macys-christmas-holiday-window-2

メイシーズのクリスマス 夢いっぱいのホリデーウィンドウ

macys-christmas-holiday-window-1

今年もホリデーウィンドウの最後を飾るのはニューヨークの歴史ある老舗デパート、メイシーズ恒例のかわいいクリスマスホリデーウィンドウです。この夢いっぱいのホリデーウィンドウを一目見ようと、子供も大人もたくさんの人々がメイシーズのウィンドウの周りに集まっています。

macys-christmas-holiday-window-3

ニューヨークのホリデーシーズンに欠かせない存在となっているメイシーズ (Macy’s) ですが、実は、こちらで紹介されているように、ニューヨークで伝統的なイベントとして行われている、楽しいイベントの数々をかなり早いうちに始めた老舗デパートです。
例えば、今では色々なお店で行われている、サンタクロースに会えるイベントは、メイシーズが1862年に始めたものです。また、メイシーズは、1870年にショーウィンドウをホリデーテーマに合わせてディスプレイするホリデーウィンドウをはじめ、1924年にはサンクスギビングデーパレードをスタートさせました。どれも今のニューヨークのホリデーシーズンに欠かせないイベントです。
ニューヨークのヘラルドスクエアにあるニューヨークの本店のメイシーズは、世界でも有数の巨大デパートです。

macys-christmas-holiday-window-11

“Believe” 信じる心の大切さを教えてくれるメイシーズのクリスマスです。

macys-christmas-holiday-window-2

メイシーズに毎年現れるこの女の子は、ヴァージニアちゃん。

macys-christmas-holiday-window-7

34ストリート沿いのウィンドウは、毎年定番のヴァージニアちゃんのホリデーウィンドウが飾られています。

macys-christmas-holiday-window-8

メイシーズといえば、このヴァージニアちゃんのお話が有名なのですが、この女の子のお話は実はさかのぼること120年ほど前にニューヨークに住んでいた女の子のお話なのです。
ヴァージニアちゃんは、サンタさんがいることを信じていた女の子。でも、お友達にサンタさんなんていないんだよ、と言われ、お父さんに尋ねてみたところ、ニューヨークの新聞社 “The Sun” に投書して聞いてみてごらん、ということに。その物語がディスプレイされています。

macys-christmas-holiday-window-9

サンタさんって本当にいるの?
そんなヴァージニアちゃんの質問に、The Sun の記者、フランシス・チャーチ (Francis Church) さんが社説で返事を返してくれました。

その当時のオリジナルの英文記事はこちらです→、The New York Sun “Yes, Virginia…”

ヴァージニアちゃんの「サンタさんは本当にいるの?」の質問に、
フランシス・チャーチさんが新聞の社説で答えてくれた答えはこんな風でした。

そうだよ、ヴァージニアちゃん、サンタさんはいるんだよ。
愛や優しさ、誰かのために尽くす心があるように、サンタさんは確かにいるんだ。
そして私たちの人生を最高に美しく、喜びに満ちたものにしてくれるんだよ。
サンタさんがいない世界、それはヴァージニアちゃんみたいな子もいない、どんなにかつまらない世界だろう。
子供のように純粋に信じることも、心で感じることも、夢をみることもなく、目に見え実感できるものだけしか楽しめないのだから。

お父さんに頼んで、イブの夜にすべての煙突を見張らせてサンタさんを捕まえようとした、それでも見つけられなかったとしても、サンタさんがいない、ということではないんだよ。なぜなら、大人にも子供にも誰にも見えないんだ、この世の中の本当の真実はね。

見えない世界はベールで覆われているんだよ、それはどんなに強い男たちが束になってかかっても破ることができないものなんだ。
信じる心や、感じる心、愛する心、夢をみる心、そういうものだけがそのベールを押し開いて、その向こうにあるこの世のものとは思えないくらい美しい、栄光の世界を見せてくれるんだよ。

サンタさんはずっとずっと生き続けるんだ、千年経っても、十万年経ってもね。
そして、子供たちの心を喜びで満たし続けてくれるんだよ。

Macys (23)

ヴァージニアちゃんだけでなく、この記事を読んだ人々みんなの心に届く素晴らしい記事となり、それから毎年クリスマスシーズンになると掲載されるようになりました。
この素晴らしいお返事を書いた記者、フランシス・チャーチさんのことは、実は亡くなるまで誰にも公表されていませんでした。
8歳の時にそんな素晴らしい経験をしたヴァージニアちゃんは、大人になり、教職に就き、校長先生も務めます。子供の頃のサンタさんはいるんだよ、という記事のことを知り、連絡してきた人には、その記事のコピーをつけて、丁寧にお返事を返していたそうです。
ヴァージニアちゃんは、1971年に81歳の年で亡くなります。そのとき、New York Times が、彼女のことを “サンタの友達 (Santa’s Friend)” として掲載し、追悼します。そんな「サンタさんを信じる」伝説のヴァージニアちゃんの物語を、メイシーズは毎年、ホリデーウィンドウにディスプレイし、子供たちがサンタさんにお手紙を書いて出せるポストを用意してくれています。

macys-christmas-holiday-window-10

サンタメールポストは、メイシーズの1階にあり、かわいい子供たちがサンタさんにお手紙を書いて投函しています。
メイシーズの8階には、サンタランドがあり、サンタさんと一緒に写真撮影できるイベントも毎年開催されています。

macys-christmas-holiday-window-12

キラキラと輝く美しいウィンドウ。

macys-christmas-holiday-window-4

メイシーズは巨大なデパートのため、ウィンドウもたくさんあるのですが、なんといっても人気があるのは、ブロードウェイ沿いのウィンドウです。夢いっぱいの素敵なストーリーのディスプレイがされています。
ロマンティックな影絵のショーウィンドウも素敵です。

macys-christmas-holiday-window-13

メイシーズの店内もキラキラした世界に。12月はクリスマスギフトのショッピングでたくさんのお客さんでにぎやかです。

macys-christmas-holiday-window-14

夜の街にキラキラと輝くホリデーウィンドウは、この季節だけの楽しみです。

macys-christmas-holiday-window-15

macys-christmas-holiday-window-16

楽しいお休みをお過ごしください♪

macys-christmas-holiday-window-6

毎年かわいいメイシーズのホリデーウィンドウ。こちらの記事もどうぞ。

メイシーズのホリデーウィンドウ2017 今年も可愛いサンタの世界

Macy’s
151 W 34th St, New York, NY 10001 MAP

メイシーズのクリスマス 夢いっぱいのホリデーウィンドウ was last modified: 12月 23rd, 2017 by mikissh