Mamoun's Falafel (2)

マモウンズ Mamoun’s Falafel ニューヨークの老舗ファラフェル屋さん

Mamoun's Falafel (4)

グリニッジビレッジのワシントンスクエアパークのすぐそばに、”1000 Places to See Before You Die(死ぬ前にみておきたい1000の場所)”の本にも登場した、とても人気のB級グルメの老舗があります。ニューヨーク最古のファラフェル店であるだけでなく、アメリカで中東の味を楽しめる最初のお店のひとつでもあります。焼きたてのピタパンにサクサク美味しいヒヨコマメのコロッケと、トマトやレタスなどの新鮮な野菜が盛りだくさん入ったファラフェルは、食べ応えがあるたっぷりの大きさです。しかも、ヘルシーで、驚くほど良心的なお値段なので人気になるのは当然。ニューヨーク大学のそばなので学生さんたちにはもちろん、近隣のローカルたちに大人気のお店でいつもお客さんでにぎわっているお店です。

Mamoun's Falafel (1)

Mamoun's Falafel (2)

ファラフェル発祥の地、中東からやって来た、シリア出身のHussam Chaterさんが、1971年に、このグリニッジビレッジに、マモウンズ・ファラフェル (Mamoun’s Falafel)をオープンしました。グリニッジビレッジのこのお店が一号店で、オープン以来ずっと営業を続けています。このお店では、ファラフェルだけでなく、フムス、ババガヌーシュ(なすのピューレ)、タブレ(ミントやパセリのミックスサラダ)、シュワルマ、ケバブなど様々な中東のB級グルメを手軽に楽しむことができます。

Mamoun's Falafel (6)

実はこのお店、最近かなり拡大しているようで、2011年にHoboken、2012年にはラトガース大学のあるNew Brunswick、2013年にはイェール大学のNew Haven、そして昨秋には、なんとプリンストン大学のあるPrincetonにまで出店しているそうです。大きな大学の近くにお店をオープンしているので、学生街が好きなようですね。確かに、ここの良心的なお値段のファラフェルは学生たちの味方だと思います。

Mamoun's Falafel (5)

Mamoun's Falafel (7)

今年の3月にニューヨークのイーストビレッジで大きなガス爆発が起こり一大ニュースとなりましたが、その時被害にあい閉店してしまっていた、あの人気のベルギー風ポテトフライの名店、ポムフリット (Pommes Frites)が、実は今年の秋ごろに、このエリアに引っ越してくることになったそうです。まさにこのマモウンズ・ファラフェルのお店の近くの128 MacDougal Stにお店を開くそうで、以前のイーストビレッジの店舗はレント5000ドルほどだったものが、新店舗では、9000ドルほどになるそうで、気合を入れてやってくる様子です。先日紹介した新しいレバノンストリートグルメのお店も含め、このエリアは益々B級グルメのメッカになっていきそうですね。

Mamoun's Falafel (3)

Mamoun’s Falafel(マモウンズ・ファラフェル)
119 MacDougal St, New York, NY 10012 (3rd St – Minetta Ln) MAP

ノリータやソーホー辺りへ行った時、よく訪れるこちらの綺麗めのファラフェル屋さんもおすすめ!老舗マモウンズのオーセンティックなファラフェルもいいですが、こちらはちょっとおしゃれ創作系のファラフェル店です。少しタイプは違いますが、気分に応じて使い分けています。どちらが美味しいか、食べ比べてみて下さい♪

ノーホーのおしゃれなヘルシーB級グルメ ファラフェル

マモウンズ Mamoun’s Falafel ニューヨークの老舗ファラフェル屋さん was last modified: 8月 22nd, 2016 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です