MueumOfCityOfNY (1)

ニューヨーク市立博物館 Museum of the City of New York ニューヨーク好きにおすすめ!

MueumOfCityOfNY (1)

アッパーイーストサイド北部イーストハーレムの5番街、ミュージアムマイルにあるミュージアムのひとつ、ミュージアム・オブ・ザ・シティ・オブ・ニューヨーク (Museum of the City of New York)(ニューヨーク市立博物館) は、NYCの歴史、社会、文化やアートをテーマにしたミュージアムです。メトロポリタンや MOMA などとは、また一味違った感じのミュージアムで、共通のテーマはニューヨークですが、一部屋一部屋それぞれ個別のテーマでオリジナリティがあり、同じひとつのミュージアムとは思えないくらい様々な個性的テーマが集まっています。異なったテーマが集まっているのですが、共通点はニューヨークなので、とてもニューヨークらしさ溢れる展示が楽しめる、ニューヨーク好きには特におすすめのミュージアムです。
このミュージアム、来たことない人でもなんだか見たことある気がするって感じる人もいるかもしれません。そう、ニューヨークを舞台にした大人気ドラマ、ゴシップガールで、主人公たちが通っていた学校の建物が、まさにここのミュージアムで、撮影されたものだったのです。

MueumOfCityOfNY (2)

Museum of the City of New York(ニューヨーク市立博物館)は、1932年にこの新ジョージアン様式の建物に移り、それ以来80年以上も続いているミュージアムで、ニューヨークのランドマークにも指定されています。ミュージカル、ハミルトン10ドル札のデザイン変更で最近注目を集めていて、ニューヨークでとても愛されている人物、Alexander Hamiltonの像がこのミュージアムの正面壁にもあり、セントラルパークを見つめています。

MueumOfCityOfNY (18)

ミュージアムの入り口を入るとすぐ目の前に現れるのはこのキラキラとした美しいらせん階段の光景です。スターライト(StarLight) という作品で、みんなの目をひき、絶好の写真スポットになっています。

MueumOfCityOfNY (15)

1階奥のお部屋では、ニューヨーク・ブルックリン生まれのグラフィックデザイナー、Paul Randさんの Everything Is Design という展示が行われています。コーポレートロゴデザインで有名なPaul Randさんがデザインした企業の広告やロゴを集めた展示です。IBMやUPSなどの企業のロゴデザインをはじめ、この頃からカラフルで愛嬌のある温かみのあるデザインがたくさんあり、現在に続く企業ロゴの元祖のような感じを受けました。結構ひとつひとつを丁寧に見てみたくなる興味深い展示でした。

MueumOfCityOfNY (3)

ニューヨークでスタートした LGBTムーブメント について、先日触れましたが、人種のるつぼと呼ばれ、多種多様な人が大勢集まるニューヨークでは、昔から様々な社会運動が行われてきました。そんな社会運動に関わったアクティビストたちの展示も迫力があり、かつてニューヨークで行われていた活動、社会問題などを知ることができます。

MueumOfCityOfNY (4)

どれもニューヨークらしい展示なのですが、その中でもやっぱりこれはかなりニューヨークらしい感じを受ける展示で、ヒップホップレボリューションです。ヒップホップは、1970年代のニューヨーク、サウスブロンクスで誕生したそうです。

MueumOfCityOfNY (6)

廊下で見つけたとても美しいニューヨークの上空から見たゴージャスな夜景。

MueumOfCityOfNY (7)

昔のニューヨークの街の光景。

MueumOfCityOfNY (8)

New York’s Gilded Ageという、当時のニューヨークの豪華なお屋敷な雰囲気の展示です。

MueumOfCityOfNY (12)

映画の世界で見るような、昔ならではのとても美しいデザインのドレスの展示。

MueumOfCityOfNY (9)

絵が飾られた壁などのインテリアの雰囲気が豪華さを醸しだしています。

MueumOfCityOfNY (10)

ティファニーの宝石もいっぱい。

MueumOfCityOfNY (11)

廊下に、こんなかわいらしいドールハウスが展示されていたりもします。Carrie Walter Stettheimer のドールハウスです。ヨーロッパの宮殿などでの展示のような雰囲気で、当時のニューヨークのヨーロッパへの憧れのようなものを感じます。

MueumOfCityOfNY (5)

1階では、ニューヨークの街に今も現存する建物とその建物の昔の様子を比べられる、SAVING PLACE: 50 YEARS OF NEW YORK CITY LANDMARKS という展示も行われています。ニューヨークの街に今も見ることができる建物が多いので、知っている建物も色々とあり、現在の展示の中でも一番の人気だったような気がします。興味のある人は、こちらのブログ記事で詳しく特集されています。

MueumOfCityOfNY (14)

MueumOfCityOfNY (13)

このミュージアムのギフトショップは、さすがニューヨーク関連のミュージアムなだけあり、ニューヨークグッズがたくさん揃っています。

MueumOfCityOfNY (16)

“Diversity”(多様性), “Opportunity”(チャンス) and “Perpetual Transformation”(絶え間ない変化)と言ったフレーズがよく似合うニューヨーク。こちらのミュージアムでも、21世紀に入り大規模なリノベーションをフェーズに分けて行われてきましたが、先日ようやく完了したというニュースも出ていました。
そんなリノベーションの様子とミュージアムの雰囲気が分かる映像です。

独立記念日も近いですし、そんなアメリカを代表する都市ニューヨークの歴史、文化などに触れてみるのもいいかもしれませんね。

Museum of the City of New Yorkニューヨーク市立博物館
1220 5th Ave, New York, NY 10029 (103 St) MAP
開館時間: 10am – 6pm
休館日:Thanksgiving Day, Christmas Day, New Year’s Day.
入場料:
大人 $18
シニア・学生(ID要) $12
19歳以下 無料

※ お得なニューヨーク観光パス ニューヨークパス も使えます。

ゴシップガールツアー!NY有名ロケ地巡り アッパーイーストサイド

ニューヨーク市立博物館 Museum of the City of New York ニューヨーク好きにおすすめ! was last modified: 12月 28th, 2018 by mikissh

2 thoughts on “ニューヨーク市立博物館 Museum of the City of New York ニューヨーク好きにおすすめ!

  1. いちご

    おはようございます☁
    記憶がはっりきしませんが><
    多分行った事がある気がします。
    ゴシップガールってあんまり知らないんですが^^
    凄い裕福?でセレブの高校生のドラマですよね?
    一人金髪のハンサムがいたような?

    返信
    1. mikissh 投稿作成者

      こんにちは。
      そうです、ゴシップガールはアッパーイーストを舞台にした高校生のドラマで、2007年から2012年まで放映された、ニューヨークを舞台にした大人気ドラマのひとつです。ニューヨークの街中の有名スポットのシーンが色々映し出されるのでニューヨーク好きにはうれしいドラマです。ニューヨークでロケ地巡りをしている観光客が今もいるんですよ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です