USA flag

メモリアルデーってどんな日?明日は夏の始まりを告げるアメリカの祝日

USA flag

アメリカでは、5月の最終月曜日となる明日は、メモリアルデー (Memorial Day) の祝日です。今週末は 3連休となり、様々なイベントで盛り上がる、楽しい夏の季節のはじまりとされています。例年、ピクニックやビーチでBBQを楽しんだり、旅行に出かけたり、メモリアルデーイベントのパレードが開催されたりと賑やかになりますが、今年は、コロナのため、少し違った週末を過ごしている人も多いと思います。
アメリカ人にとって大切な祝日、メモリアルデーはどんな日なのでしょうか。メモリアルデーにはどんなことをする習慣があるのか、メモリアルデーイベントなども紹介します。

BigAppleBBQ NYC (2)



メモリアルデーとは

メモリアルデー (Memorial Day) というと、真っ先に思い浮かぶのが、ピクニック、ビーチ、BBQ、大セールという人も多いと思いますが、本来のメモリアルデーは、戦没者を悼む日です。
メモリアルデーは、もともとは、南北戦争の戦没者を追悼するためのイベントでしたが、現在では、広く、「戦没将兵追悼記念日」となり、11月のベテランズデー (Veteran’s Day) 同様、軍に関わる祝日で、全ての戦没者を悼み、戦没者のお墓やメモリアルが、美しく飾り付けされ、各地でパレードなどのイベントが行われます。

Washingtondc (8)

メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)は、南北戦争の北軍の戦没者のお墓を飾り付けするという習慣から生まれた祝日で、アメリカ人にとっては、非公式ですが、サマーシーズンのはじまりを告げる日でもあり、5月のメモリアルデーから9月のレイバーデー (Labor Day) までの間が、サマーシーズンとなり、夏の旅行へ出かける人が大変多くなります。

Washington DC

戦没将兵追悼記念日は、最初は、南北戦争の北軍の戦没者のための日でしたが、その後、第一次世界大戦や、その他あらゆる戦争において亡くなった、アメリカ軍の兵士たちすべてを追悼する日となりました。

メモリアルデーが現在のように5月の最終月曜日に祝日として制定されたのは、1971年のことです。もともと「デコレーションデー」(Decoration Day) と呼ばれる、戦没者たちのお墓をお花などで飾る日で、5月30日に祝われていました。1968年に制定された、月曜休日統一法 (Uniform Holidays Bill) により、週末が三連休となるよう、祝日が月曜日に制定されたのです。ちなみに、ニューヨーク州のウォータールー (Waterloo) は、1866年に最初のメモリアルデーイベントが行われた場所で、1966年に、Lyndon B. Johnson 大統領により、メモリアルデーの誕生地として公式に宣言されています。

こちらの映像では、そんなメモリアルデーの歴史について詳しく紹介されています。



メモリアルデーの習慣

アメリカのメモリアルデーの習慣としては、戦没者たちのお墓を飾るのはもちろんですが、多くの人々が、楽しみにしているのが、ピクニックをしたり、ビーチへ訪れたり、バーベキューしたり、バケーションに出かけたりなどです。
ただし、今年は、パンデミック中ということで、自宅や近場で家族や少人数でバーベキューを楽しむなど、例年とは違った過ごし方をしている人も多いと思います。
こちらでは、ビーチを中心に、全米各地のコロナ禍のメモリアルデーの週末の様子が紹介されています。

NYC のビーチは、散歩のみとなっていますが、ニューヨーク州やニュージャージー州のジャージーショアのビーチは、オープンしています。

ニューヨーク州もメモリアルデーの週末からビーチをオープン!

オートレースのインディ500 (Indianapolis 500) も毎年メモリアルデーウィーケンドの恒例イベントとなっていますが、今年は、延期され、8月23日に開催されます。

メモリアルデーのイベント

例年メモリアルデーには、様々なイベントが開催されますが、今年は、コロナによるパンデミック中ということで、集まるイベントは中止か、または、バーチャルイベントでの開催になっています。
戦没者が多く眠る、ワシントンDCのすぐ近くのアーリントン墓地では、こんな映像が公開されています。整然と並ぶ美しい墓地の中で、たった一人の兵士さんがトランペットを演奏する、とても幻想的な光景となっています。

アーリントン墓地といえば、無名戦士の墓 (Tomb of the Unknown Soldier) が有名ですが、パンデミック中も休みなく兵士の警備が続けられているそうです。無名戦士の墓については、こちら の映像で詳しく紹介されています。
ワシントンDCには、アーリントン墓地の他、ベトナム戦争戦没者慰霊碑 など色々メモリアルのモニュメントがあります。

ワシントンDC 是非訪れたいおすすめ観光スポット10選

ニューヨークでも、メモリアルデー前後には、様々なイベントが開催されます。

USS New York (LPD-21) (6)

イントレピッド海上航空宇宙博物館 (Intrepid Sea, Air & Space Museum) は、毎年メモリアルデーイベントが開催されますが、今年は、ライブストリーム で行われます。5/25(月)2 p.m. ET.~。

イントレピッド海上航空宇宙博物館 見どころ ニューヨークの空母で有名なミュージアム

ニューヨークでメモリアルデーの時期の恒例イベントとなっているフリートウィークは、今年は、中止となっています。昨年のフリートウィークには、USS New York がやってきていました。

快晴のNYメモリアルデー!フリートウィークで旧ワールドトレードセンターのメモリアル船 USS New York へ

アメリカの歴史に興味がある人は、全米各地にそれぞれテーマを絞った様々な博物館があるので、訪れてみるのもおすすめです。
独立宣言が出されたことでも知られるフィラデルフィアには、独立戦争などアメリカ独立期の専門博物館があります。

アメリカ革命博物館 アメリカ独立戦争など米国成り立ちの歴史が分かるフィラデルフィアの新ミュージアム

アトランタ歴史博物館では、19世紀中頃に起こったアメリカの内戦、南北戦争について、詳しく紹介されており、歴史好きにおすすめです。

アトランタの歴史博物館でアメリカ南部を知る アトランタヒストリーセンター

カンザスシティには、第一次世界大戦博物館 (National WWI Museum and Memorial)、ニューオーリンズには、第二次世界大戦博物館 (The National World War II Museum) があります。第二次世界大戦博物館は、コロナで休館していましたが、メモリアルデーに再オープンします。

第二次世界大戦博物館 ニューオーリンズ 人気の見どころ徹底紹介!

メモリアルデーってどんな日?明日は夏の始まりを告げるアメリカの祝日 was last modified: 5月 27th, 2020 by mikissh