Mount Vernon (1)

アッパーイーストの隠れ家ホテルミュージアム Mount Vernon Hotel Museum

Mount Vernon (1)

ニューヨーク、イーストサイドのクイーンズボローブリッジが見える61ストリート沿いに、ニューヨークの中でもとても珍しい、1800年以前の歴史的建造物を利用した、マウント・バーノン・ホテル・ミュージアム (Mount Vernon hotel Museum) というミュージアムがあります。ルーズベルトアイランドへと渡るケーブルカーからも近いところにあり、こんなところにまだ訪れたことのないミュージアムがあることに驚いてしまいました。

Mount Vernon (2)

マウント・バーノン・ホテル・ミュージアム (Mount Vernon hotel Museum) のある一帯は、もともとは第2代大統領ジョン・アダムズの娘、Abigail Adams Smith とその夫の William Stephens Smith により所有されていて、ジョージ・ワシントンへの尊敬の念からマウント・バーノンと名づけられました。その後1798年に売却され、1799年にミュージアムの建物のもととなる部分の建物である馬小屋が建てられます。その後、19世紀前半に何度か改築されながら、現在の姿となっていきました。ダウンタウンで現在も続いているパブ Francis Tavern、ダウンタウンの教会 St Paul Chapel、Morris-Jumel Mansion、市長の家として使用されているGracie Mansionなどと並び、今でもマンハッタンに残る、当時の雰囲気を伝える数少ない1800年前後の建物のひとつです。

Mount Vernon (6)

このエリアは、当時、人々の多く住んでいたダウンタウンから離れた、自然の溢れた郊外エリアだったそうです。

East61StAround1850
(Wikipedia-View Of E.61st St. circa 1850)

もともと馬小屋だった場所を Joseph Coleman Hart さんがホテルに改築し、1826年にマウント・バーノン・ホテル (Mount Vernon hotel) を開きました。
主にダウンタウンからレクリエーションにやってくる人々が昼間に滞在できるデーホテルとして利用されていたそうですが、稀に、海外からのお客さんの宿泊先として利用されたこともあったようです。残念ながら、1833年に、7年間だけ営業し終了となってしまったようです。この時代は、現20ドル札の顔であるアンドリュー・ジャクソンさんが大統領の頃で、こちらの記事によると、ミドルクラスが栄え、そんな層が余暇を楽しむためのこのようなデーホテルがたくさん登場していたようです。
その後、時代は飛びますが、1924年に The Colonial Dames of America がこのホテルの建物を取得し、改修作業を経て、1939年からミュージアムとして、一般に公開し始めました。

Mount Vernon (7)

古き良きアメリカの家庭のディナーの光景です。

Mount Vernon (5)

Mount Vernon (8)

社交の場となるゲストルームも、当時の光景を思い起こさせるようにできています。

Mount Vernon (9)

とても雰囲気のいいガーデンが印象的です。

Mount Vernon (3)

Mount Vernon (4)

大都会に居ながら、こういう歴史的なものが様々な場所に、隠れ家のように残されている所もニューヨークならではの魅力だと思います。

Mount Vernon Hotel Museum
421 E 61st St, New York, NY 10065 MAP

アッパーイーストの隠れ家ホテルミュージアム Mount Vernon Hotel Museum was last modified: 9月 18th, 2016 by mikissh