Lord & Taylor Holiday Window (5)

ロードアンドテイラー コロナ経営破綻 チャプター11申請へ 親会社の Le Tote と共に

Lord & Taylor Holiday Window (6)

1826年創業のアメリカ最古のデパート、ロード・アンド・テイラー (Lord & Taylor) は、長引くコロナの影響で、昨日、経営破綻し、チャプター11を申請しました。ロード・アンド・テイラーは、毎年、素晴らしいホリデーウィンドウで、クリスマスシーズンを楽しませてくれていたニューヨークの老舗デパートでした。昨年ニューヨーク五番街の本店を売却し、サックスフィフスも傘下に置く、ロード・アンド・テイラーの親会社である、Hudson’s Bay Company によって、ブランド自体も、レンタルファッションのスタートアップ、Le Tote に売却されていました。新オーナー Le Tote の下、営業を続けていましたが、今回コロナにより、オーナー会社の Le Tote と共に、経営破綻に至ってしまいました。

急成長を遂げたオンラインリテールや、消費者の趣向の変化などから、コロナ以前から下降基調だった昔ながらのリテール業界ですが、コロナによるロックダウンと行動パターンの変化により、さらなる大打撃を受け、経営破綻が続出しています。

ニーマンマーカスJCペニーJ. Crewブルックスブラザーズ など有名デパートやファッションリテールの破綻が続いていますが、昨日、8月2日、昨年から新オーナーの下で新たなスタートを切っていた、ロード・アンド・テイラー (Lord & Taylor) も、チャプター11を申請し、既存の38店舗の内の半分、19店舗の清算がはじまりました。負債は、1億3790万ドルだそうです。
以下の店舗が閉鎖予定となっています。
Albany, NY
Buffalo, NY
Bay Shore, NY
Syracuse, NY
Rochester, NY
Yonkers, NY
Danbury, CT
Farmington, CT
Trumbull, CT
Wayne, NJ
Boston, MA
Natick, MA
Bala Cynwyd, PA
Columbia, MD
Kensington, MD
Fairfax, VA
Boca Raton, FL
Novi, MI
Northbrook, IL

ロード・アンド・テイラー (Lord & Taylor) は、イギリス出身の Samuel Lord さんにより、1826年、ニューヨークのロウアーイーストサイドにオープンしたお店を起源として始まりました。1834年に、妻の従兄である George Washington Taylor が加わり、Lord & Taylor となり、それ以来続いていた、アメリカ最古のデパートです。1914年以来、5番街の38ストリートと 39ストリートの間の一角に本店がありましたが、WeWork に売却され、昨年、2019年に閉鎖されていました。

ロード&テイラーのNY5番街のフラッグシップストアビル WeWorkに売却 デパートがコワーキングスペーススタートアップの本社ビルに

20世紀前半以降、オーナー企業が何度も変わりながら、2008年、サックスフィフスアベニューのオーナー会社として知られる、Hudson’s Bay Company が買収し、昨年まで所有していましたが、昨年11月、一部所有権を残しながら、サンフランシスコ初のファッションレンタルのスタートアップ、Le Tote に、7500万ドルで売却 されました。ロード・アンド・テイラーのチャプター11の申請と同時に、親会社である Le Tote もチャプター11を申請しています。

ロード・アンド・テイラーは、毎年、クリスマスの時期には、趣向を凝らした美しいホリデーウィンドウで、楽しませてくれていたデパートです。

ロードアンドテイラー最後のNYホリデーウィンドウ いよいよ閉店を迎えるLord & Taylor本店

ロードアンドテイラー コロナ経営破綻 チャプター11申請へ 親会社の Le Tote と共に was last modified: 8月 5th, 2020 by mikissh