New Year (22)

Happy New Year!! ニューヨークの初詣 自由の女神に会いに

New Year (22)

明けましておめでとうございます!
今年の新年の幕開けは、ニューヨークならではの初詣、とも言える自由の女神に会いに行ってきました。
バッテリーパークに11月にオープンしたばかりのホットスポットも訪れてみましたが、みんなニューイヤーズ・イブパーティで超大盛り上がりです。
New Year (20)

New Year (18)

今まで、閑散としていたバッテリーパークのエリアに新しく現れたのはPIER A、128年前に建てられたピアをリノベーションしたという貫録のある建物内にあります。現在、クラフトビールやオイスター、軽食を楽しめるバースペースのみの営業ですが、レストランも近々オープンするようです。自由の女神のあるLiberty Islandへのフェリーが出発する場所のすぐそばにあります。
New Year (19)

ニューヨーカーのニューイヤーズ・イブ、大晦日の過ごし方はどんな感じなの?というと、
パーティ三昧の夜を過ごす人も多い日なんです。
New Year (9)

ミュージックもいい感じで店内に響き渡り、みんなノリノリ。
New Year (10)

この日は、このマジシャンみたいなHappy New Yearハットをかぶっている人がいっぱい。
New Year (2)

フレッシュなオイスターも楽しめます。
New Year (3)

ビールの貯蔵庫もお店の中央にあって
New Year (1)

とても広く、いい感じの雰囲気のお店なので、グループで集まる時にも使えます。まさにこのニューイヤーズ・イブにピッタリのお店で、大盛り上がりでした。
New Year (4)

ふらふらっと外の空気を吸いに出てみると、
ロマンチックな時計と、
New Year (5)

自由の女神が見える最高のロケーション。天気のいい昼には絶景がそこに。
New Year (6)

対岸のニュージャージーの景色もキラキラと美しいです。
New Year (7)

ニューヨークでの大晦日の過ごし方は色々ありますが、今日はちょっと初めての試みをしてみようと、バッテリ―パークの新スポットPIER Aに立ち寄り、自由の女神に初詣をしようということで、バッテリーパークにやってきました。そして、さらにスタッテンアイランド行きのフェリーに乗って、元旦になった瞬間にあがる花火を見てみよう、ということに。
New Year (17)

最近の警官銃撃事件のせいでしょうか、警備は厳戒態勢。一見緊迫した空気なのですが、乗客も、こんな真夜中に警備してくれている警官たちに、”Happy New Year!”の暖かい言葉をかけていて、警官たちの笑顔も見られました。
New Year (16)

私たちと同じように、フェリーから花火をみようとやってきたお客さんがいっぱいいました。
フェリーが遅れてしまい、フェリーを待っている間にもうカウントダウンの時間になってしまいました。待っているみんなが誰からということもなく、一緒にカウントダウン、”10,9,8,,,,,,,3,2,1″ そして0時ちょうどに”Happy New Year!!!”とみんなで喜び合いました。お互い知らない人同士なのに、なんだか知らないうちにうまれた一体感。フェリー乗り場だけじゃなく、きっとニューヨーク中色々なところでカウントダウンが行われていたと思います。もちろんカウントダウンと言ったら、タイムズスクエアが思い浮かびますが、至る所でそこにいる人々が気持ちをひとつに新年を祝うのです。
New Year (15)

本当はフェリーから、ブルックリンの花火や、もしかしたらセントラルパークの花火まで見れるかなと期待していたのですが、フェリーが遅れたため、比較的長い間打ち上げがされていた自由の女神の花火のフィナーレを見るので精一杯でした。そんなわけで花火狙いの人にはこのフェリーじゃない他のスポット、例えばバッテリーパークからなどの方がおすすめかも。でも、久々に自由の女神を正面から見たり、ニューヨークハーバーからのマンハッタンの夜景を見たりと、真夜中のフェリー体験も楽しかったです。
New Year (14)

ニューヨークの女神様に初詣です。
New Year (13)

ニューヨークは地下鉄が24時間走っていて、タクシーもたくさんあり、夜も眠らない街なので、夜遅くまで遊びまわることができます。といっても、ほとんどの人たちにとっては、普段なかなかそんな機会はありません。でもこのニューイヤーズ・イブだけは特別の日。この日だけは友人やカップル、みんなでパーティーをするなど、多くの人が夜遅くまで遊んでいます。通常、酔っ払いがあまり多くないニューヨークですが、普段あまり飲まない人も特別な日で飲むからでしょうか、この日はたくさん現れます。そんなわけで、元旦は、アメリカ全体でも一年で最も交通事故の起きやすい危険な日と言われています。女の子たちもパーティのためにかわいいミニドレスとヒール靴でおしゃれして来る子がいっぱい。氷点下のとても寒い夜でしたが、パーティからの帰り道、そんな女の子たちがなぜか、裸足で歩いている姿を見たのは一人や二人だけじゃありません。どうしたの?なれないヒール靴で足が痛いから脱いで歩いているんです。
例年とても寒い大晦日、暖かい家で過ごすのも幸せですが、たまには頑張って外に出てみるのも楽しいです。
New Year(21)

夜のニューヨーク証券取引所(NYSE)のクリスマスツリーとライトアップ。
New Year(23)

2015年もよい年になりますように!
New Year (12)

Happy New Year!! ニューヨークの初詣 自由の女神に会いに was last modified: 9月 18th, 2016 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です