Met Roof Top Garden (19)

メトロポリタン美術館 期間限定の屋上庭園 今年はおもしろいシューレアリスムな世界

Met Roof Top Garden (19)

ニューヨークはすっかり春となり、メトロポリタン美術館の屋上庭園(ルーフトップガーデン)がオープンする季節となりました。春から秋にかけて、今年は4月14日から10月29日の間、メトロポリタン美術館の屋上にアート展示と一緒にカフェもオープンします。毎年、この屋上庭園には、かなりユニークなアートが飾られますが、今年のテーマはシューレアリスム。なかなかユニークでおもしろくとても見応えがあります。
青い空と白いアート、ニューヨークの景色のコントラストがなかなか美しく素敵です。
屋上からはメトロポリタン美術館のすぐお隣の緑が豊かなセントラルパークの景色とニューヨークの摩天楼のビル群が立ち並ぶ綺麗な景色が眺められ、この時期のおすすめスポットです。

Met Roof Top Garden (15)

お天気のよかった週末、メトロポリタン美術館のルーフトップではたくさんの人たちがくつろいでいました。冬の間はオープンしていないので、ひさしぶりに訪れてみたら、新緑も美しくやっぱり気持ちがよくて最高です。

Met Roof Top Garden (2)

思わず笑顔になってしまうようなおもしろいアートの数々。

Met Roof Top Garden (4)

こちらもかわいらしいアートです。やっぱりみんな思わず笑顔に。

Met Roof Top Garden (9)

これからディナーパーティでも開かれるようなテーブルが素敵に並んでいます。

Met Roof Top Garden (6)

幻想的な光景はシューレアリスムな感じで、ダリ、マグリット、キリコの作品に入り込んだ気分になります。

Met Roof Top Garden (18)

何か意味を見出そうとしても謎のままですが、なんだか惹きつけられるおもしろさがあります。

Met Roof Top Garden (5)

このメトロポリタン美術館の屋上への行き方は、実はちょっとわかりにくいです。
美術館内にはいくつもエレベーターがあるのですが、直行でこの屋上へとつながるエレベーターは実は1か所だけです。別のエレベーターに乗った場合は、1階分だけ、階段で上って屋上に出ます。館内のあちらこちらにスタッフがいるので、「ルーフトップ」へ行きたいと言えば、エレベーターの場所や行き方を教えてもらえます。
メトロポリタン美術館の屋上庭園(ルーフトップガーデン)への行き方を地図にしてみました。以下の緑の丸で囲んだところ上階が屋上(ルーフトップ)なので、ちょうどその真下にあるエレベーターから乗って、屋上まで行くことができます。

metropolitan-museum-rooftop-map

屋上にはベンチもあり、ゆっくり休憩できるスポットにもなっています。

Met Roof Top Garden (22)

何といっても景色が絶景です。

Met Roof Top Garden (20)

クロイスター美術館にあるような中世ヨーロッパアートを連想させます。

Met Roof Top Garden (7)

今年は、アルゼンチンの30代のアーティスト、Adrián Villar Rojas さんの “The Theater of Disappearance” というテーマの展示です。

Met Roof Top Garden (10)

Met Roof Top Garden (12)

ドリンクが買えるバーもあります。こんな気持ちのいい日はみんなついついグラス片手に景色を楽しみたくなります。

Met Roof Top Garden (14)

見どころいっぱいのメトロポリタン美術館、中でのアート鑑賞に疲れたら、ちょっと抜けてきてここで休憩するのもおすすめです。特に夏は冷房がかなりきいているので、凍えそうになったら、屋上にリフレッシュしにきてみましょう。

Met Roof Top Garden (1)

最新の2018年の様子は、こちらです。

メット屋上にモンスター出現!2018年メトロポリタン美術館絶景ルーフトップがオープン

2016年はこんなアートでした。

メトロポリタン美術館 期間限定の屋上庭園

メトロポリタン美術館の見どころはこちら。

メトロポリタン美術館 ミュージアム見どころ完全攻略法

メトロポリタン美術館 期間限定の屋上庭園 今年はおもしろいシューレアリスムな世界 was last modified: 5月 12th, 2018 by mikissh