Hudson Yards (1)

ハドソンヤードは今?!ウォールアートと憩いのアウトドア空間で再び動き始めた with コロナのニューヨーク最新スポット

Hudson Yards (1)

ハドソンヤード (Hudson Yards) は、昨年オープンしたばかりのグルメとショッピング、アートやエンターテイメントが集まるニューヨークの最新スポットです。3月でちょうどオープンして一年たったところだったのですが、その3月以来、コロナにより閉鎖を余儀なくされ、長期間のお休みが続いていました。今もまだ屋内のショッピングモールは、再開の目途が立っていないのですが、スペインをテーマとしたフードホール、メルカド・リトルスペイン (Mercado Little Spain) では、アウトドアダイニングを楽しめるようになり、ハドソンヤードの象徴的な ベッセル がある広場では、巨大なウォールアートや、可愛いオレンジのテーブルが並ぶ、憩いのスペースが登場したりと、再開に向けた一歩を踏み出し始めています。

Hudson Yards (6)

ハドソンヤードは、ミッドタウンの西側、34ストリート周辺のハドソン川近くに、昨年オープンしたばかりのニューヨークの最新スポットです。有名ブランドが、ずらりと顔を揃える高級感のあるショッピングモールを中心に、スペインをテーマとしたフードホールのメルカド・リトルスペイン (Mercado Little Spain) 、展望スポットでもある巨大なアートオブジェのベッセル (Vessel)、パフォーミングアートなどが開催されるアートスペース、ザシェッド (The Shed)、西半球で最も高い屋外展望台、ザ・エッジ (The Edge)、その他、高級レストランやグルメスポット、スーパーなどからなる、ニューヨークの注目の最新スポットとして登場しました。

Hudson Yards (4)

そんなハドソンヤードの中心となる、屋内のショッピングモールは、残念なことに、3月からずっとコロナにより長期間の閉鎖が続いています。そしてその長期の閉鎖が続いている間に、有名ブランド企業が経営破綻したりしていて大変です。例えば、ニーマンマーカスブルックスブラザーズMuji など、ハドソンヤードのテナント企業がいわゆる、コロナ経営破綻になっています。
高級デパート、ニーマンマーカスは、今まだアポイントメントオンリーで営業していますが、ハドソンヤードからは、撤退してしまう予定です。ハドソンヤードで、顔となる存在だったので、とても広いスペースが一気に空っぽになるのかと思うと心配になります。
ブルックスブラザーズや無印は、破綻はしましたが、リセットして、再出発する形になるので、恐らく今まで通りお買い物ができると思います。

また、ハドソンヤードのトップレストラン的存在だった、カリフォルニアの有名セレブシェフ、トーマスケラー (Thomas Keller) の TAK Room も、ハドソンヤードから消えてしまいます。Bouchon Bakery も撤退する予定です。世界中からの旅行客がやって来ない、オフィスワーカーも通勤がなく会食もない、今の状態では、トーマスケラーのレストランのような高級店は、やはり厳しいようです。

ハドソンヤードが長いお休みから開けたら、中身はどう変わっているのか、ドキドキする部分はありますが、長い間、閑散としていたハドソンヤードも、ここに来て、再開に向けて少しづつ動き出しています。周辺では、家族や友達とのんびりと過ごしている、ローカルたちが増えて来ています。

Hudson Yards (11)

ベッセル (Vessel) があるハドソンヤードの中心に位置する広場では、アーティストが、巨大なウォールアートを制作していました。

Hudson Yards (2)

これは、Hudson Yards x Off The Wall (HYXOFFTHEWALL) というプログラムで、様々なアーティストたちのウォールアートが、今後、順次登場していくようです。

巨大な4面のウォールアートは、KEY DETAIL さんの担当で、この日は、しっかりと下書きをしてから、色を塗っている途中でした。今はもう完成しています。

Hudson Yards (3)

11アヴェニュー沿いの道の壁にも、作品があります。こちらは、ELLE さんの作品です。

Hudson Yards (4)

この他、8月24日には、巨大なキングコング像の King Nyani も登場予定となっています。

最新展望台の The Edge、アートオブジェの展望スペース、Vessel、ギャラリーの The Shed 共に、まだ再開の予定を発表していませんが、ミュージアムをはじめとした屋内エンターテイメントスペースの再開も8月24日から可能となったため、おそらく近い将来、9月初旬頃から再開されるのではないかと思います。

ベッセル NY ハドソンヤードの新展望台の楽しみ方 頂上からのアートな絶景!

The Shed NYハドソンヤードの最新スポットがおもしろい!ザシェッドでお洒落な現代アート展

屋内モール部分は、まだオープンしていませんが、再開の準備は、進められています。

Hudson Yards (7)

屋内フードホールのメルカドリトルスペイン (Mercado Little Spain) も、アウトドアスペースにイートインスペースが用意され、オープンしています。

Hudson Yards (5)

リトルスペイン ハドソンヤードにニューヨーク最新フードホール登場!Mercado Little Spain

スウィートグリーン もピックアップでオープン中。

Hudson Yards (8)

外のパブリックスペースには、テーブルもあり、ゆっくりと休憩できます。

Hudson Yards (10)

ハドソンヤードは、ハイラインのゴール地点周辺ですが、現在は、ハイラインは、まだ 23ストリートまでとなっていて、それより北側は閉鎖されています。ハイラインから枝分かれした The Spur にある広場、Plinth には、女性像が飾られていますが、下から眺めるだけとなっています。

Hudson Yards (9)

巨大な女性像は、Simone Leigh さんの The Brick House という作品で、今年9月までの展示が予定されています。これからの展示作品については、たくさんの候補 があるようで、広く作品に対する意見が募られています。

The Spur ハイライン最後の区間 写真スポットの巨大アートがある憩いの広場 ザスパー

ニーマンマーカスや Tak Room など撤退のニュースばかりが続く、ハドソンヤードですが、明るいニュースが、ホールフーズのオープンです。ハドソンヤードの帰りに、グローサリーショッピングも出来るようになりました。

ホールフーズ ハドソンヤードに広々とした新店舗登場!ニューヨークの可愛いトートバッグなどローカル商品も充実

現在、パンデミックが継続中で、残念ながら、ハドソンヤードには、オフィスワーカーと旅行者は、しばらくは戻って来ないため、苦境が続きそうですが、コロナが終息すれば、再び賑やかな姿を取り戻していくと思います。

ハドソンヤードへ行って来ました!ニューヨークの最新レストラン・ショッピングスポット Hudson Yards 待望のオープン

ハドソンヤードは今?!ウォールアートと憩いのアウトドア空間で再び動き始めた with コロナのニューヨーク最新スポット was last modified: 8月 19th, 2020 by mikissh