The High Line (8)

ニューヨーク コロナ感染者がもらえるお役立ちグッズパッケージが気が利いてる!?ニューヨーク州学校再開可能に

The High Line (8)

ニューヨークでは、コロナの感染者数を低いレベルで保ちながら、順調に経済再開を進めていて、コロナ予防を徹底しながらのニューノーマルの生活が、すっかり定着してきています。そんな中、注目を集めていたのが、秋からの学校の行方でしたが、今日、ニューヨーク州知事のクオモさんは、ニューヨーク州内の学校を再開可能とすることを発表しました。また、NYC では、コンタクトトレーシングのプログラムもしっかりと稼働中で、感染者に対して、様々なサービスを提供してくれています。今後は、感染者にお役立ちグッズパッケージの配布をはじめるそうです。

NYC は、ほんの数ヵ月前は、世界、アメリカのコロナ流行の中心地で、医療機関のキャパシティもいっぱいになっていましたが、現在は、落ち着きつつあります。
あまりの蔓延ぶりで、コンタクトトレーシング が役に立つのか、疑問もありましたが、NYC は、モバイルアプリは採用せず、短期間で、数多くのコンタクトトレーサーを拡充し、大規模な組織を立ち上げ、驚かされました。コンタクトトレーシングはもちろん、その他、必要に応じてホテルの手配など陽性者のケアにも当たっていて、雇用対策の側面もあると思いますが、価値あるサービスを提供していると思います。

ニューヨーク市長の今日の記者会見では、陽性者に、コロナ拡散防止用のお役立ちグッズのパッケージを配布することも発表されています。
マスク、ハンドサニタイザー、除菌ワイプなどの定番グッズから、体温計、そして、なんと酸素の血中濃度を測定できるパルスオキシメーターまで用意されていてビックリです。パルスオキシメーター(こういうの)は、私も万が一のために買おうか迷った時がありましたが、一時期かなり高値になっていて、入手が難しかった時もあったので、もらえたら助かるし、除菌ワイプなども売れ切れている時がまだあるので、本当に気の利いたお役立ちグッズのパッケージです。

nyc-covid-19-package

ニューヨークでは、コロナのPCR検査も無料となっています。現在では、陽性率は、毎日、1-2% 程で、数百人程の新規陽性者が出ている状況が続いています。

ニューヨーク コロナPCR検査を誰でも無料で受けられるようになりました! 落ち着いてきたNYC 再開のための特別対策

ニューヨーク州では、屋内、公共交通機関、ソーシャルディスタンスが取れない状況では、マスク着用が義務付けられています。無症状で症状が出る前の人からの感染確率を減らすのにマスクでの予防効果は大きいと思います。

ニューヨークがこんなにマスクに本気になるなんて We ♡ New York

今日、ニューヨーク州知事のクオモさんにより、ニューヨーク州全域での現在の感染状況から、秋からの学校再開を可能とすることが発表されました。ただし、今までの通常時の学校のままというわけにはいかず、マスク着用必須であることや、学校に同時にやって来ることができる生徒の人数制限なども設けられた、コロナ対策特別ルールの下での対面授業の再開となります。流動的で、検査での陽性率が高くなるなど感染状況が悪化すれば、再び閉鎖となることもあるようです。それぞれの学校、学区が、再開計画を提出し、レビューが行われるそうです。他の大都市圏では、オンライン授業のみが予定されていますが、他に先駆けて、ニューヨークシティでは、学校での対面授業が、オンラインとの併用で、少しづつではありますが、はじまりそうです。

屋内での活動が主となる学校の再開が決定されたことで、今現在まだ再開されていない、NYC のモールやミュージアムの再開も、もうすぐかもしれません。ジムや映画館もまだ再開されていません。
レストランやバーの屋内利用に関しては、飲食時にどうしてもマスクを外してしまうので感染率が高く、今後も先が読めない状態が続くかもしれません。

フェーズ4 ニューヨーク経済再開の最終段階スタート!

今となっては、遥か昔の出来事の気がしますが、ニューヨークの新型コロナ危機の推移は、こちらです。

ニューヨークのコロナ現状と対策 まとめ NYコロナ感染ピークを迎える?!

ニューヨーク コロナ感染者がもらえるお役立ちグッズパッケージが気が利いてる!?ニューヨーク州学校再開可能に was last modified: 8月 8th, 2020 by mikissh