Kirkland Museum (2)

カークランド美術館 デンバーのインテリアデザイン好きにおすすめな色鮮やかなミュージアム

Kirkland Museum (2)

デンバーは、色々と見どころが多く、素晴らしいミュージアムも多いですが、そんな中でも、一際美しいフォトジェニックなコレクションが集まっているのが、カークランド美術館 (Kirkland Museum of Fine and Decorative Art) です。カークランド美術館は、今年2018年に、新館に移転したばかりで、絵画、彫刻、そしてインテリア装飾家具などが、統一感を持って美しく展示されています。デンバーで活躍したアーティスト、バンス・カークランドさんの作品とコレクションを基にした美術館で、館内では、カークランドさんの時代と共に変遷していった作品を中心に、彼の収集した美術作品、装飾家具のコレクション、そしてコロラド周辺で活躍するアーティストの作品などが美しく展示され、見応えのある美術館となっています。

Kirkland Museum (1)

カークランド美術館

Kirkland Museum (3)

カークランド美術館 (Kirkland Museum of Fine and Decorative Art) は、デンバーで活躍したアーティスト、バンス・カークランド (Vance Kirkland) さんの作品とコレクションを基に、2003年にオープンしたミュージアムです。カークランドさんは、自身の製作活動のほか、デンバー大学の美術学部の創設時のディレクターを務め、自身もアートスクールを経営するなどし、アート教育にも力を入れてきた人物です。ピカソやピカビアのように時代と共に自身の作風を大きく変化させていった器用なアーティストで、そんなカークランドさん自身の作品のコレクションの他、近現代のインテリア装飾デザイン家具の歴史が概観できる貴重なコレクションもカークランド美術館の大きな見どころとなっています。
カークランド美術館は、コロラド州議会議事堂やデンバー美術館などが集まる、Golden Triangle と呼ばれる便利なエリアにあります。

バンス・カークランドさんの作品とスタジオ

Kirkland Museum (17)

元々は、カークランドさんのスタジオとアートスクールがあった場所に、カークランドミュージアムは設立されたのですが、今年、美術館が移転され、その移転してきた新館に、カークランドさんのアートスタジオも移植されています。水玉模様を特徴とした作品というと、現在世界中で大フィーバー中の 草間彌生 さんが思い浮かびますが、実はカークランドさんも、1960年代以降、美しい色彩のドットペインティングを描き続けてきたアーティストの一人で、素晴らしい美しい作品を色々と鑑賞することができます。

館内に入ってすぐの受付奥には、バンス・カークランドさんの作品が集められた部屋があります。カークランドさんは、20世紀初頭に生まれ、1981年に亡くなるまでに、時代の変化に応じ、Designed Realism、Surrealism、Hard Edge Abstractio、Abstract Expressionism、The Dot Paintings と様々な作風の作品を描いてきました。この部屋では、そんなカークランドさんの作品のハイライトが紹介されています。色鮮やかな美しい作品ばかりで感動します。

Kirkland Museum (2)

館内の一番奥には、移転されたカークランドさんのスタジオの他、様々な作風の作品が、家具や装飾品などと共に展示されています。お部屋に入った瞬間目に飛び込んでくるカークランドさんの作品が本当に印象的で、非常に展示が美しいミュージアムです。

Kirkland Museum (10)

カークランド美術館の一番奥の建物は、丸ごと移築されてきたものです。こちらの動画で紹介されていますが、丸ごと建物を運んできています。

世界のインテリア装飾品とコロラド周辺で活躍するアーティストの作品

6部屋に渡る広いエリアで展示されているのが、コロラド周辺で活躍するアーティストの作品と家具や食器などの世界のインテリア装飾品です。それぞれのお部屋で、時代毎のアートや建築のムーブメントに応じた作品が集められ、分かりやすく展示されており、歴史が概観できる構成になっています。

Kirkland Museum (13)

最初が、Art and Crafts と呼ばれる部屋で、風景画など写実的な絵画作品とアメリカの古典的な家具や食器などが展示されています。帝国ホテルや落水荘などのデザインをしたあの有名な建築家、フランク・ロイド・ライトは、オリジナルデザインの家具や食器なども作っていました。そんなライトのインテリアグッズもいくつかのお部屋で展示されているので、ファンの人は必見です。

Kirkland Museum (5)

こちらは、Art Nouveau のお部屋。印象派風の絵画作品の他、美しいティファニーのステンドグラスランプなどがあります。

Kirkland Museum (6)

こちらのお部屋は、Mies van der Rohe、Le Corbusier ら Bauhaus や、インターナショナルスタイルで有名な建築家による家具などが並んでいます。Bauhaus の特徴的なデザインの可愛いティーポットのコレクションなど、デザイン性に優れた食器が並ぶ棚も見応えがあります。

Kirkland Museum (7)

有名なバルセロナチェアなど当時の人気家具が並んでいます。

Kirkland Museum (11)

こんな面白い鳥の足のテーブル (Traccia Table with Bird’s Feet by Meret Oppenheim) もあります。

Kirkland Museum (8)

次は、Art Deco のお部屋です。シューレアリズムの作品の他、フランクロイドライトの椅子や食器など、よりデザイン性の高い作品などが展示されています。

Kirkland Museum (9)

こちらは、Modern。オシャレなモダンデザインの家具が勢揃いしていて楽しめます。

Kirkland Museum (4)

最後が、Postmodern のお部屋となり、いわゆるNYでいうMOMAのような雰囲気となっています。ご覧の通り、花形の椅子などとても面白いデザイン性のある作品が沢山集まっています。

Kirkland Museum (12)

食器、壺、花瓶などのセラミックのコレクションの美しい展示もあり、思わず見入ってしまう素敵なセンスのコレクションばかりです。

Kirkland Museum (14)

ドレスの展示は、こちら、ポップアートの代表、アンディー・ウォーホールの作品です。ウォーホールのお馴染みキャンベルスープのドレスです。夫妻で、ポップアートの収集家として有名な着物姿の Kimiko Powers さんを描いたポスターが目を引きます。そのお隣には、カークランドさんの作品に影響を受け、製作されたという色使いの綺麗なニットのドレスも展示されています。

Kirkland Museum (15)

この他、スカルプチャーギャラリーと期間限定の特別展のギャラリーもあります。
カークランド美術館はとてもセンスのいい素敵なミュージアムですが、ミュージアムショップも素敵な品揃えとなっています。アート作品を鑑賞した後、最後に立ち寄ってみると思わず欲しくなってしまう、カークランドデザインの美しい色のグラスやランプ、カード、アートの本など、デザインに惹かれる商品が色々とあります。

Kirkland Museum (16)

カークランド美術館の所要時間は、2時間程でゆっくりと全体を見て回ることができます。それほど大きな美術館ではないので、ゆったりと美術館賞を楽しむことができ、とても雰囲気のいいミュージアムです。個人のコレクションを中心とした統一感のある展示は、本当にセンスがよく見応え満点です。特に、家具などのインテリアデザインに興味がある人は、是非訪れて欲しいミュージアムです。

Kirkland-Museum (3)

カークランド美術館 Kirkland Museum of Fine & Decorative Art
1201 Bannock St, Denver, CO 80204 地図

デンバーの色々な見どころは、こちらで紹介しています。

デンバー観光おすすめ人気スポット ロッキー山脈の麓の自然豊かな街の見どころとグルメ徹底紹介

カークランド美術館 デンバーのインテリアデザイン好きにおすすめな色鮮やかなミュージアム was last modified: 9月 20th, 2018 by mikissh