Musée Marmottan Monet (8)

マルモッタンモネ美術館の見どころ 世界最大のモネコレクション パリの邸宅ミュージアム

Musée Marmottan Monet (20)

パリの中心から少し離れたパリ16区の閑静な住宅街にあるのが、世界最大のモネコレクションを誇る マルモッタンモネ美術館 (Musée Marmottan Monet) です。フランスらしい豪華なインテリアのお屋敷で、地下には圧巻のモネの常設展があり、印象派という名前のきっかけとなった、モネの 印象・日の出 (Impression, Sunrise) や睡蓮など数多くのモネと、女性アーティストのベルト・モリゾ、その他、カイユボットやルノアールなど印象派を代表するアーティストの作品も鑑賞することができます。

Musée Marmottan Monet (45)

マルモッタンモネ美術館 (Musée Marmottan Monet) があるのは、パリ西部の閑静な16区です。地下鉄で訪れる場合、ライン9 の La Muette が最寄り駅となり、駅から西に向かい、ラヌラグ公園(Jardin du Ranelagh) を通り抜けた場所にあります。

Musée Marmottan Monet (21)

19世紀後半に、この邸宅に住んでいたのがマルモッタン家でした。お屋敷とナポレオン時代の作品を中心とするアートコレクションが、フランス芸術アカデミー (Académie des Beaux-Arts) に遺贈されたことにより、1934年に美術館としてオープンしました。その後、モネの遺産を相続したモネの次男による遺贈により、世界最大のモネのコレクションを保有することとなり、マルモッタン・モネ美術館という名称のミュージアムとなっています。モネ以外にも著名な印象派コレクターからの寄付により、充実した印象派のコレクションが見どころとなっています。

Musée Marmottan Monet (1)

お屋敷ギャラリー1階

中に入ると、まず迎えてくれるのが、丸い形の小さなお部屋。19世紀のお屋敷にやって来た感じです。

Musée Marmottan Monet (22)

リビングルームには、豪華な家具と共に、カイユボット、ルノアール、シスレーら印象派の作品が飾られています。

Musée Marmottan Monet (24)

シカゴ美術館 にあるカイユボットの代表作と同じモチーフの作品もあります。

Musée Marmottan Monet (23)

こちらのお部屋には、19世紀前半、ナポレオンによるフランス第一帝政時代の作品が飾られています。

Musée Marmottan Monet (29)

モネ常設展 地下

マルモッタンモネ美術館 (Musée Marmottan Monet) の一番の見どころとなっているのが、地下にあるモネの常設展です。

Musée Marmottan Monet (5)

世界最大のモネのコレクションを誇るミュージアムだけあって、モネの作品がずらりと並ぶ様子は壮観です。

Musée Marmottan Monet (44)

ギャラリーはとても広く、ゆったりと鑑賞できます。

Musée Marmottan Monet (8)

数あるモネの作品の中でも、特に有名なのが、印象派という名称の由来となった 1872年の作品、印象・日の出 (Impression, Sunrise) です。1985年に強盗に遭い、この作品を含め9点が盗まれましたが、1991年に発見され、無事に戻って来たという逸話があります。

Musée Marmottan Monet (10)

オランジュリー美術館では、巨大な睡蓮が見られますが、こちらも美しい睡蓮の作品がいっぱいです。モネは、特に、同じ景色を何度も何度も描いたアーティストです。

Musée Marmottan Monet (9)

こちらもモネのお馴染みのモチーフ、フランスのノルマンディー地方にあるローエンの大聖堂 (Rouen Cathedral) です。

Musée Marmottan Monet (54)

特別展 印象派からフォーヴィスムにかけて

マルモッタンモネ美術館で、昨秋から開催されている特別展が、”Private Collections: from Impressionism to Fauvism” です。普段、あまり見かけることがないプライベートコレクションから、19世紀後半から20世紀初頭にかけての印象派からポスト印象派のフォーヴィスムにかけての著名なアーティストの作品が集まられ、展示されている特別展です。

Musée Marmottan Monet (17)

