National Constitution Center (10)

アメリカ憲法の歴史ミュージアム ナショナルコンスティテューションセンター National Constitution Center

National Constitution Center (10)

アメリカの独立と初期の政治の中心となったフィラデルフィア。インディペンデンスホールやあの有名な自由の鐘(リバティベル)のあるビジターセンターの目の前には、インディペンデンスモールが広がっています。インディペンデンスホールの反対側には、2003年にオープンしたアメリカの憲法に関するミュージアム 米国憲法センター National Constituion Center(ナショナル・コンスティテューション・センター)があります。前からこの建物は何だろう、と気になってはいましたが、今回、初めて中に入ってみました。

National Constitution Center (5)

ナショナル・コンスティテューション・センターへ入場すると、まず最初に向かうのがシアターです。
ライブパフォーマンスと映像で、アメリカの憲法の歴史について学ぶことができる “FREEDOM RISING” という20分弱の作品が上演されます。

National Constitution Center (14)

シアターを出た後は、シアターの2階部分をぐるっと一周する形で、アメリカで起こった様々な出来事や憲法の変遷などの歴史について分かり易く学ぶことができる展示 “THE STORY OF WE THE PEOPLE” を見学します。

National Constitution Center (7)

ナショナル・コンスティテューション・センターでは、展示に関してはほとんどが写真撮影禁止となっており写真はありませんが、こちらの映像でその雰囲気が伝わってくると思います。

唯一、こちらの SIGNERS’ HALL だけは写真撮影が許可されています。アメリカ建国の父達の像がずらりと並んで壮観です。

National Constitution Center (9)

それぞれの像には州と名前が紹介されています。

National Constitution Center (13)

一際存在感のあるのがベンジャミン・フランクリンと、

National Constitution Center (12)

初代大統領のジョージ・ワシントンです。

National Constitution Center (11)

フィラデルフィアは憲法制定の舞台となりました。最初の憲法は、1787年に作成され、1789年に承認されました。その後、直ぐに、ニューヨークで “Bill of Rights” と呼ばれる自由を保障する最初の憲法修正が1789年に作成され、1791年に承認されることとなりました。現在では世界中で最も影響力のある憲法となっていますが、当時、絶対王政の時代においては、とても画期的で、過激な内容だったと思います。
こちらのビデオでは、なぜ憲法の作成が、わりとすぐの2回に渡り、行われたのかについて解説されています。

ドラマや映画のシーン、そして現実世界でも見かける、自分に不都合となる可能性がある場合に黙秘する権利は、”Fifth Amendment” といい、これも “Bill of Rights” の一つです。

アメリカ初期の頃の司法長官や最高裁判所判事などを歴任し、現在に至るアメリカ司法制度の基礎を確立したとされる John Marshall さんの特別展も開催されています。

National Constitution Center (6)

この他、ナショナル・コンスティテューション・センターでは現在、”AMERICAN SPIRITS: THE RISE AND FALL OF PROHIBITION”という禁酒法時代をテーマにした特別展も行われています。先日 ブロードウェイミュージカル『シカゴ』 の記事で登場しましたが、アメリカではお酒の製造、販売などが禁止されていた禁酒法の時代がありました。それが憲法の21番目の修正項目だったのですが、後に取り消されることとなった唯一の憲法条項です。

National Constitution Center (8)

ミュージアムに欠かせない存在のこんな立派なギフトショップもあります。

National Constitution Center (15)

見学には1時間半から2時間程度みておくといいと思います。
アメリカ独立時に中心的な存在だったフィラデルフィアは、インディペンデンスデー前後には様々なイベントが行われます。6月29日は、Free Museum Day at National Constitution Center となり、無料で入場することができます。

National Constitution Center
525 Arch St, Philadelphia, PA 19106 MAP

インディペンデンスモールにはこんな石碑もあります。1791年に、”Bill of rights” として、オリジナルの憲法に最初に付け加えらた条項です。信教、スピーチ、報道、集会の自由を保障しています。

National Constitution Center (1)

モールの奥には、独立宣言、憲法についての話し合い、合意がされた場所であるインディペンデンスホールがあります。

National Constitution Center (22)

こちらで紹介していますが、建物の内部を見学することができます。

フィラデルフィア旅行 厳選観光スポット!世界遺産・歴史を感じる街

アメリカ憲法の歴史ミュージアム ナショナルコンスティテューションセンター National Constitution Center was last modified: 6月 28th, 2017 by mikissh