Philadelphia (1)

フィラデルフィア旅行 NYから一泊二日の週末旅行におすすめ!印象派アートと建築の宝庫 アメリカ独立宣言の街フィリーへ

Philadelphia (1)

フィラデルフィア(通称 フィリー)は、一泊二日旅行で訪れるのにおすすめの街です。ニューヨークから車で2時間程の距離にある、フィラデルフィアは、アメリカ初期の中心都市であった、アメリカ独立宣言が出された歴史ある街です。フィラデルフィアは素晴らしいミュージアムも多く、印象派コレクションで名高いバーンズコレクションをはじめとし、現在、印象派の豪華特別展がフィラデルフィア美術館で開催されており、印象派アート好きに大変おすすめです。フィラデルフィアはグルメも名高く、名物フィリーチーズステーキだけでなく、最近では、色々と新しいレストランも登場しており、今年、James Beard Award で、全米一のレストランに選ばれたばかりの Zahav という素敵なレストランもあり、グルメも満喫できる楽しい旅ができます。

Philadelphia (2)

フィラデルフィアへ

フィラデルフィアは、ニューヨークから車で2時間程と訪れやすい街です。多くのバスがニューヨークとフィラデルフィアを結んでおり、バス料金も片道10ドル前後という手軽さで訪れることができます。フィリーの中心部のみを訪れる場合は、駐車場探しがなかなか大変なので、バスを利用するのもおすすめです。例えば、WanderuBusbud などを利用すると色々なバス会社のバススケジュールを一気にまとめて検索できます。バス会社によって、発着場所が異なるので、ホテルの場所や行きたい場所に近い、便利なバスを選びましょう。
フィラデルフィアの街中の移動は、地下鉄やバスなどの公共交通機関もありますが、Uber や Lyft もあり、とても便利に移動できます。

フィラデルフィアは、歴史を感じさせるレンガ造りの建物から、ポストモダン建築の高層ビルまで幅広いスタイルの建築も楽しめます。

Philadelphia (4)

フィラデルフィア美術館

The Philadelphia Museum of Art (4)

今回の旅の目的の一つだったのが、フィラデルフィア美術館で開催されている印象派展、The Impressionist’s Eye の特別展でした。先日ロンドンの ナショナルギャラリー で見られなかった有名な「ゴッホのヒマワリ」をはじめ、モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌなど、フィラデルフィア美術館のコレクションの素晴らしい印象派の作品が一堂に展示されている、おすすめの豪華特別展です。

The Philadelphia Museum of Art (5)

フィラデルフィア美術館は、現在、有名建築家 Frank Gehry デザインの拡張リノベーションの工事中で、印象派の作品群が通常の展示とは場所を変え、企画展となって、絵画や彫刻と共に珍しいデッサンなど多くの作品が展示されています。会場には、たくさんの人がやって来ていて、大盛況になっていました。2019年8月18日までの開催です。その他の フィラデルフィア美術館の見所と作品 も合わせてみてみてください。

The Philadelphia Museum of Art (6)

フィラデルフィア美術館には、とても人気の写真スポットがあります。ローガンスクエアから、ベンジャミン・フランクリン・パークウェイを進んで行くと、真正面に巨大なフィラデルフィア美術館が現れますが、その美術館の右手前に、人気写真スポットのロッキー像があります。いつも大行列で、みんながロッキーポーズをしています。

The Philadelphia Museum of Art (3)

フィラデルフィア美術館の詳細はこちら。

フィラデルフィア美術館の見所 作品 回り方を徹底紹介 全米有数のミュージアム Philadelphia Museum of Art

バーンズコレクション

Barnes Foundation Philadelphia (1)

フィラデルフィアを訪れたら、印象派好きは、是非訪れたいのが、バーンズコレクションです。膨大な印象派コレクションで有名なバーンズコレクションの美術館には、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソなどなど印象派アーティストの作品が、壁いっぱいに飾られています。

Barnes Foundation Philadelphia (2)

特にルノワールの作品に関しては、なんと200点近くもあります。現在でも、バーンズさんが飾っていた通りに作品が展示されていて、その独特の飾り方のセンスも見どころです。以前は、館内での写真撮影は禁止になっていましたが、今はOKになっています。

