Les Misérables Musical (1)

レミゼラブル ロンドンの人気ミュージカル鑑賞!最長上演記録を誇る名作 Les Misérables

Les Misérables Musical (1)

ロンドンは、ニューヨークと並ぶミュージカルのメッカ。そんなロンドンで定番のおすすめミュージカルといったら『レ・ミゼラブル』(Les Misérables) です。ニューヨークのブロードウェイに当たるロンドンの劇場街、ウエストエンドのミュージカルで最長上演記録を誇るロングランの名作が、ヴィクトル・ユーゴー原作、19世紀前半のフランスを舞台にした『レミゼラブル』です。『レミゼラブル』は、リバイバルも含め、これまでニューヨークのブロードウェイでも公演されていたこともありますが、2016年以来上演されておらず、ロンドンならではのミュージカルとなっています。ニューヨークとはまた少し雰囲気の違ったロンドンの劇場で楽しむミュージカルも素晴らしかったです。

Les Misérables Musical (10)

ニューヨークへやって来たら是非体験したいものの一つが、ブロードウェイミュージカル ですが、ロンドンもミュージカルの本場の一つです。ブロードウェイと、ロンドンのウエストエンドのミュージカルは、どちらも英語ということもあり、例えば、オペラ座の怪人や、ライオンキングなど、両都市で公演されているミュージカルがたくさんあります。そんな中、お馴染みの作品で、現在、ロンドンのみで上演されているのが、レミゼラブルとマンマミーアです。どちらもニューヨークでも鑑賞したことがある名作ですが、今回のロンドン旅行では、今年の7月で、オリジナル版の終了が予定されている『レミゼラブル』を見てきました。

Les Misérables Musical (4)

ウエストエンドの大人気ミュージカル レミゼラブル

ロンドンで、レミゼラブルがスタートしたのは、なんと1985年のことです。その後、2004年に、クイーンズ劇場 (Queens Theatre) に移動し、現在も公演が続く、ウエストエンド史上最長記録を更新中の人気ミュージカルです。
劇場では、そんなレミゼラブルのキャラクターグッズも色々と販売されていて、劇場内には、レミゼラブルに登場した歴代の俳優などレミゼラブルの長い歴史を伝える展示がされています。

Les Misérables Musical (3)

レミゼラブルとは

Les Misérables Musical (7)

『レミゼラブル』は、1862年に発行された、19世紀フランスの著名な小説家、ヴィクトル・ユーゴーの作品です。ヴィクトル・ユーゴーは、19世紀中頃のパリのノートルダム大聖堂の再建のきっかけをつくったことでも知られる影響力ある作家です。当時の時代背景は、フランス革命以来、18世紀中頃にかけての度重なる政治体制の変化で混乱していた時代で、レミゼラブルは、ナポレオン帝政が崩壊し、王政が復活した1815年から、王政に反対する共和制を支持する人々が起こした1832年の6月暴動 (June Rebellion) の頃にかけてのお話です。

レミゼラブルのあらすじ

Les Misérables Musical (9)

レミゼラブルは、一人の男性の不条理な人生を追った壮大なストーリー展開のお話です。是非ミュージカルの舞台を見て、登場人物たちのそれぞれの思いを感じながら楽しんで欲しい物語です。簡単なあらすじだけ紹介しておきます。

