Wild-Country-Seafood-(6)

ワシントンDCと言えばカニ、カニ、カニ!

Wild-Country-Seafood-(6)

ワシントンDCに春から秋にかけてのシーズン中に行くときにどうしてもはずせないものがあります。チェサピーク湾、メアリーランドを中心に味わうことのできるBlue Crabです。夏の短い時期にはSoft Shellも楽しめますが、この時期のお目当ては、新鮮なカニを茹でた後にスパイシーなOld Bay Seasoningで味付けするだけのシンプルなカニ料理です。
ボルチモアの有名なObryckis等色々試してきましたが、最近の定番となっているのがアナポリスです。ニューヨークから車で朝出発するとちょうどランチタイム時に最適です。

Wild-Country-Seafood-(3)

今回訪れたのは、Wild Country Seafood。レストランというよりは、その場で調理してくれる魚屋といった感じ。注文し、庭でピクニックランチです。このお店は自分のところでその日に捕ったカニやオイスターを調理して出してくれるので本当に新鮮です。

Wild-Country-Seafood-(8)

もう9月後半なのに今日の気候は8月の夏休みのようでした。アウトドアランチに絶好の日和。4人でX-Largeのカニを1ダースとシーフードのフライ盛り合わせを注文しました。カニも新鮮でおいしかったのはもちろんですが、ホタテ、海老、クラム、クラブケーキ、ロックフィッシュと種類豊富なフライの盛り合わせも絶品です。今回初めて訪れたお店ですが、お気に入りの店になりました。

Wild-Country-Seafood-(5)

初めての場合はお店の人が食べ方を解説してくれるので聞いてみましょう。素早く食べるにはコツが入りますが、基本は簡単。予習していきたい人はこちらをどうぞ。

近くにはヨットハーバーがあります。食後にふらりとお散歩を。
Wild-Country-Seafood(1)

釣りをしている人たちも楽しそうでした。このお天気の中、気持ちがいいですよね。
Wild-Country-Seafood-(14)

ボードに乗ってすいすい。このあと、一人がボードから落っこちてしまう瞬間を見てしまいました。貸切状態の静かなハーバーで贅沢な時間です。
Wild Country Seafood (2)
ワシントンDCを訪れる時の、メアリーランドランチやめられません。
Wild-Country-Seafood-(12)

この他、アナポリスででよく訪れるお店は、Cantler’s。ここもハーバーが目の前にあり景色のいいレストランです。
cantlers-(2)

いつ行ってもたくさんのお客さんでにぎわっています。
cantlers-(6)

ワシントンDCへの道中カニの名店へ アナポリスのカントラーズでブルークラブ!Cantler’s Riverside Inn Annapolis

アナポリスは古き良きアメリカの可愛い町です。もし時間があれば、町の中心を散策したり、Naval Academyを訪れてみるのも楽しいですよ。このNaval Academyは、West PointのMilitary Academy、Colorado SpringsのAir Force Academyと並び軍の幹部を養成するための大学ですが、一般の人も見学することができます。個人的にはAir Force Academyが一番好きですが、どこも負けず劣らず素晴らしいキャンパスです。
NavalAcademy (1)
ツアーに参加すると校内や、寮、教会など色々な場所に案内してくれ、軍のエリート学校の学生生活を垣間見ることができます。
NavalAcademy-(2)

ワシントンDCへ行く際にはちょっと足を延ばしてカニを楽しんでみて下さい。

ワシントンDCと言えばカニ、カニ、カニ! was last modified: 5月 20th, 2019 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です