アメリカ国立公園人気ランキング ベスト10!ナショナルパークサービス訪問者数

ナショナルパークサービス (NPS) による、2023年発表、最新のアメリカ国立公園訪問者数ランキングを紹介します。アメリカでは、これから春・夏に向けて、絶好のアメリカ国立公園旅行シーズンがやって来ます。ここ数年、アメリカの旅行先として、ダイナミックな自然が魅力のアメリカ国立公園は人気の旅行先になっていました。2020年は、完全閉鎖期間や入園者数制限があったため、訪問者数は 28%減でしたが、2021年はだいぶ復活し、25%増となり、2022年は、さらに5%程増えています。2019年と比較すると全体的には、まだあと5%程訪問者数は少ないのですが、ほぼパンデミック以前のレベルに戻って来たと言えます。今、アメリカで人気の旅行先、アメリカ国立公園の人気トップ10と、人気のアメリカ国立公園のおすすめの魅力と楽しみ方も合わせて紹介します。



アメリカの魅力溢れる人気の旅行先と言えば、スケールの大きい大自然の中、開放感ある楽しみ方ができるアメリカ国立公園です。
パンデミック以降、国立公園のオープン状況が変則的なところが多くありましたが、現在は、ほぼ通常モードに戻っています。とはいえ、現在でも、事前予約制による入場制限などを行っている場所もあるので、事前にチェックしてから訪れるのがいいと思います。各アメリカ国立公園のオープン状況は、NPS の公式サイト で最新情報が更新されています。これからの季節、ロードトリップで、自然がいっぱいの国立公園を巡る旅行を計画してみるのもおすすめです。

アメリカの国立公園は、2016年は、NPSの設立100周年の年で、全ての国立公園が無料で開放されたこともあり、史上最高の訪問者数を記録しました。2017年の訪問者数は微減、2018年は、さらに減少、2019年は、若干盛り返していました。パンデミック1年目で、国レベルでロックダウンも行われた 2020年は 28%減と大幅に減少しましたが、2021年は、一転、25%の大幅増となりました。

アメリカの国立公園を管轄する、ナショナルパークサービス (NPS) は、先日、最新の アメリカ国立公園訪問者数レポート を発表しました。昨年2022年に発表された、2021年の訪問者数は、2020年の反動もあり、44ヵ所もの場所が、軒並み過去最高の訪問者数を記録しました。一方、今年発表された、2022年の国立公園訪問者数では、段々と落ち着きつつあり、有名国立公園では訪問者が減少する一方、その他の多くの公園では訪問者が増え、全体では、5%程増加しています。全体的には、最高記録を更新した2016年、パンデミック前の2019年などには及びませんが、概ねパンデミック前のレベルに戻って来たと言えます。

今年も、海外からの旅行者に人気の公園は、さらに訪問者数は、増えていくのではないかと思います。



全米国立公園訪問者数ランキング

世界的にも有名なアメリカ国立公園、グランドキャニオンや、ザイオン国立公園などが上位に並んでいますが、都市部からかなり離れた、イエローストーン国立公園と、グランドティトン国立公園、グレイシャー国立公園など美しい大自然を堪能できる特徴のある公園もランクインしています。
訪問者数の多かった、人気のアメリカ国立公園ランキング 1位から10位までをみてみましょう。

1. グレートスモーキー山脈国立公園
Great Smoky Mountains National Park

Blue Ridge Mountains (3)

アメリカ国立公園の人気ナンバー1は、グレートスモーキー山脈国立公園 (Great Smoky Mountains National Park) (地図) です。

世界遺産のアメリカ国立公園で、アメリカ東海岸にある数少ない国立公園のひとつです。グレートスモーキー山脈国立公園は、ノースカロライナ州からテネシー州にかけた山岳エリアにあります。

