セントラルパーク観光 ニューヨークの大人気公園の見どころ サイクリング 散策など楽しみ方紹介!

Central Park (3)

とてもいいお天気の日が続くニューヨーク。せっかくなので、ニューヨーカーのように、ゆったりとお散歩したり、サイクリングしたり、ランニングしたりと、ニューヨークの大自然の景色の中で過ごしてみるのもおすすめです。ニューヨークのサイクリングコースで人気があるのはやはり、セントラルパークです!
自転車ですいすい回ったり、お散歩したりしながら、色々な楽しみ方ができる、セントラルパークのおすすめ観光コースを紹介します。

Central Park (2)

セントラルパークは、マンハッタンの南北59ストリートから110ストリートまでに渡る、驚くほど大きな公園です。セントラルパークを下から上まで全部見て回るのはかなり大変なので、メインの見どころスポットを中心に楽しむのがおすすめです。

セントラルパーク内の見どころはもちろんですが、セントラルパーク周辺には、ニューヨークの名所となるミュージアムなども数多くあるので、ミュージアムの見学も織り交ぜながら回ってみると一日で色々な楽しみ方ができます。

自転車レンタルをしてセントラルパークへ!

セントラルパークはサイクリングのメッカということで、近くにはたくさんのレンタルバイクショップがあります。シティバイク もあるので、短時間でサクッと返却するのであれば悪くないですが、セントラルパークで時間を気にしないで、長時間レンタルしたい場合は、レンタルショップのバイクを使うのもおすすめです。ローカル用のシティバイクとは違って、自転車には、ヘルメット、鍵、セントラルパークの地図なども付いてくるので、旅行者でも安心です。
一日の始まりに、さっそく、レンタル自転車をして、出発!

Central Park Sightseeing Bike Rentals And Tours
56 W 56th St, New York, NY 10019 地図

Central Park Sightseeing Bike Rentals

セントラルパークでのサイクリングには、いくつか知っておくべきルールがあります。
下図の太線部分のループが、自転車専用の道となり、反時計回りで一方通行となっています。それ以外の道は、歩行者専用の道となるので、自転車を手で押しながら歩いて進みます。セントラルパーク内は、Car Free となっているので、ニューヨークの街中と比べると圧倒的に安全です。とは言え、全ての人にヘルメットの着用が推奨されていて、14歳未満の子供はヘルメットの着用が義務付けられており必須となっています。
公園を南から北までぐるりと一周するコースは、約10km (6.1 mile) で、1時間ほどかかります。途中、72nd St.、97th St. などで、ショートカットすることもできます。また、これらの道以外では、自転車を手で引いて、東西を移動できます。

CentralPark-Bike-Map(Central Park Bike Map-PDF)

こちらのサイトでは、インタラクティブな地図、高低さについても紹介されています。

セントラルパークの入口

Central Park (12)

セントラルパークは、5番街から8番街までの3ブロックに渡り、5番街、6番街、7番街、8番街それぞれに入口があります。取り敢えず自転車が走れる大通りに出たいという場合は、最寄りの場所から入るといいと思いますが、途中、見どころに立ち寄りたいという場合は、5番街のグランドアーミープラザ (Grand Army Plaza) から入っていくのがおすすめです。
グランドアーミープラザの側には、有名なプラザホテルがあります。実はこのプラザホテルの地下には安くて美味しい食べ物が買えるフードホールがあるので、ここに立ち寄って、ピクニックランチを調達していくのも楽しいです。
ちなみに、8番街の方へ行くと、コロンバスサークルがあり、人気スーパーのホールフーズがあります。
自転車をレンタルして、公園でピクニックをしたい場合は、レンタル屋さんからも近いので、先にランチを用意してからレンタルするといいと思います。

プラザホテルの前の黄金に輝く、グランドアーミープラザ (Grand Army Plaza) の広場は、ゴシップガールでも出てくる名所です!

