャニオンビレッジ

グランドキャニオンビレッジ周辺は、宿泊施設、カフェ、マーケット、ビジターセンターなどがあり、グランドキャニオンの滞在の拠点となる場所です。
ビジターセンター近くには Mather Point、Lookout Studio、Yabapai Point、シャトルバスで行くことができる Yaki Point があります。時間がない場合は、ビレッジの展望台が観光の中心となり、最も人が多いエリアとなります。

Grand Canyon (7)

Grand Canyon (15)

どの展望スポットから絵になる光景が広がっています。

Grand Canyon (16)

以前、グランドキャニオンを訪れた時には、車にくぎが刺さり、タイヤがパンクしたことがありますが、ビレッジエリアには、車の修理工場もあり助かりました。こちらで、園内での様々なサービスが紹介されています。

ハーミットロード

ビレッジの西に続くハーミットロードは、繁忙期の3月から11月の間は、シャトルバス (Hermit Road Shuttle Bus) のみのアクセスとなります。様々な展望スポットを経由しながら、終点の Hermits Rest までを往復しています。渓谷の底へと続く、Bright Angel Trail の様子や色々な角度からのグランドキャニオンの絶景が楽しめるビューポイントで下車し、景色を楽しみます。

最初の停車スポット、トレイルオーバールックビュー (Trail Overlook View) からの景色。

Grand Canyon (13)

少し下へ降りて行くと、ブライトエンジェルトレイル (Bright Angel Trail) の様子がよく見えます。

Grand Canyon (12)

Hopi Point、Mohave Point、Pima Point などでは渓谷の全景が見えますが、特に、コロラド川の流れ行く西側の景色が楽しめます。

Grand Canyon (14)

モハベポイント (Mohave Point) からの西側の景色。

Grand Canyon (11)

太陽の角度と雲の状態により、少し場所を変えるだけで全然違った印象の景色となります。

Grand Canyon (9)

シャトルバスのゴールにあるのが、ハーミッツレスト (Hermits Rest) です。1914年に建てらたという歴史ある石造りの山小屋で、National Register of Historic Places にも登録されています。中には、お土産屋さんやちょっとした休憩スペースがあります。

Grand Canyon (8)

園内では、所々で鹿 (Mule deer) などの野生動物も見かけます。

Grand Canyon (17)

デザートビュードライブ

時間があれば、ビレッジの東側に続くデザートビュードライブ (Desert View Drive) をドライブしてみるのもおすすめです。途中、Grandview Point、著名なアーティスト Thomas Moran から名付けられた Moran Point、Lipan Point などいくつかの絶景展望スポットがあります。
アヒルの形をした岩、Duck on a Rock もあります。

Grand Canyon (5)

Navajo Point などからは渓谷の東側一帯の景色が見られます。

Grand Canyon (19)

また、公園の東側出口付近には、一際目立つ塔、Desert View Watchtower があり、上ることができます。1932年に建てられた歴史ある建造物で、National Register of Historic Places に指定されています。

Grand Canyon (21)

塔内は、先住民文化が感じられるデザインとなっています。

Grand Canyon (20)

こちらは、美しいグランドキャニオンの映像です。

番外編

グランドキャニオンのサウスリムから ノースリム へは、車で4時間程かかります。グランドキャニオンのみを訪れている場合は、わざわざ足を伸ばすのが大変ですが、グランドサークルを周っている場合は Kanab や Page の前後に、ノースリムに立ち寄ってみることができます。サウスリムとは、また違った景観が楽しめます。
この他、もっとアドベンチャー体験がしたい人のグランドキャニオンの楽しみ方としては、渓谷の下、厳しい荒野の中にある楽園ハバスパイに大きな荷物を背負って泊りがけでトレッキングをするというのもあります。ハバスパイには、Havasu Falls という美しい滝があります。人気があり、キャンプ場で宿泊できる人数が限られているので、前もって予約をする必要があります。アドベンチャー好きは、是非訪れてみたい場所だと思います
グランドキャニオンの秘境、ハバスパイはこんなところです。滝がとても美しいです。

グランドキャニオン国立公園に、最近では、新スポットが登場していて、グランドキャニオンの西側に、Grand Canyon West というスカイウォークなど観光アトラクションが出来ています。

アメリカの有名国立公園を巡る、グランドサークル旅行も楽しいです。

グランドサークル旅行の人気おすすめモデルコース ドライブ地図など情報満載!

少し忙しいですが、ラスベガスを拠点に日帰りでグランドキャニオンへ訪れることもできます。

ラスベガス観光 おすすめ見どころ大紹介 豪華ホテルが立ち並ぶストリップ編

グランドキャニオン国立公園観光 朝日から夕日まで自然の生み出す絶景見どころ大紹介 was last modified: 5月 21st, 2018 by mikissh