Barnes Foundation Philadelphia (3)

バーンズコレクションは、こちらで詳しく紹介しています。

バーンズコレクション フィラデルフィア 貴重な印象派作品で有名な美術館

自然科学アカデミー

今回、初めて訪れてみたのが、ローガンスクエアにあるドレクセル大学のアカデミー・オブ・ナチュラルサイエンス (The Academy of Natural Sciences of Drexel University) です。1812年に設立されたというアメリカ最古の歴史ある自然史博物館です。

The Academy of Natural Sciences of Drexel University (2)

博物館の見どころの一つ、恐竜ホールでは、迫力の展示が見られます。1868年に、世界で初めて、恐竜の骨が一般公開されたのが、こちらの博物館だそうです。2019年6月30日からは、新特別展、Dinosaurs Around the World がはじまります。

The Academy of Natural Sciences of Drexel University (1)

イースタン州立刑務所

フィラデルフィアの隠れ人気スポット、イースタン州立刑務所 (Eastern State Penitentiary) も訪れてみました。19世紀前半から20世紀後半まで使用されていた刑務所で、国家歴史的建造物 (National Historic Landmark) に指定されています。ビックリする数の独房がずらりと並んでいます。

Eastern State Penitentiary Philadelphia (1)

アメリカの有名な刑務所といえば、サンフランシスコの人気観光スポット、脱獄不可能な アルカトラズ島 を思いだしますが、そのアルカトラズでもお馴染みのマフィアのボス、アル・カポネが、このイースタン州立刑務所に収監されていたこともあったそうです。アメリカ独立期とは、また少し違った時代のアメリカの歴史が分かります。

Eastern State Penitentiary Philadelphia (4)

アメリカ独立の観光スポット

フィラデルフィアといえば、まず思い浮かぶのが、世界遺産にも指定されている独立記念館 (Independence Hall) と 自由の鐘 (Libety Bell) です。初めて訪れる人は、是非訪れたいフィラデルフィアの見逃せない観光スポットです。

Philadelphia (2)

フィラデルフィア旅行 厳選観光スポット!世界遺産・歴史を感じる街

独立記念館周辺は、何度も訪れているので、今回は、アメリカ独立にちなんだ博物館を訪れてみました。アメリカ革命博物館 (American Revolution Museum) は、独立記念館から徒歩5分程の場所にあります。2017年にオープンしたばかりの新しいミュージアムです。

Museum of the American Revolution Philadelphia (1)

植民地時代の軋轢、独立戦争などアメリカ独立の歴史が、映像作品や遺品の展示などにより詳しく紹介されています。ジョージ・ワシントンが使用したとされるテントの展示がハイライトであります。

Museum of the American Revolution Philadelphia (2)

ロウズ フィラデルフィア Loews Philadelphia

フィラデルフィア旅行で今回滞在したのは、フィラデルフィアの街の中心のとても便利な立地にあるホテル、ロウズ・フィラデルフィア (Loews Philadelphia) です。フィラデルフィアの街の中心の、本当の中心に位置していて、人気のグルメマーケットもすぐそばにあり、観光にもとても便利でした。歴史的な高層ビルのホテルで、お部屋は、広々としていてとても快適でした。

Philadelphia (3)

このホテルの魅力は何といってもお部屋から見えるこちらの絶景です。フィラデルフィアの中心にある高層ビル群の絶景が目の前に楽しめます。
PSFSビルとも呼ばれる1930年代に完成したアールデコ期のかっこいいオフィスビルが、おしゃれホテルに生まれ変わったホテルで、歴史や建築好きにもおすすめです。

Philadelphia (1)

フィラデルフィアのおすすめレストラン Zahav

今回のフィリー旅行で、是非訪れてみたかったのが、地中海料理の Zahav レストランでした。先日、発表された今年の James Beard Award (2019) で、全米 No.1 のアウトスタンディングレストランに選ばれたお店です。席を予約しようと思うと、相当先になってしまいますが、バーカウンターであれば、当日予約なしでも訪れることができます。ウォークインの場合は多少の待ち時間覚悟で、早めに来るのがおすすめです。

Zahav (1)

