国際女性デーってどんな日?

毎年3月8日は、国際女性デー(International Women’s Day)です。アメリカ、ニューヨークをはじめ、世界各国でお祝いされている、国際女性デーとはどんな日でしょうか?国際女性の日を祝日としている国もありますが、アメリカや日本では祝日ではありません。国際女性デー(International Women’s Day)は、国連により定められた女性のお祝いの日で、毎年テーマがあります。

国際女性デー International Women’s Day

今年、2022年の国際女性デー (International Women’s Day) は、“Gender equality today for a sustainable tomorrow.” というテーマが掲げられています。
ジェンダー平等を目指し、差別や偏見をなくし、女性のエンパワメントを推進していくことを目標に、今年は、#BreakTheBias のキャンペーンが行われています。

国際女性デー(International Women’s Day)のはじまりと歴史

国際女性デー(International Women’s Day)の起源とされているのは、1909年2月28日に、女性の労働環境や権利の向上を目的に、Socialist Party of America により、ニューヨークで行われた、Women’s Day です。
そのアイデアは、すぐにヨーロッパに広がり、1911年には、オーストリア、デンマーク、ドイツ、スイスなどで、国際女性デー(International Women’s Day)として国際的に初めてお祝いされました。その後、ロシアでは、1917年3月8日(グレゴリオ暦)に開催された国際女性デーをきっかけに、2月革命が起こり、ロシア帝国が崩壊するという歴史的な出来事に発展したことから、国際女性デー (International Women’s Day) は、3月8日となり、今日に至っています。

アメリカは、18世紀後半に、自由と平等を掲げ、イギリスから独立しましたが、実は、女性が参政権を得たのは、1920年のことです。建国以来、長期に渡る女性の権利運動を経て、1919年に、19th amendment により、女性の参政権が付与されます。実際に女性の参政権が施行されたのは翌年1920年のことです。アメリカの女性参政権の歴史については、こちらの映像で紹介されています。ちなみに日本で、女性に参政権が付与されたのは、終戦後の1946年です。

現在のように、国際女性デー(International Women’s Day)が、世界各国に広く認知されるようになったのは、1975年、国際連合 (The United Nations) が、公式に「国際女性デー(International Women’s Day)」を定めてからです。国連は毎年国際女性デー(International Women’s Day)のテーマを掲げ、女性の社会的な活躍を推進しています。

女性史月間 (Women’s History Month)

国際女性デー(International Women’s Day)は、アメリカの祝日ではありませんが、アメリカではこの国際女性デーのある3月を、女性史月間 (Women’s History Month) とし、女性の活躍を称え、推奨する月となっていて、国際女性デーにちなんだ様々なイベントが開催されています。

近年、ニューヨークでは、街中で見られる像などパブリックアートなどでも女性がより多く登場するようになっています。これまでは、男性の像が圧倒的に多かったのですが、Monumental Women による、セントラルパークのザ・モールに2020年に登場した女性運動に貢献した3人の女性像をはじめ、色々と増えて来ています。Monumental Women は、女性のモニュメントのトレイルマップ を公開しています。

セントラルパークで今注目 初の女性像!3人の女性の権利運動家の新モニュメント ザモールの人気写真スポットに

同じく、セントラルパークに、現在、公園の南側の5番街近くに、20世紀中頃に活躍したアメリカの著名女性フォトグラファー、Diane Arbus の像 が登場しています。

また、最近では、バッテリーパークに、カブリニ像。

ニューヨークにマザーカブリニ像登場!ニューヨーク湾が見渡せる絶景公園に

ブルックリンのシティポイントには、RBG像が登場していて、街中に歴史に残る女性たちの像が誕生し、女性たちの活躍を称えています。

ブルックリン シティポイントにルース・ベイダー・ギンズバーグ像登場!ニューヨークのRBGメモリアル新スポット

国際女性デーってどんな日? was last modified: 3月 8th, 2022 by mikissh