セントラルパークへいよいよ入っていくところには、アートスポットがあります。今はこんな巨大な顔の写真スポットになっています。

セントラルパークの美しい黄昏時にビックリ巨大顔アートに遭遇!Tilted Head by Mark Manders

岩の展望スポット ザ・ポンド

五番街近くの入り口からセントラルパークの中へ入っていき、しばらくすると、大きな岩の展望スポットが出てきます。とても大きく見える岩ですが、思い切って登ってみると意外と簡単。そして、岩の上からはマンハッタンの高層ビルと、池の景色が見えて、とても気持ちがいいです。
この池は、ザ・ポンドといい、Gapstow Bridge の橋の景色も見下ろせます。
The Pond & Gapstow Bridge 地図

Central Park (3)

ザ・ポンドの向こう側には、緑いっぱいで自然豊かな Hallett Nature Sanctuary と呼ばれる丘があり、気持ちのいい散策が楽しめます。こちらは、自転車の乗り入れはできません。

セントラルパークの秘密の展望スポット Hallett Nature Sanctuary

ファミリーで訪れたい!遊園地と動物園

セントラルパークに、遊園地と動物園があるなんて、知らない人も多いかもしれません。
遊園地 Victorian Gardens Amusement Park は、夏の間だけ登場する季節限定の遊園地です。冬の間はアイススケート場になっています。
子供たちのキャーキャー楽しそうな声が聞こえる、週末は特ににぎやかなファミリースポットです。
Victorian Gardens Amusement Park 地図

Central Park (4)

セントラルパークの動物園は、とても小さいけれど、可愛いアシカさんなどがいる小さい子供たちに人気の動物園です。
Central Park Zoo 地図

Central Park (10)

憩いの場所 シープメドウ

Central Park (9)

ニューヨーカーたちに人気のセントラルパークの憩いの場所、シープメドウへ。広大な芝生が広がる、ピクニックスポットで、楽しいランチタイム!
Sheep Meadow 地図

ザ・モール

緑が美しいセントラルパークの名所の並木道、ザ・モール(地図)。イラストを売るお店なども出ていてとても賑やかな通りです。

Central Park (18)

子供たちが大興奮の巨大なシャボン玉もここでよく見られます。天気のいい週末などは、たくさんのストリートパフォーマンスも行われています。

Central Park (6)

ザ・モールの東側には、色々な像もあります。こちらは、可愛い犬の像 Balto Statue (地図)から、

Central Park (14)

夏の間、様々なイベントが開催される SummerStage の近くには、マザーグース (Mother Goose) の魔女の像があります。(地図)。

Central Park (13)

ベセスダ噴水

Central Park (16)

ベセスダ噴水は、美しいセントラルパークの四季を感じることができる一番の見どころスポットです。夏は最高の季節で、美しい緑がいっぱいで、大道芸人さんもたくさんやってくる、とてもにぎわう楽しい場所です。

Bethesda Terrace(地図

Central Park (11)

このベセスダ噴水の近くの ボートハウス からはボートに乗ることができ、夏は大行列ができるほどの人気になっています。
セントラルパークでボートに乗って楽しむ、ちょっと映画の世界のような素敵な時間を過ごしてみるのもおすすめ!

ボートハウスは、レストランにもなっているので、ランチやディナーも楽しめます。

The Loeb Boathouse(地図
ボートのレンタル料金 1時間20ドル

ボウブリッジ

Central Park (17)

ベセスダ噴水から The Lake に沿って北西の方に向かうと、ボウブリッジ (地図) という、可愛い真っ白な橋がかかる、写真映えスポットがあります。ボウブリッジから北側は、The Ramble と呼ばれる森が広がっているエリアで、トレイル気分が楽しめます。途中、写真スポットも色々あります。道は狭く、起伏も激しいので、歩きの人におすすめのルートです。

Central Park (20)

ストロベリーフィールズ

セントラルパークの西端近くには、ジョン・レノンのメモリアル、ストロベリーフィールズ(地図)があります。ファンが集まる人気スポットとなっています。

central-park-foliage-7

セントラルパークの西側のアッパーウエストサイドには、行列必須のニューヨークの有名なクッキー屋さんがあります。公園でいっぱい遊びまわった後に食べる、大きなアメリカンなクッキーは絶品です。

ルヴァンベーカリー Levain Bakery セントラルパークへ行くなら是非食べてみたい美味しいクッキーの名店

Conservatory Water

72ストリートをさらに北上していくと、東側には、子供たちが楽しそうにラジコンの船で遊んでいる池、Conservatory Water(地図) があります。小さな売店があり、トイレ休憩ができる場所です。