主人公は、お腹を空かせた子供たちのために、たった一本のパンを盗んだことで逮捕されてしまった、ジャン・ヴァルジャンです。パンの盗みに加え、脱獄を試みた罪も加わり、19年もの長い間刑に服した末、仮釈放されます。その後、社会に出ていこうとしても、犯罪者としての世間の目は冷たく、絶望のどん底に。そんなとき、ヴァルジャンは、教会の司教により救われます。温かい食事を与えてもらったにも関わらず、ヴァルジャンは、銀の食器を盗んで逃げ、捕まってしまうのですが、司教はそんなヴァルジャンをかばい、食器は与えたものだと言い、さらに追加で、豪華な銀の燭台も差し出し、ヴァルジャンに手渡します。ヴァルジャンは、司教の思いに心打たれ、正しい人間になることを決意し、名前や過去などそれまでの自分を捨て去り、別人のように新しい人生を歩んでいくことを決意します。その後、工場の経営者になり、また市長にもなり、順風満帆に暮らしていたヴァルジャンは、かつて工場で働いていて、病に倒れたシングルマザーのファンテーヌに、娘コゼットの面倒をみることを約束し、自分の娘のように大切にします。レミゼラブルのポスターに登場する女の子がこの娘コゼットです。その後、ヴァルジャンと、ヴァルジャンを執拗に追いかける警官ジャヴェール、コゼットと、コゼットに恋するマリユスという青年を中心に、様々なドラマが繰り広げられていきます。そして、レミゼラブルの見せ場となるのが、反政府組織による6月暴動の戦いです。
不条理な社会やルール、時代に翻弄されることがあっても、愛と思いやりの心は必ず人に伝わるものであり、それは人生を良い方へ導いてくれるものだというメッセージが伝わってくる心温まるお話です。

迫力ある演技でしたが、こちらが、その一端で、ロンドンで現在上演されているレミゼラブルのオリジナル版の予告編です。

レミゼラブルのクイーンズ劇場

レミゼラブルのミュージカルの公演が行われている、クイーンズ劇場 (Queens Theatre) は、1907年オープンの歴史ある劇場で、美しいシャンデリアと豪華な内装が印象的な、豪華な雰囲気の劇場です。

Les Misérables Musical (10)

開演前や休憩時には、ドリンクを楽しむ人もいっぱいです。劇場では、ヨーロッパらしく優雅なソファもあります。

Les Misérables Musical (6)

レミゼラブルをはじめ、ロンドンのミュージカルやオペラのディスカウントチケットは、ニューヨークでもおなじみの TodayTix で購入することができます。ロンドンでは、チケットは、劇場の窓口で受け取ることができます。

Les Misérables Musical (2)

ウエストエンドで、30年以上続いて来たレミゼラブルのオリジナル版の公演は今年で終了となってしまいます。Queen’s Theatre での公演は、7月13日で終了となってしまいます。その後、12月からは、2009年製作のリバイバル版の公演で再スタートとなります。

ロンドンで12月から公演されるレミゼラブルは、ブロードウェイで2014年から2016年にかけて上演されていたもので、ロンドンの2009年のリバイバル版となります。そのトレイラーをこちらでご覧いただけます。

7月から12月の間の期間は、場所を、Gielgud Theatre に移し、歴代のスターが登場する All-Star Staged Concert が開催されます。
2012年には、レミゼラブルの映画も公開されています。レミゼラブルは、少し難しい内容なので、初めて見る人は、ミュージカルの前に、映画を見てみるのもいいと思います。

レミゼラブル ミュージカル ロンドン
Les Misérables Musical London
QUEENS THEATRE
Shaftesbury Ave,London, W1D 6BA,
公演日時:
月・火・木・金 7:30PM
水・土 2:30PM, 7:30PM
日 休演

ロンドンで、是非おすすめしたい名作ミュージカルであるレミゼラブルですが、日本では 日本語版『レ・ミゼラブル』 の公演がはじまりました。4月19日から東京でスタートし、今後、日本各地での公演が予定されています。ロンドンへ行く予定がない人でも国内で鑑賞することができるので、ミュージカルファンは、要チェックです!

ブロードウェイとウエストエンドの両方で公演されているミュージカルの人気作は、こちらのブロードウェイ最新情報で紹介しています。

ブロードウェイミュージカル NY最新情報2018 & ブロードウェイツアー

レミゼラブル ロンドンの人気ミュージカル鑑賞!最長上演記録を誇る名作 Les Misérables was last modified: 4月 22nd, 2019 by mikissh