四季折々の様々な景色を楽しみつつハイキングなどを楽しめる公園で、紅葉の美しさでも知られています。周囲には景観が楽しめる、ブルーリッジパークウェイがあり春から秋にかけてのドライブ旅行に人気のエリアです。The Inn at Christmas Place のような地元民たちに人気のアメリカらしいアットホームなお宿に泊まって、近場の町も楽しみながら、そこを拠点に国立公園を訪れるのもおすすめです。
グレートスモーキー国立公園は入場無料です。国立公園の少ないアメリカ東部の広域から訪れやすいこともあり、なんと1944年以来、グレートスモーキー国立公園はランキングトップの人気をキープしています。昨年2021年は、1410万人と訪問者数の最高記録を更新しました。2022年は、若干減少し、1294万人の訪問者となっています。

2. グランドキャニオン国立公園 Grand Canyon National Park

Arizona (1)

アメリカの国立公園の中でも特に有名なのが、グランドキャニオン国立公園 (Grand Canyon National Park) です。ネバダ州のラスベガス、アリゾナ州のフェニックスなどを拠点にアクセスするのが一般的で、自分で車で訪れる以外にも、バス、ヘリコプター、ジープなど様々なツアーが出ています。朝日、夕日など光の辺り具合の変化により様々な広大な崖の絶景を見せてくれます。キャニオンの上からの眺めを楽しむのが一般的な過ごし方ですが、体力と時間があれば崖を下るトレッキングなども楽しめます。グランドキャニオン国立公園は、アメリカを代表する国立公園で、通常、海外からの旅行者が多いため、2019年は2位でしたが、その後大きく順位を下げていましたが、2022年は、再び2位に戻って来ました。2021年の訪問者数は、450万人でしたが、2022年は、473万人と増加しています。

グランドキャニオン 観光 絶景見どころガイド 朝日から夕日までモデルコースを徹底紹介!

3. ザイオン国立公園 Zion National Park

Zion National Park (7)

巨大な岩山が連なり聖なる雰囲気を醸し出しているのが、アメリカユタ州にある、ザイオン国立公園 (Zion National Park) です。ネバダ州のラスベガス、ユタ州のソルトレークシティーなどからのアクセスが便利です。初心者用から上級者用まで様々なハイキングコースがありますが、切り立った絶壁の間を流れる川を歩いていく The Narrow というコースが特に有名です。寒い冬でも、The Narrow にチャレンジする人が後を絶ちません。
2021年は、2019年を上回る、500万人もの人が訪れ、最高記録を更新しましたが、2022年は、若干減少し、469万人の人が訪れました。

ザイオン国立公園の見どころ 感動の大自然のおすすめスポット!巨大な赤い岩山で囲まれたザイオン渓谷

4. ロッキーマウンテン国立公園 Rocky Mountain National Park

Rocky-Mountains-National-Park

ロッキーマウンテン国立公園 (Rocky Mountain National Park) は、コロラド州 デンバー から近く、かなりの高地にある公園で、ハイキングから本格的な登山まで楽しめる自然がいっぱいの公園です。車でも3000メートル後半エリアまで簡単に訪れることができ、最高峰のロングスピークは、なんと 4345メートルと本格的な装備が必要となるレベルの山もあります。
2021年は、2019年よりは若干少ないですが、ほぼ同レベルの440万人が訪れていましたが、2022年は、若干減少し、430万人が訪れました。

ロッキー山脈を巡る絶景ロードトリップ アメリカの広大さを楽しむドライブ旅行モデルコース

5. アカーディア国立公園 Acadia National Park

acadia-national-park

アメリカ東海岸にある数少ない国立公園の一つが、メイン州のアカーディア国立公園 (Acadia National Park) です。海岸沿いにある公園で、メイン州のロブスターなどシーフードも堪能できる夏におすすめの旅行先です。メイン州のポートランドが最寄りの大都市ですが、ニューヨークから9時間程と少し遠いですがドライブで訪れることもできます。
2021年は、これまでで最高となる400万人もの人が訪れていましたが、2022年は、若干減少し、397万人が訪れました。

