ニューミュージアムに有名黒人現代アーティストたちの力作が大集合!Grief and Grievance

New Museum (1)

ニューヨークの人気現代アートミュージアム、ニューミュージアムでは、ブラック・ヒストリー月間 (Black History Month) の2月中旬から、アメリカにおける黒人の歴史をテーマにしたアフリカ系アメリカ人アーティストのグループ展、”Grief and Grievance: Art and Mourning in America” がはじまりました。絵画、彫刻、写真、映像から、巨大な車が登場したり、観葉植物がいっぱい並べられた個性的な巨大なインストレーションアートまで幅広い、あっと驚く個性的な作品の数々が展示されています。

New Museum (2)

アメリカでは、2月は、黒人歴史月間 (Black History Month) となり、様々な関連イベントが開催されます。ロウアーイーストサイドにある人気コンテンポラリーアート美術館、ニューミュージアムでは、2月17日から、アフリカ系アメリカ人の歴史をテーマにした新特別展、“Grief and Grievance: Art and Mourning in America” がスタートしました。
美術館の受付がある一階から、壁一面が、Adam Pendleton さんの白黒作品で覆われて、ガラっと雰囲気の違うミュージアムに変身していました。

New Museum (1)

40人近いアフリカ系アメリカ人アーティストによる、公民権運動時代の1960年代から現在に至るまでの様々な作品が、2から4階までの3フロアに渡って展示されています。国際的に活躍したナイジェリア人のキュレーター、Okwui Enwezor さんの発案による展示で、Okwui Enwezor さんは、2019年に亡くなられてしまいましたが、その意志を引き継ぎ、準備され、とうとう開催に至ったという力が入った特別展となっています。

それぞれのフロア毎に、テーマが異なり、雰囲気が違っていますが、最も未来的で、癒しの空間となっているのが、4階で、中央には、数多くの観葉植物やクールなガジェットが並べられた巨大なインストレーションアートが飾られています。こちらは、Rashid Johnson さんの2016年の作品、Antoine’s Organ です。

New Museum (5)

周囲には、Julie Mehretu さんの未来的な雰囲気の抽象アート作品などが飾られています。Julie Mehretu さんは、グッゲンハイム美術館で、アーティストがキュレートする面白い特別展 にも参加していたアーティストです。

New Museum (24)

4階から3階へは、一方通行の階段を下りていくのですが、その途中に、あっと驚く長細い旗が掲げられたインパクトのある通り道があります。
旗も、アフリカの伝統文化的な存在の一つですが、こちらは、Hank Willis Thomas さんの2018年の作品、”14719″ です。2018年にアメリカで、14719人もの人が、銃で撃たれて死亡した,
そんな犠牲者を星条旗の星で表現しています。

New Museum (8)

3階は、絵画、彫刻、パフォーミングアートなど著名なアフリカ系アメリカ人現代アーティストの作品が数多く展示されています。階段を下りてすぐのところにある、こちらの作品は、Howardena Pindell さんのフォークアート風な作品、Autobiography: Water。その横には、Melvin Edwards さんの溶接鋼による彫刻の数々が飾られています。

New Museum (9)

ここ数年、ハイラインの The Spur や、グッゲンハイム美術館、ホイットニー美術館などに作品が展示され、すっかり有名になった Simone Leigh さんの作品も登場しています。

New Museum (10)

こちらは、バスキア (Jean-Michel Basquiat) の作品です。

New Museum (23)

バスキアは、通常のキャンバスアート以外にも、板に描いたものなど、様々な作品を残しています。以前、ニューヨークで開催されたこちらの特別展では、驚くほどたくさんの作品が集合していました。

ニューヨークの最新美術館イーストビレッジに誕生!バスキア特別展 The Brant Foundation

黒人の警察が描かれた、MoMA 所蔵の Kerry James Marshall の作品。Kerry James Marshall さんの新作は、ニューヨークのギャラリーで開催されていたグループ展 でも展示されていました。

New Museum (24)

Okwui Okpokwasili さんのパフォーミングアートの映像。

New Museum (12)

スニーカーとスピーカーが絡まり合い、壊れかけた感じの不思議な作品。

New Museum (13)

幻想的な雰囲気の Ellen Gallagher さんの Dew Breaker。

New Museum (14)

Theaster Gates さんのパフォーミングアート映像、”Gone Are the Days of Shelter and Martyr”。ひたすら教会を破壊していきます。

New Museum (16)

2階は、キング牧師が暗殺されるなど多くの犠牲者を出すと共に公民権運動が大きく前進した1960年代前後をテーマに、喪に服したような雰囲気になっています。中央には、Nari Ward さんのとても存在感のある、孔雀の羽が散りばめられた巨大な車のインストレーションアートが飾られています。

New Museum (19)

当時の歴史や雰囲気を伝える写真の展示が中心になっています。

New Museum (18)

ギャラリーの構成が変わり、フロアをくるりと一周できるようになっています。

New Museum (20)

ギャラリーではありませんが、最上階の7階を訪れることもできるようになっています。

New Museum (6)

夜は開いていませんが、ガラス越しにダウンタウンの高層ビル群の絶景が見えます。

New Museum (7)

昼間は、7階は展望フロアになっていて、外に出てみることができます。

ニューミュージアム再開行って来ました!ウィズコロナの新美術館体験とスカイルームからの絶景マンハッタンビュー

1階奥のギャラリーでは、映像作品が上映中。

New Museum (21)

普段は、1階のギャラリーは一つだけだったのですが、広い新ギャラリーが登場していて、アフリカ系アメリカ人の歴史における重要なシーンが集められた作品が上映されています。

New Museum (22)

地下にもトイレがある他、映像作品もあります。ニューミュージアムへ遊びに来る人たちはおしゃれな人も多いのですが、スニーカーは、すっかり定番おしゃれアイテムになっていて、クールなスニーカーを履いている人を多く見かけました。アフリカ系アメリカ人のカルチャーの象徴の一つと言えるスニーカーは、映像作品をはじめアート作品にも所々で登場していました。

New Museum (17)

“Grief and Grievance” は、6月6日までの開催となっています。

ニューミュージアムの特別展

ニューミュージアムでは毎回、様々な個性的なコンテンポラリーアートの特別展が開催されています。おすすめを紹介します。

🔸 New Museum サーフィンアートが印象的な Raymond Pettibon 特別展

🔸 ニューミュージアム スカイルームからの絶景マンハッタンビュー

🔸 New Museum ニューヨークの斬新なインターナショナルアートが魅力の現代アート美術館

🔸 ニューミュージアム いつも刺激的なニューヨークのコンテンポラリーアート美術館

ニューヨーク観光 おすすめ人気スポット33選 2024年 NY最新見どころ徹底紹介!

ニューミュージアムに有名黒人現代アーティストたちの力作が大集合!Grief and Grievance was last modified: 3月 18th, 2021 by mikissh