Central Park (20)

池の北側には、子供たちにいつも大人気のアリスワンダーランド (Alice in Wonderland) があります。(地図

Central Park (15)

ベルヴェデーレ城

Central Park (7)

セントラルパークの可愛いお城、ベルヴェデーレ城は、実はつい先日まで工事で閉ざされていましたが、修復工事も終わり新しい綺麗なお城に生まれ変わりオープンしたばかりです。お城の上から見渡す景色がとても綺麗な人気の展望スポットです。2階は、エアコンがあり、暑い日は、涼むことができます。遠くに見えるのが、こちらも人気のピクニックエリア、グレートローン (The Great Lawn) です。

Belvedere Castle (地図

Central Park (8)

ベルヴェデーレ城から西の方へ階段を下って行くと、シェイクスピアガーデンがあります。

シェイクスピアガーデン セントラルパーク 魔法をかけたような美しさの春の可愛らしい庭園

シェイクスピアガーデンからセントラルパークの西側に向かうと、アメリカ自然史博物館もあります。『ナイトミュージアム』の映画の舞台になったミュージアムで、びっくりするほど大きな恐竜が展示されている、とても人気の博物館です。

ニューヨーク アメリカ自然史博物館 最新の見どころと回り方徹底紹介

また、夏にシェイクスピアの劇が行われる劇場まで行くと、素敵なロミオとジュリエットのロマンティックな像にも出会えます。劇場側に、トイレ休憩スポットがあります。

Delacorte Theater(地図

Shakespeare in Central Park (1)

クレオパトラニードル(地図)と呼ばれるオベリスクもセントラルパークの目立つ存在です。春になると、ここに美しいマグノリアの花が咲きます。

Central Park Cherryblossoms NY (7)

三匹の可愛いクマさん (Group of Bears) の像も人気者! (地図)

Central Park (15)

オベリスクの裏側、三匹の可愛いクマさんを見ながら、5番街に向かうと、ニューヨークの有名美術館、メトロポリタン美術館があります。驚きのコレクションが見られる、ニューヨークナンバーワンのミュージアムで、ニューヨーク旅行では外せない必見スポットです!

メトロポリタン美術館 ミュージアム見どころ完全攻略法

Jacqueline Kennedy Onassis Reservoir

セントラルパークの86ストリートから 96ストリートにかけてある、巨大な貯水池は、Jacqueline Kennedy Onassis Reservoir です。池の周りは、反時計回りに、人気のランニングコースとなっています。

Central Park (19)

貯水池は、特に紅葉の時期や夕焼けの時間帯には、とても美しい光景が広がります。

ジャクリーンケネディオナシス貯水池 セントラルパークの人気ランニング ジョギングコース

貯水池の東側、90ストリートから5番街に出ると、先日世界遺産になったばかりの、フランクロイドライト建築のミュージアム、グッゲンハイム美術館が見えてきます。渦を巻くような真っ白な美しい建築が映える素敵なミュージアムです!

グッゲンハイム美術館 見どころ有名作品大紹介 NY世界遺産の近代アートミュージアム

セントラルパーク北部

セントラル最北の 106th St から110th St にかけては、広大な森、丘、池、庭園など美しい自然の光景が広がり、散策、紅葉、バードウォッチングなどにおすすめのエリアです。

Central Park (17)

セントラル北部の各エリアについては、こちらで詳しく紹介しています。

セントラルパーク北部の見どころ 美しい紅葉の森を探検 ニューヨークでアドベンチャー気分の散策 & バードウォッチング 

セントラルパークの周辺エリアは一日たっぷり楽しめる見どころがいっぱいのおすすめのエリアです。
自転車のレンタルから、色々なミュージアムまで、ビッグアップルパスを使ってお得に楽しむことができます。詳細はこちらをどうぞ。

ニューヨークビッグアップルパス New York Big Apple Pass お得なニューヨーク観光パス最新情報!

セントラルパーク観光 ニューヨークの大人気公園の見どころ サイクリング 散策など楽しみ方紹介! was last modified: 8月 29th, 2021 by mikissh