6. ヨセミテ国立公園 Yosemite National Park

San Francisco (3)

アメリカで3番目に国立公園に指定された歴史ある公園が、ヨセミテ国立公園です。ヨセミテ国立公園 (Yosemite National Park) は、世界遺産にも指定されています。巨大な岩山が林立し、そのスケールの大きさに圧倒される国立公園です。旅行先としてとても人気がある サンフランシスコ が最寄りにあるので、一緒に訪れるのがおすすめです。
2020年は、トップ10から外れていましたが、まだ2019年レベルには戻っていませんが、2021年は訪問者数330万人とだいぶ回復して来ていました。2022年は、367万人とさらに増加しています。

ヨセミテ国立公園 観光 感動の絶景スポット 見どころ 回り方 楽しみ方 世界遺産の人気アメリカ国立公園

7. イエローストーン国立公園 Yellowstone National Park

Yellow Stone

アメリカで最初に国立公園となった、イエローストーン国立公園 (Yellowstone National Park) は、他ではなかなか見ることができない珍しいカラフルな景観の自然が楽しめます。火山活動の激しいエリアで、間欠泉や温泉など地球の息吹を感じることができる公園です。バイソンやカモシカなどの野生動物を見ることができます。2019年は 5位でしたが、1947年以来の久しぶりの2位となっています。イエローストーン国立公園があるのは、訪れにくい人里離れたエリアで、近くの隣接する国立公園、グランドティトン国立公園と合わせて、多様な自然やリゾートライフが堪能できるのも人気の理由だと思います。
2021年は、2019年を大幅に上回る490万人もの人が訪れ、最高記録を更新しましたが、2022年は、大雨による土砂崩れで閉鎖されていた時期もあり、大幅減の329万人となっています。

イエローストーン国立公園 見どころ 観光モデルコース 世界遺産の絶景 間欠泉と温泉

8. ジョシュアツリー国立公園 Joshua Tree National Park

ジョシュアツリー国立公園は、ロサンゼルスから車で西に2時間程の場所にあり、園内には、無数のジョシュアツリーが林立し、幻想的な光景が楽しめます。2022年は、306万人が訪れました。
LA からアリゾナ州へのロードトリップの際に立ち寄るのにおすすめです。

アメリカ西海岸 LA 南カリフォルニア & アリゾナ旅行へ行って来ました!



9. クヤホガバレー国立公園 Cuyahoga Valley National Park

cuyahoga-valley-national-park-image

クヤホガバレー国立公園は、オハイオ州クリーブランド近郊にある、クヤホガ川を中心とする森林の公園です。パンデミック以前は、あまり知られていない国立公園でしたが、2020年には、訪問者が大幅に増え、7位に躍進していましたが、2022年も、291万人もの人が訪れ、再びランクインしています。清涼感溢れる川沿いで、ハイキング、サイクリング、カヌーなど様々なアクティビティが楽しめる公園で、ニューヨーク周辺からでもロードトリップで訪れることができます。クリーブランド、ピッツバーグなどと合わせて、訪れてみるのもいいと思います。

クリーブランドでは、美術館もおすすめです。

クリーブランド美術館 クリーブランドの美しいおすすめミュージアム Cleveland Museum of Art

シカゴと合わせても行けそうです。

▶️  シカゴの魅力とおすすめ人気観光スポット!

