Paris (38)

パリ空港への行き方 地下鉄の乗り方 パリ旅行で知っておきたい交通基本情報

Paris (41)

先日、訪れたパリ旅行では、パリ一都市での滞在型の旅行だったため、パリ周辺のあらゆる公共交通機関を利用する機会がありましたが、総じて快適でとても便利でした。特によく利用したのがパリの地下鉄で、出入口がアールヌーヴォー風でパリらしいお洒落な雰囲気が印象的でした。パリでは若干戸惑った出来事も何度かありましたが、移動しやすい街で、旅行者にとってもわかりやすい街でした。その都市毎に、独特な交通事情やルールがありますが、今回は、パリへの旅行者に役立つ、パリの交通事情、空港への行き方などパリ旅行をする上で知っておきたいパリ交通基本情報を紹介します。

Paris (38)

パリの空港から市内への行き方

Paris (39)

パリには、パリ中心から北東25㎞にある シャルルドゴール空港 (Paris Charles de Gaulle Airport) と、南13㎞にある オルリー空港 (Paris Orly Airport) という、二つの国際空港があります。東京からの直行便は、シャルルドゴール空港となりますが、ニューヨークからの場合は、シャルルドゴール空港、オルリー空港共に数多くの便があります。どちらの空港からも市内までは、電車やバス、タクシーなど交通手段には、様々な選択肢があります。ライドシェアサービスを利用する場合は、パリでは、Lyft はないので、Uber を利用することになります。

シャルルドゴール空港 CDG

cdg-terminal-map
(CDG terminal map)

シャルルドゴール空港 (Paris Charles de Gaulle Airport) からパリ市内までの行き方

① 電車 RER B
乗り場:ターミナル2 料金:€10.30
荷物が少なく、渋滞に巻き込まれるような時間帯の場合は、電車での移動がおすすめです。

② 直通バス (Le Bus district: The Roissy Shuttles)
パリの凱旋門、エッフェル塔、モンパルナス駅などの近くが目的地の場合は、直通バスの利用も便利です。

③ タクシー
料金:セーヌ川より北(右岸) € 50.00、セーヌ川より南(左岸) € 55.00 詳細は、こちら

④ Uber
目的地までの距離など状況によりますが、料金はタクシーと同程度か若干安い感じです。

オルリー空港 ORY

ory-terminal-map
(ORY terminal map)

① Orlyval + RER B
料金:€13.25 
荷物が少なく、パリ中心に滞在する時に、一番おすすめの方法。

② オルリーバス Orlybus
料金:€8.50 
パリ南部の Denfert-Rochereau Metro/RER 駅に到着するので、その周辺に滞在する場合におすすめ。

③ タクシー
料金:セーヌ川より南(左岸)まで € 30.00、セーヌ川より北(右岸)まで € 35.00 詳細は、こちら

④ Uber
目的地までの距離など状況によりますが、料金はタクシーと同程度か若干安い感じです。

どちらの空港からも、大きな荷物があったり、深夜に到着する場合などは、タクシーや Uber を利用し、直接、目的地まで行ってしまうのがベストです。
どの空港でもそうですが、白タクなど公式サービス以外の利用は、絶対に避けましょう。

パリの市内交通

パリ周辺での主な移動手段は、①地下鉄、②バス、③RER(パリ中心と郊外を結ぶ電車)です。
この他、モンマルトルの丘下からサクレクール寺院へ向かう坂の途中を結ぶ Montmartre Funicular や、パリ中心から少し離れた場所にある地上を走るトラムなどもあります。

地下鉄

1900年開通のパリの地下鉄は、、ロンドン、グラスゴー(イギリス)、ブダペスト(ハンガリー)に次いで長い歴史を誇る地下鉄です。
パリの地下鉄は、階段が多く、エスカレーターやエレベーターはあまりないので、大きな荷物を持っての移動には不向きです。地下鉄の路線間の乗り換えにかなり長い距離を歩く必要があったり、途中お店屋さんがあったりし、東京の地下鉄に似ている印象です。ちなみに東京の地下鉄は、1927年開通、ニューヨークの地下鉄は1904年開通です。

Paris (40)

パリの地下鉄は、1番線から14番線まであり、さらに3番線と7番線には、3bと7bという線もあり、合計で16本もの路線があります。
朝5時30分から通常は、深夜1時過ぎまで、金曜日、土曜日は深夜2時過ぎまで運行されていて便利です。
パリの地下鉄はゾーンがあり、PER とバスはゾーンで料金が異なります。地下鉄は、ゾーンに関係なく、全て一律の料金となっています。

paris-metro
(RATP Metro Map)