モネの最大のコレクションで有名な美術館だけあって、この特別展でもモネの作品が数多く展示されています。こちらは、モネの1880年の作品、赤いクリサンセマム。

Musée Marmottan Monet (16)

こちらは、カイユボットの1886年のセーヌ川を描いた作品、La berge du petit Gennevilliers et la Seine。カイユボットは自身もアーティストですが、印象派アーティスト達のパトロンでもありました。カイユボットの作品も数多く展示されています。

Musée Marmottan Monet (35)

2019年2月10日までの開催となっているので、近々パリを訪れる予定の印象派好きの人は、訪れてみるのもおすすめです。

マルモッタンモネ美術館で印象派特別展開催中!プライベートコレクションの秘蔵作品が大集合

そして、マルモッタンモネ美術館 2階へと続きます。

Musée Marmottan Monet (27)

お屋敷ギャラリー 2階

マルモッタンモネ美術館 2階の大部分は、マルモッタン家時代のお屋敷ギャラリーとなっていて、家族の肖像画がずらっと並んだパーソナルな書斎部屋、ソファや箪笥、お皿のコレクションなど様々なインテリア雑貨の飾られているかつてのベッドルームなどがあり、インテリア好きも楽しめる展示となっています。

Musée Marmottan Monet (28)

キリスト教をモチーフとした古典アートの作品が展示される幻想的な雰囲気のギャラリーもあります。

Musée Marmottan Monet (34)

ベルト・モリゾ常設展 2階

2階には、ベルト・モリゾ (Berthe Morisot) の作品がずらりと並んだギャラリーがあります。

Musée Marmottan Monet (30)

こちらが、ベルト・モリゾ (Berthe Morisot)。オルセー美術館 にも、マネ (Édouard Manet) により描かれたモリゾの肖像画がありますが、こちらもマネが描いた作品です。当時としては、珍しい女性アーティストで、女性らしい優しい雰囲気の作品を残しています。モリゾは、有名なマネ(Édouard Manet) の弟、Eugène Manet の奥さんだったそうです。

Musée Marmottan Monet (33)

女性や子供をモチーフとすることが多く、繊細な色使いのアーティストです。

Musée Marmottan Monet (31)

ルノワールの影響も感じられます。

Musée Marmottan Monet (32)

ミュージアムショップ1階

地下のモネの常設展から1階のミュージアムショップに向かう途中には、剣のコレクションが展示されています。

Musée Marmottan Monet (2)

廊下には、エジプト風の像があったりと色々なインテリアも楽しめる美術館です。

Musée Marmottan Monet (26)

マルモッタンモネ美術館には、日本語のオーディオガイドもあります。
マルモッタンモネ美術館の開館時間は、朝10時から夕方6時までですが、木曜日は、夜9時までオープンしています。この美術館は、ミュージアムパスなどの観光パスは、使用できず、入館料は、大人11ユーロとなっています。モネや印象派好きは、是非、パリで訪れたい美術館です。

Musée Marmottan Monet (19)

マルモッタンモネ美術館 Musée Marmottan Monet
2 Rue Louis Boilly, 75016 Paris, France 地図

パリでモネと言えば、オランジュリー美術館も外せません。

オランジュリー美術館の見どころ モネの睡蓮で有名なパリ・チュイルリー公園の見逃せない印象派近代アートミュージアム

さらに、モネが暮らしていた Giverny にある美術館・庭園 まで足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。冬季は閉鎖され、2019年は3月22日からオープンします。

印象派好きは、オルセー美術館も必須です。

オルセー美術館の見どころ 印象派の傑作が集まるパリの大人気ミュージアム

ニューヨークでモネを見るなら外せないのはこちらの二つのミュージアムです。

メトロポリタン美術館 ミュージアム見どころ完全攻略法

MOMA モマ ニューヨーク近代美術館 最新の見どころ&有名作品徹底紹介

マルモッタンモネ美術館の見どころ 世界最大のモネコレクション パリの邸宅ミュージアム was last modified: 1月 25th, 2019 by mikissh