Easter (3)

Happy Easter! うさぎと卵があふれるニューヨークの街角より

Easter (3)

今日は、ハッピーイースター!のあいさつが飛び交った一日でした。イースターの季節はしばらく続きますが、この挨拶をするのは、厳密にはイースター当日だけのようです。ニューヨークの街中では、ここしばらくイースターのかわいいデコレーションが見られる時期が続きましたが、今日は、とうとうそのイースター当日。日本人にとっては、名前くらいは聞くけど、うさぎと卵の日?という感じで、あまり大きなイベント感はありませんが、アメリカ、キリスト教の人々にとっては大きな行事で、どこのお店に行っても春らしいイースタームードになります。ところで、どうしてイースターにはうさぎと卵の飾り付けがされるのでしょうか?

Easter (2)

Easter (6)

イースターは、キリストの復活 (Resurrection of Jesus) を祝う日ですが、イースターという言葉自体は、ヨーロッパの土着の宗教 (Paganism) の春を祝う祭り Eostre に由来します。その Eostre のシンボルであったのがうさぎ。うさぎは春にたくさんの子供を産むことから豊穣の象徴とされているのです。そして、卵、こちらも同じく豊穣の象徴ですが、Easter Bunny が卵を運んでくるというドイツの伝説からきているようです。ドイツ系移民を通してアメリカに伝わり、現在のようにイースターの習慣が広まっていったようです。
キリスト教ではイースターは一年のうちで最も大切な日で、この日は正装し家族で教会を訪れる人も多くなります。イースターの前一週間は、Holy Week と呼ばれ、肉類を避けるなどの食事制限をする人もいて、その解禁日がこのイースター当日。解禁日には豪華なご馳走を食べる習慣があります。

Easter (5)

こちらはイースターのための飾りというわけではありませんが、ミッドタウンにあるうさぎのアート、Barry Flanaganさんの “Hare on Bell” という作品です。イースターのこの季節にピッタリあっています。

Easter (4)

イースターの時期のお店のショーウィンドウも毎年色々変わるので楽しみ。

Easter (7)

イースターってなあに?をもっと知りたい人はこちらのビデオをどうぞ。

今日は、ニューヨークでイースターパレードも行われました。とてもかわいい華やかなパレードの様子はまた明日お伝えします。

Easter (8)

イースターパレード ニューヨーク ボンネットフェスティバル 笑顔いっぱいの楽しいイベント!

Happy Easter! うさぎと卵があふれるニューヨークの街角より was last modified: 9月 6th, 2016 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です