バス

土地勘のない旅行者が、なかなか利用しにくいのがバスですが、グーグルマップなどを利用すれば、歩く距離を短縮できたり、地下鉄などでは行きにくい場所にも行きやすかったりと便利な存在です。運転手さんから乗車券を直接購入すると割り増し料金となります。乗り放題パスまたは回数券を持っているとより気軽に利用できると思います。

Paris (42)

RER

パリの RER は、パリを中心に郊外とを結ぶ地域急行鉄道網 (Réseau express régional) です。RER は、AからEまでの5つの路線があります。旅行者が利用することが多いのが、オルセー美術館駅へのRER C 、シャルルドゴール空港へのRER B、オルリー空港への RER B または、RER C、ベルサイユ宮殿へのRER C などです。

Paris (47)

SNCF

パリからフランス各都市や周辺国を訪れる場合、目的地に応じてパリにある7駅から国鉄 (SNCF) を利用します。

・パリ・北駅 (Gare du Nord)
・パリ・東駅 (Gare de l’Est)
・パリ・オーステルリッツ駅 (Gare d’Austerlitz)
・パリ・ベルシー駅 (Gare de Bercy) 
・パリ・リヨン駅 (Gare de Lyon) 
・パリ・モンパルナス駅 (Gare Montparnasse)
・パリ・サン・ラザール駅 (Gare Saint-Lazare)

paris-sncf-stations
(SNCF Map)

乗車料金

パリ周辺の乗車料金は、乗り継ぎ、ゾーンの扱い方など細かなルールがありますが、大まかに言うと、全ての公共交通機関共通で、下図のゾーンに応じて決められています。パリの中心が、ゾーン1、中心から離れるにしたがって、ゾーンの数字が大きくなっていきます。パリの主な観光スポットは、ゾーン1に集まっていますが、例えば、オルリー空港やヴェルサイユ宮殿がゾーン4、シャルルドゴール空港、ディズニーランド、フォンテーヌブロー宮殿などがゾーン5にあります。
駅によっては、券売機や窓口はかなりの混雑となるので、できれば前もって乗り放題の乗車パス、または回数券を購入しておくのがおすすめです。

paris-zone-map
(Paris RER Map)

普通乗車券 (t+ tickets)

通常の乗車券は、メトロ全域と、パリ市内(ゾーン1)のRERとバスをカバーする t+ tickets で、1枚、€1,90 、10枚分まとめて購入すると、€14,90 となります。ちなみに、券売機は、英語表示の選択も可能です。
乗車券は、日本の切符のような形の磁気式のチケットで次の組み合わせで乗り換えができます。
① 地下鉄 & RER(メトロ入場後2時間以内) ② バス & トラム(最初の打刻から90分以内)のいずれかに使用できます。
一枚のチケットで、地下鉄からバスへの乗り換えは、できません。

参考 T+ tickets

Paris Visite travel pass (1, 2 ,3 ,5 days)

日数 Zones 1 to 3 – adult / child Zones 1 to 5 – adult / child
1 €12,00 / €6,00 €25,25 / €12,60
2 €19,50 / €9,75 €38,35 / €19,15
3 €26,65 / €13,30 €53,75 / €26,85
5 €38,35 / €19,15 €65,80 / €32,90

Paris Viste Travel Pass

パリ観光に便利なパリパスには、日数に応じたゾーン1から3までの Paris Visite travel pass が付いてきます。

パリパス The Paris Pass おすすめ観光パスのお得な利用方法徹底紹介

Mobilis 一日パス

ゾーン 料金
1-2, 2-3, 3-4, 4-5 7,50€
1-3, 2-4, 3-5 10,00€
1-4, 2-5 12,40 €
1-5 17,80 €

Mobilis

Mobilis には、子供料金はありませんが、週末のみ、26歳以下の人を対象に、格安の一日パス (Weekend day passes for youth) があります。

ゾーン 料金
1-3 4,10€
1-5 8,95€
3-5 5,25€

参考 Weekend Day Pass for youth

Navigo 1週間パス & 1ヵ月パス

パリに一週間以上滞在し、上手くタイミングが合えば、一番お得なのが、Navigo Découverte です。例えば、パリ周辺の1-5まで全てのゾーンで乗り放題となる一週間券が、22.80€、1カ月券が、75.20€とかなりリーズナブルなパスですが、旅行者にとって、大きな制約となるのが、パスの期間と購入できるタイミングが決まっていることです。一週間券の場合、有効なのは月曜日の00:00から日曜日の23:59までの間で、木曜日まで購入可能で、金曜日以降は、翌週の一週間券となります。一ヵ月券の場合は、1日からその月の最終日までで、その月の20日まで購入でき、それ以降は、翌月の一ヵ月券となります。Navigo は、通常のチケットと異なる非接触型ICカード形式のため、購入には写真が必要となり、€5 かかります。長期滞在者向きのパスです。

