kayatoast

シンガポールの定番朝ごはん カヤトーストのおすすめ店 キリニー・コピティアム

kayatoast

シンガポールのご当地朝ごはんと言ったら、有名なのが、カヤトースト!カヤジャムというフレッシュココナッツジャムを挟んだ何気ないトーストなのですが、シンガポールの人たちの定番朝ごはんメニューで、旅行で訪れたら一度は食べてみたいもののひとつです。
そんなカヤトーストの有名なお店はいくつもあるようですが、その中のひとつ、キリニー・コピティアム (Killiney Kopitiam) へ訪れました。

訪れたのはオーチャードロードからも近いキリニーロードにあるキリニー・コピティアム(Killiney Kopitiam)です。閑静な住宅街にある隠れブティックホテル、ロイズインの近くにあるお店で、宿泊者は朝食券をいただけます。
ロイズイン自体には食事ができる施設がありませんが、こういう形で人気のお店の朝食をつけてくれるというのもいいアイディアだと思います。
通勤前のローカル達が朝食をしていたりと、お店はとてもにぎわっています。

お店についたら、シンガポール流に注文します。
といっても、すべきことは、注文に行く前に、まず先にテーブルを確保することです。
二人以上で訪れていたら、一人がテーブルに残って、一人が注文に行くことができますが、もし、一人で訪れた場合は、シンガポールでは、ポケットティッシュをテーブルの上に置いておく習慣になっています。おもしろいことに、シンガポールでは、テーブルの上にポケットティッシュが置いてあったら、それは誰かがそのテーブルを確保している印となります。
テーブル番号を覚えたら、注文の時にそのテーブルの番号をカウンターで伝える必要があります。注文したものをその場では受け取らず、その番号のテーブルまであとで持ってきてくれます。大急ぎで運ばれてきたのが、まずはコーヒーと紅茶。

シンガポールでは紅茶が美味しいことの方が多かったのですが、このキリニーズに限っては、コーヒーの方がよかったです。

そして次にいよいよカヤトーストが運ばれてきました。これで二人分です。一緒に半熟卵がひとり2個づつついてきます。

kayatoast

カヤトーストは、カヤジャムとバターが挟まれていて、しっかりと甘いトーストです。そのまま食べてもいいのですが、ここで、半熟卵を器に割って、カヤトーストをディップして食べるとより本場流になります。
少し不思議な食べ方ですが、郷に入っては郷に従え、ということで食べてみると、中々美味しかったです。

このお店は、もともとは、Killiney Road で、1919年から営業していたというとても歴史のあるコーヒーとカヤトーストのお店だったようで、そのお店を買い取りスタートしたのが現在のキリニー・コピティアムだそうです。ここのカヤトーストのカヤジャムは毎朝フレッシュなココナッツから作られていて、添加物などを加えない自然の素材だけで作られたジャムだそうです。このカヤジャムが美味しいということで、おみやげとしても人気になっています。

Killiney Kopitiam Singapore
67 Killiney Road Singapore 239525, Singapore 239525 MAP

シンガポールの定番朝ごはん カヤトーストのおすすめ店 キリニー・コピティアム was last modified: 12月 21st, 2016 by mikissh