最近、地中海系小皿料理のお店がアメリカで増えていて人気となっていますが、ここ Zahav も、そんなイスラエル料理のお店で、店内の雰囲気もよく、一品一品のお料理も素晴らしく、フィラデルフィアのおすすめレストランです。

Zahav (2)

他にも色々フィラデルフィアのおすすめレストランがあります。BARBUZZO もとても人気のお店です。

フィラデルフィアのおすすめレストラン グルメなチーズ料理とワインを堪能

リーディング・ターミナル・マーケット Reading Terminal Market

フィラデルフィアのおすすめ朝食、ランチスポットといったら、リーディング・ターミナル・マーケット (Reading Terminal Market) です。朝食は、人気の老舗ドーナツ屋さん、Beiler’s Doughnuts で美味しいドーナツを頂きます。フェデラルドーナツ と並ぶフィラデルフィアの人気のドーナツ屋さんです。

Reading Terminal Market Philadelphia (1)

こちらは、マーケットのシンボルのブタさん。夜は早くに閉まってしまいますが、朝ご飯やお昼ご飯におすすめのお食事スポットです。フィラデルフィアを訪れるときには必ず一度はこのマーケットに来ています。

Reading Terminal Market Philadelphia (3)

リーディング・ターミナル・マーケットには、老舗の美味しいアイス屋さんなどもあり、色々おすすめスポットがあり楽しめます。

フィラデルフィアのグルメ「リーディング ターミナル マーケット」「Yards」

最古のパブ McGillins Olde Ale House

フィラデルフィアの夜のおすすめのお店はこちら、街の中心にある、1860年創業のフィラデルフィア最古のアイリッシュパブ、McGillin’s Olde Ale House です。ペンシルバニア州では、入店時、ニューヨークより厳しく年齢チェックされるので、必ずIDの提示が必要になります。お店のドアマンさんがフレンドリーな人で、入店のIDチェックの時、必ず何かコメントしてくれるのも面白かったです。このお店の人は総じてフレンドリーな人が多く親切でした。

McGillin’s Olde Ale House Philadelphia (1)

McGillin’s Olde Ale House は、お店の外観も中もとても賑やかな飾り付けで、思わず写真を撮りたくなる雰囲気でした。フィラデルフィア最古のアイリッシュパブというと男性が多いイメージがありましたが、このお店は、女性のお客さんもとても多かったです。

McGillin’s Olde Ale House Philadelphia (2)

McGillin’s Olde Ale House のテイスティング、サンプラーを頼んだみたところ、びっくりする量がやってきました。グラスが全然サンプラーサイズじゃない大きなグラスで6種類もあります。種類は昔ながらのビールが中心ですが、今風のIPAもありました。食べ物も美味しく、値段もリーズナブル価格でおすすめです。

McGillin’s Olde Ale House Philadelphia (3)

フィラデルフィアのまだまだある見どころ

フィラデルフィアの街中をお散歩していると、色々なパブリックアートにも出会えます。こちらは、フィラデルフィアの歴史ある美術教育機関、Pennsylvania Academy of the Fine Arts のお隣にある、巨大な筆と飛行機。

Philadelphia (5)

フィラデルフィアで美術館や博物館がたくさん集まっているエリアがあります。美しい噴水のある、ローガンスクエアから北西方面のフェアモントパークにかけてのエリアで、ここに来れば、歩いて、ミュージアム巡りをすることができます。フィラデルフィアの有名どころのミュージアムも多く、1日2-3か所は見て回れると思います。
フィラデルフィアの観光スポット巡りに フィラデルフィアパス を使うとお得です。

Philadelphia (7)

ローガンスクエアの南側には、最近、ニューヨークのハイラインにも登場している Love のスペイン語版、Amor ぼアートも飾られていました。

Amor

もうすぐ7月4日の独立記念日がやって来ますが、アメリカ独立とゆかりの深いフィラデルフィアは、ニューヨークから手軽に訪れることができる、見どころがたくさんあるおすすめの旅行先です。まだまだある、フィラデルフィアの観光スポットはこちらです。

こんなにあったフィラデルフィアの観光スポット13選

フィラデルフィア旅行 NYから一泊二日の週末旅行におすすめ!印象派アートと建築の宝庫 アメリカ独立宣言の街フィリーへ was last modified: 6月 14th, 2019 by mikissh