参考 Navigo

注意事項

Paris (46)

乗車

乗車中、検札でチェックされることもあるので、入場時に使用した乗車券はなくさずに保持しておく必要があります。パリの駅では、ニューヨーク同様、入場時のみ改札を通るのに必要で、改札を出る際は必要ないことが多いので、しばらく利用していると、改札を通った後、乗車券を気にしなくなってしまいますが、しっかりと改札を出るまで持っていましょう。
パリでは乗り越し精算ができないので、入場時に目的地までのチケットを購入する必要があります。検札時に目的地への乗車券がない場合は、罰金が科されます。

地下鉄の路線によっては、レトロな車両があり、乗降時に、自分でドアの開閉操作をする必要がある場合があります。それが下の写真のような車両の時です。ドアにこのレバーがあるときは、上に回して開けます。

Paris (43)

今回のパリ旅行で一度だけ地下鉄でトラブルがありました。買ったばかりの10枚の回数券チケットの磁気が壊れていて改札を通れない時がありました。そのような状態になった場合は、早目に窓口でチケットを取り替えてもらうのがベターです。
窓口でその旨を説明すると、通常、チケットをチェックして交換して通してくれますが、稀に使用済みだからと言い張って相手にしてくれない係員もいました。回数券でこのような状態が1枚でも起こった場合、残りのチケットでも同じ状態になることが多いので、全てのチケットを新しいものに取り替えてもらうと安心です。

乗り放題パス

乗り放題乗車パスを利用する場合、使用する前に、氏名、日付を自分で書き込みます。書き込みがない場合は、検札時に罰金となります。乗車パスは、一度改札を通すと一定時間再入場はできません。パリのほとんどの駅は、構内で、反対側のプラットフォームに移動できますが、時々、移動できない駅もあります。そんな駅で間違えた改札から入場してしまい、戻って反対側の改札から入場しようとすると入れませんでした。近くに窓口があれば、その旨を説明すれば改札を通してくれますが、そうでない場合は不便なので、一旦逆方向の電車に乗り、別の駅で引き返してくるといいかもしれません。

電車が来ない・駅が閉鎖

フランスは、ストライキが多い国です。旅行期間中にストが予定されているかチェックしておきましょう。
実は今回のパリ旅行中も本当は一日ストライキが予定されていた日があったのですが、結局当日は平常通りに運行しました。そのように逆に、ストが予定されていても、行われないこともあります。
ニューヨークでもそうですが、電車や地下鉄は、様々な理由で、運休や駅の閉鎖などが起こるので、フレキシブルに対応する必要があります。
今回の旅行では、ヴェルサイユ宮殿を訪れた帰りに、突然最寄りの駅が閉鎖され、隣の駅まで歩くことになりました。夕方だったのでたくさんの人が移動することになり、着いた先の駅では、チケット購入のため大行列になっていました。乗り放題のパス、または、帰りのチケットを前もって購入しておくとこんな時にも便利です。

Paris (45)

パリの中心部は、様々な地下鉄の路線、バスがあるので、ある路線が停止していても、他の路線を利用し、目的地に向かうこともできることが多いです。常に、スマホを使用できるようにしておくと便利です。

パリのスリ対策

パリの地下鉄などではスリに注意が必要です。混んでいる場所では、特に注意が必要となります。
スリに注意しましょうのアナウンスが頻繁に流れていたからか、地下鉄でスリのような人は見かけませんでした。ところでそのアナウンス、日本語でも流れていてびっくりしました。

フランス、パリは、一度訪れると、何度でも訪れてみたくなる、魅力的な楽しい街です。そんなパリの見どころとグルメはこちら!

パリ観光おすすめ人気スポット37選 アートにグルメ パリで是非楽しみたい見どころ徹底紹介!

パリは写真映えするとても美しい街です。楽しいパリ旅行を♡

パリ旅行 フォトジェニックなパリでアートとグルメを堪能する旅

パリ空港への行き方 地下鉄の乗り方 パリ旅行で知っておきたい交通基本情報 was last modified: 6月 10th, 2019 by mikissh