Oculus WTC (1)

オキュラス ニューヨークの新名所 迷宮 Oculus へ!

Oculus WTC (1)

新ワールドトレードセンターの交通の要として、10年以上の歳月と総額約 40 億ドル (約 4500 億円) という莫大な費用が投入され、建築されていたオキュラス (OCULUS) が、とうとう、今月、3/3 にオープンしました。ワールドトレードセンター周辺は、お隣の州 ニュージャージーへ行く PATH トレインや多くのニューヨーク地下鉄の路線も集まっており、それらを結ぶ便利なトランスポーテーションハブとして、活躍することが期待されています。ということで、さっそくオキュラス (OCULUS) 目指して行ってみました!

Oculus WTC (8)

オキュラス (OCULUS) に到着、最初の印象は、まるでスケートリンクのよう。真っ白の空間で、まだできたばかりの建築のフロアが美しく、まるでリンクの氷のようなきらめきです。

Oculus WTC (2)

天井をみあげてみると、こんな感じで美しいです!OCULUS とは、ラテン語で「眼 (eye)」という意味です。
建築は世界的にも有名な建築家、スペインのサンティアゴ・カラトラバ (Santiago Calatrava) さんによるもので、ニューヨークにまたひとつ素晴らしい建築のアート作品が登場したという感じです。

Oculus WTC (6)

2004年アテネオリンピック会場のデザインもした、サンティアゴ・カラトラバ (Santiago Calatrava) さん、当時、本当にひっぱりだこな建築家だったようで、オキュラス (OCULUS) のデザインの他に、ニューヨークのコンドやシカゴの超高層ビルの設計なども引き受けていました。最終的には、金融危機による景気の悪化もあり、それらのプロジェクトは中止となったようですが、オキュラス (OCULUS)は、ようやく完成まで辿り着きました。

Oculus WTC (4)

こちらのビデオでは、サンティアゴ・カラトラバさんがオキュラス (OCULUS) のデザインについて説明しています。

こんな通路が上下階にあり、たくさんのリテール用スペースがありますが、今のところ、どこを見ても同じデザインで、迷宮に迷い込んでしまった感じを受けます。

Oculus WTC (5)

近々、ここにずらっとお店が並ぶと壮観かもしれませんね。ショッピングを楽しめる新スポットとなりそうで楽しみです。
これから入る予定になっているウエストフィールド(Westfield) のショップは、FIKA、 Eataly、 Épicerie Boulud、 La Colombe、 Nunu Chocolates、 Joe Coffee、 Nobletree Coffee、 Kusmi Tea などニューヨークでおなじみのカフェやティー、チョコレートショップなどから始まり、その他おなじみのファッション、コスメなどのブランド、Kiehl’s、 Kate Spade、 L’Occitane、 Lacoste、 MAC Cosmetics、 Micheal Kors、 Montblanc、 Sephola、 Swatch、Victoria’s Secret などなどアメリカモールの定番ブランドが色々やってきます。日本の和菓子 Minamoto Kitchoan も入るようですよ。

Oculus ワールドトレードセンターにニューヨーク最新のショッピングモール登場!Westfield World Trade Center

Oculus WTC (3)

美しく完成しているところばかりを載せていますが、実は、まだまだ全体的には未完成の部分が多く、工事は進行中です。これだけのコストをかけてつくられたオキュラス (OCULUS)ですが、公開日に華やかなオープニングセレモニーは一切なしでした。その一番の理由はきっとこれですね。おそらく、夏頃お店も入って、今度こそ本当に全てが完成したときになんらかのイベントが行われるのかもしれませんね。

Oculus WTC (7)

実は、オキュラス (OCULUS)は、トランスポーテーションハブとは言うものの、まだニューヨークの地下鉄の駅に接続されていないので、どこから入っていいのか迷いました。地下に駅同士がつながる道があるのかと思っていたのですが、実際はそんなことはなく、普通に地上で移動するので、街中で入り口を探さないといけないのです。現在の所、ハブで近道になるどころか、むしろぐるぐると遠回りになっている印象です。

Oculus WTC (12)

取り敢えず、ワールドトレードセンターの前にあるPATHの駅に向かった所、それでもどこにも入り口が見当たらないので、オキュラス (OCULUS) への行き方を尋ねてみると、複雑な道のりと一緒に、それより、ブルックフィールズ・プレイスに行ったほうがいいよ、美味しい食べ物屋さんもあるし、綺麗なお店もいっぱいあるよ、と教えられます。とても親切な人で、旅行者と思われたかな? 地元民だったら、オキュラス (OCULUS) へ行っても、まだお店屋さんも入っていないし、ハブとして機能していないので、今の所、わざわざやってくる価値はないかもしれません。

Oculus WTC (11)

今回は辿り着くまでに苦労しましたが、実は、ニューヨーク側の入口は、4 World Trade Center のある Liberty St. & Church St.の交差点にあります。

ブルックフィールドプレイスへとつながる道です。

Oculus WTC (9)

道を聞いたときにおすすめされた「ブルックフィールズ・プレイス」は、こちらの記事にあるお店です。

ブルックフィールドプレイス&ル・ディストリクト ダウンタウンのグルメスポット

Oculus WTC (10)

Oculus WTC (13)

オキュラス (OCULUS) と、ワンワールドトレードセンターを眺めて。総額約 $8 billion (80億ドル=約 9000 億円)のビューです。そう、このオキュラス (OCULUS) は、ワンワールドトレードセンターと同じくらいコストがかかりました。
そんな巨額なコストに批判も多いようですが、日銀や ECB(ヨーロッパ中央銀行)をはじめ、各国の中央銀行による、株式、社債、不動産など金融資産の買い上げという経済政策が当たり前の世界となりつつある昨今、それに使っている資金規模を考えるなら、同じ方向性の政策の一環としては悪くないのかもしれません。

Oculus WTC (14)

ゴージャスなワンワールドトレードセンターの展望台など、この周辺を訪れたら、この印象的なオキュラス (OCULUS) にも足を運んでみるといいかもしれません。

ワンワールド展望台 ワールドトレードセンター観光大特集

このオキュラス (OCULUS) は、どんなお店が入るか次第で、大人気スポットになっていく可能性が大いにあるので、これからどうなっていくのか楽しみです。

オキュラス ニューヨークの新名所 迷宮 Oculus へ! was last modified: 6月 27th, 2020 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です