10. グレイシャー国立公園 Glacier National Park

Gracier National Park

グレイシャー国立公園 (Glacier National Park) は、周囲に大都市がなく不便な場所にあるのですが、それでもわざわざ訪れる価値のある美しい大自然あふれるアメリカ国立公園です。他の国立公園では見るのが難しい、マウンテンゴートやビッグホーンシープなどに出会える確立もかなり高く、トレッキングコースで氷河を訪れることが出来たりと満足度の高い公園です。カナダのカルガリーから割と近いのでカナディアンロッキーと一緒に訪れるのもおすすめです。
グレイシャー国立公園は、モンタナ州北部の大自然に囲まれたロケーションにあり、2021年は、2019年の訪問者数を若干超え、これまでで最高となる308万人もの人が訪れていました。2022年は、若干減少し、291万人が訪れました。



アメリカの人気国立公園のベストシーズンについてはこちらをどうぞ。

アメリカ国立公園のベストシーズンはいつ?

全米国立公園サービスエリア訪問者数ランキング

ナショナルパークサービス (NPS) は、国立公園以外にも、レクリエーションエリア、歴史的なメモリアル、景色を楽しむシーニックビューのパークウェイなども管轄しています。全ての管轄エリアを含めての訪問者ランキングはこちらです。

1. ブルーリッジパークウェイ Blue Ridge Parkway

Blue Ridge Mountains

ヴァージニア州、ノースカロライナ州、テネシー州にかけて続く景色の美しいパークウェイで、ヴァージニア州のシェナンドー国立公園エリアとノースカロライナ州とテネシー州にまたがるグレートスモーキー国立公園エリアを結んでいます。周辺には、アッシュビルなど、色々と見どころのある都市も多く点在し、ドライブ旅行に人気のエリアです。
アッシュビルでBBQ を楽しんだり、豪華なお屋敷 ビルトモア も是非訪れて欲しいです。
2022年は、1571万人が訪れました。

2. ゴールデンゲートナショナルリクリエーションエリア Golden Gate National Recreation Area

Baker Beach (2)

ゴールデンゲートナショナルリクリエーションエリアは、サンフランシスコ周辺のNPS管轄エリアで、かつての監獄の島として有名な アルカトラズ島 なども含まれます。
2022年は、1564万人が訪れました。

サンフランシスコ観光 おすすめ人気スポット徹底紹介!

3. グレートスモーキー国立公園 Great Smoky Mountains National Park

great-smokey-mountains

新緑の季節から紅葉までワシントンDC、バージニア州、ノースカロライナ州、テネシー州、ジョージア州を訪れた際、ちょっとハイキング気分の時に訪れるのにおすすめの国立公園です。ブルーリッジパークウェイからの絶景も一緒に楽しめます。
2022年は、1294万人が訪れました。

4. ゲートウェイナショナルレクリエーションエリア Gateway National Recreation Area

Rockaway Beach (10)

ニューヨークシティ周辺にある、ゲートウェイナショナルレクリエーションエリアです。聞きなれない名前ですが、実は、ニューヨーク周辺の広範囲の海岸エリアは、NPSの管轄エリアとなっています。ニューヨークシティの Jamaican Bay にある、ロッカウェイビーチ、スタッテンアイランドの海岸沿いの一部、ニュージャージー州のサンディーフックなどが含まれています。
2022年は、873万人が訪れました。

NYC夏のおすすめビーチ ロッカウェイ & Jacob Riis Park

5. リンカーンメモリアル Lincoln Memorial

WashingtonDC (22)

ワシントンDCを代表するスポットの一つが、リフレクティングプール (Lincoln Memorial Reflecting Pool) とその西端にある、リンカーンメモリアル (Lincoln Memorial) です。ワシントンDCを訪れる旅行者が必ず立ち寄る人気の観光スポットで上位に入っています。
2022年は、783万人が訪れました。

ワシントンDC 是非訪れたいおすすめ観光スポット10選



6. ジョージワシントンメモリアルパークウェイ George Washington Memorial Parkway

great-falls-park

アメリカ初代大統領のジョージ・ワシントン邸、Mount Vernon と、バージニア州ラングレーを結んだ、ポトマック川沿いの道路が、ジョージワシントンメモリアルパークウェイです。さらにポトマック川の上流にある Great Falls Park なども含まれています。ワシントンDC周辺でドライブ気分の時のおすすめコースです。
2022年は、740万人が訪れました。

