クリスピークリーム 限定ドーナツ!タイムズスクエア ニューヨーク店へ行こう!

Krispy Kreme (1)

クリスピークリーム (Krispy Kreme) ニューヨーク新旗艦店は、タイムズスクエアのど真ん中にあります。アメリカの老舗ドーナツブランド、クリスピークリームは、2019年からNYCでの店舗の急拡大を発表していましたが、タイムズスクエアにオープンした、クリスピークリームニューヨークフラッグシップ店がニューヨークで最大の店舗となっています。ニューヨーク限定のクリスピークリームグッズが色々あり、タイムズスクエア限定のクリスピークリームドーナツもあるので、ニューヨークのお土産スポットとしても楽しめます。

Krispy Kreme (9)

クリスピークリーム タイムズスクエア ニューヨーク本店

タイムズスクエアのど真ん中に登場した、クリスピークリームのニューヨーク本店は、美味しそうなドーナツの巨大映像が流れていて、迷うことなく見つけられます。クリスピークリームNYフラッグシップ店は、タイムズスクエアの新店舗に移転した ハーシーズの旧フラッグシップ店 があった場所に、2020年9月15日にオープンしました。

Krispy Kreme (3)

タイムズスクエアのお店らしくビルボードには、存在感のあるドーナツの映像が流れていてとても目立っています。自由の女神がドーナツを持ってお出迎え!

Krispy Kreme (2)

タイムズスクエア店のお店の入り口では、フレンドリーな店員さんがお客さんの案内人さんになっていて、ソーシャルディスタンスをとって列に並んで待つようになっています。

Krispy Kreme (1)

メニューをくれて、さらにクリスピークリームの帽子もくれて、楽しく待っていられるので、列で待っている時間もあっという間でした。メニューはこちら。

Krispy Kreme (7)

クリスピークリームタイムズスクエア店 ドーナツ工場見学ができる楽しいお店

お店の中に入ると、今までにはなかったような、遊び心のある楽しそうな空間が目の前に。

Krispy Kreme (14)

この本店のスペシャルなところは、実はドーナツづくりの様子が目の前で見られることです。小窓からドーナツづくりをしている職人さんたちが見えます。

Krispy Kreme (9)

続いて、揚がったドーナツが流れてきて、次のドーナツづくりの工程に入ります。

Krispy Kreme (10)

ドーナツのシュガーコーティングがされる様子も目の前で。

Krispy Kreme (11)

そして出来上がった、たくさんのドーナツが流れてくるのを見ているのも楽しいです。

Krispy Kreme (12)

クリスピークリームの一番シンプルで美味しいドーナツ、オリジナルグレイズドドーナツです。出来立てのドーナツがクルクルと機械に乗ってやってきます。

Krispy Kreme (13)

クリスピークリームとは

クリスピークリームは、1937年、ノースカロライナ州のお店からスタートした、アメリカの老舗ドーナツ屋さんですが、創業者のこだわりの一つが、いつでも同じ品質の出来立ての熱々ドーナツが提供できるようにするためのドーナツマシーンの開発だったそうで、こちらのお店でもそんな雰囲気が伝わってきます。こちらの映像では、そんな逸話が紹介されています。

クリスピークリーム タイムズスクエアの限定ドーナツ
ビッグアップルドーナツ

ドーナツ造りの様子を横目に、列を進んで行くと、カウンターに到着です。色々な種類のドーナツとドリンクの中から注文します。単品、またはお得なセットで注文することも出来ます。クリスピークリームのドーナツの定番は、オリジナルですが、可愛らしいストロベリーも買ってみました。でも、タイムズスクエアならではの限定ドーナツも実は販売されています。

Krispy Kreme (17)

クリスピークリームタイムズスクエア店の限定ドーナツは、ビッグアップルドーナツ (Krispy Kreme Times Square Big Apple Donut) です。りんご飴のような光沢のある真っ赤な可愛いリンゴの形をしたドーナツで、このビッグアップルドーナツのオーダーに限っては、とても高級感のあるグリーンボックスに入れてくれます。お値段は $10.99 となかなかのお値段。クリーム入りドーナツの周りをシュガーコートした、ビッグアップルドーナツは、甘さも倍増。写真映えするドーナツですが、味はリンゴの風味もなく、かなり甘いと、ニューヨーカーたちの間ではかなり厳しい評価がついています。

Krispy Kreme Big Apple Donut

クリスピークリームタイムズスクエア店の店内席

今はまだニューヨークで店内飲食が禁止のため使われていないのですが、可愛いドーナツデザインのイートイン席があります。今は、外に簡易アウトドアイートインスペースがあります。

Krispy Kreme (15)

クリスピークリームタイムズスクエア店 限定お土産

可愛いグッズのお土産も色々販売しています。

Krispy Kreme (19)

クリスピークリームのロゴが入ったものから、

Krispy Kreme (16)

ニューヨークらしい、クリスピークリームのニューヨークオリジナル版のお土産のマグカップなど色々なものがあります。

Krispy Kreme (20)

タイムズスクエア周辺で、ちょっとした朝食、おやつスポットになり、ニューヨークのお土産探し にも使える、旅行者にも便利なスポットです。もともとは、24時間オープンの予定でしたが、現在は、朝8時から夜11時までのオープンとなっています。ただし、ピックアップは、24時間受け付けています。
全米のクリスピークリームの対象店舗で使える、クリスピークリームのギフトカードがセール価格で発売中です
→ クリスピークリームのディスカウントギフトカードはこちら

Krispy Kreme (5)

クリスピークリーム タイムズスクエア 本店
Krispy Kreme Times Square Fragship
1601 Broadway, New York, NY 10019 地図

ニューヨーク観光グルメおすすめ人気スポット33選 2022年 NY最新見どころ徹底紹介!

クリスピークリームの歴史

クリスピークリームは、アメリカ全体では多くのお店がありましたが、ニューヨークには、少し前までは、NYペンステーションの小さなお店 一店舗だけでしかありませんでした。パンデミックをものともせず、予定通り今年一気にニューヨークだけで5店舗も増やしています。

クリスピークリームは、かつては公開企業でしたが、2016年に、ルクセンブルクに本拠を置く、ドイツ系プライベートカンパニー、JAB Holding の傘下となり、非上場になりました。この JAB Holding というのは、プライベートカンパニーで、ニューヨークでもお馴染みの色々なブランドを傘下に持っています。例えば、Pret A Manger、Keurig Dr Pepper、Panera Bread、Au Bon Pain などのリテールブランドを傘下に持つコングロマリットで、資金力があり、ニューヨークでもランドロードに対しても強い影響力があるのかもしれません。また、クリスピークリームは、全米に点在するテイクアウト中心のドーナツ屋さんということで、比較的、コロナによる影響も少なかったのかもしれません。

クリスピークリームの軌跡については、こちらで紹介されています。

クリスピークリームのタイムズスクエアの本店のお隣には、これまた大人気のチョコレート屋さん、M&M’s、少し離れて、Hersey’s もあります。ブロードウェイミュージカルの劇場からも近いです。

Krispy Kreme (4)

M&M ニューヨークの可愛いおみやげを探しにタイムズスクエアへ行ってみよう!

ハーシーズ NY タイムズスクエアでアメリカらしいチョコレートのお土産選び Hershey’s Chocolate

ニューヨークには、美味しいドーナツ屋さんが色々あります。

ニューヨークのおすすめドーナツ屋さん厳選6選!NYの美味しいプレミアムドーナツ特集

クリスピークリーム 限定ドーナツ!タイムズスクエア ニューヨーク店へ行こう! was last modified: 5月 27th, 2022 by mikissh