7. ナッチェストレースパークウェイ Natchez Trace Parkway

natchez-trace-creek

ミシシッピ州ナッチェスから途中、アラバマ州を通り、テネシー州ナッシュビルに続くパークウェイです。ネイティブアメリカンの時代から利用されていたという歴史的な道、Natchez Trace 沿いに作られた道路です。
2022年は、654万人が訪れました。

8. ガルフアイランズナショナルシーショア Gulf Islands National Seashore

Gulf-Islands-National-Seashore-image
(Wikimedia)

メキシコ湾に面したフロリダ州とミシシッピ州の2州にまたがるアメリカ本土と島々からなる海沿いのエリアが、ガルフアイランズナショナルシーショア (Gulf Islands National Seashore) です。近くには、ペンサコーラビーチなど白砂が美しいビーチが多く、海辺で遊んだり、キャンプなどができる他、野鳥の観察なども楽しめます。
2022年は、569万人が訪れました。

9. レイクミードナショナルレクリエーションエリア Lake Mead National Recreation Area

Lake Mead

レイクミードは、ネバダ州とアリゾナ州にかけてある 1930年代に造られた巨大な人口湖で、フーバーダムがあることでも知られています。ミード湖周辺は、ナショナルリクリエーションエリアとなっていて、気持ちのいいドライブコースが整備されています。エリア内では、ビーチ、ボート、キャンプなど様々なアクティビティーが楽しめます。
2022年は、558万人が訪れました。

ミード湖には、有名なフーバーダムがあり、人気観光スポットになっています。

フーバーダム観光 ラスベガスから アメリカ驚異の7大巨大建造物

10. ベトナムベテランズメモリアル Vietnam Veterans Memorial

Vietnam Veterans Memorial (1)

ワシントンDCにあるベトナム戦争における戦没者を悼むメモリアルで、遺族、軍関係者をはじめ、多くの人が訪問するサイトとなっています。
2022年は、489万人が訪れました。

ワシントンDC ベトナムベテランズメモリアル ベトナム戦争戦没者慰霊碑



2020年の訪問者数は、こちら です。
人気の国立公園は値上がりしています。一年以内にいくつかの国立公園、パークウェイ、レクリエーションエリアなどを何回か利用する場合、アメリカ国立公園年間パス がおすすめです。

2018年は、ミズーリ州セントルイスに、トーマス・ジェファーソンによる西部開拓を記念する歴史公園、Gateway Arch National Park、2019年は、インディアナ州、ミシガン湖畔にある砂丘を中心とする、インディアナデューンズ国立公園 (Indiana Dunes National Park) と、二つの新しい国立公園も誕生しています。

2020年には、これまでナショナルモニュメントだった ホワイトサンズが、ホワイトサンズ国立公園 (White Sands National Park) になりました。真っ白な砂が一面に広がり、夕日が照らす瞬間がとても幻想的で美しい素敵な場所です。

ホワイトサンズ国立公園 白砂の絶景!おすすめの見どころと楽しみ方

また、2020年末に、ウエストバージニア州に、ニューリバーゴージ国立公園 (New River Gorge National Park) が誕生しました。こちらも川沿いのダイナミックな自然の景観が楽しめる公園で、少し遠いですが、ニューヨーク周辺からロードトリップで訪れることもできる新スポットです。

アメリカ国立公園の旅行など、あまり人の多くない、大自然の真っ只中で過ごすスタイルの旅行も今人気ですが、シティスタイルの旅行も変わらず人気です。アメリカ旅行の人気都市もご覧ください。

アメリカ旅行 おすすめベスト25 2024年最新人気都市ランキング!

アメリカ国立公園人気ランキング ベスト10!ナショナルパークサービス訪問者数 was last modified: 3月 11th, 2024 by mikissh