チャールストンの人気オイスターバーで新鮮な生牡蠣 オイスターオンハーフシェル ! 167 Raw Oyster Bar

チャールストンと言えば、オイスターをはじめとした新鮮なシーフードが有名で、オイスターバーやシーフードレストランがたくさんあります。チャールストンで評判の人気店の一つ、街の中心部近くのキングストリート沿いにある 167 Raw Oyster Bar へ行ってきました。みんなが必ず注文する一番人気は、やはりハーフシェルの生牡蠣 (Oyster on the Half Shell) です。地元産のものをはじめ新鮮な絶品オイスターがいただけます。

この日訪れた 167 Raw Oyster Bar があるのは、チャールストンの旧市街だった、フレンチクオーターからも近い、キングストリート沿いにあります。

キングストリートは、パステルカラーの建物が立ち並び、ギャラリーやブティック店が多い、とても雰囲気のいい通りです。

チャールストンの人気オイスターバー、167 Raw Oyster Bar は、マサチューセッツ州ナンタケット島のフィッシュマーケットからスタートした、ニューイングランド風オイスターバーで、2014年にオープンしました。以前は、イーストベイストリート沿いにありましたが、2020年から現在のキングストリートに移ってきています。

ローカルのクラフトビールの他、ワインやシャンパン、カクテルなど色々なドリンクがあります。こちらは、お店の人もおすすめしてくれた、グレープフルーツのモクテルです。とてもフレッシュフルーティな味で美味しかったです。

オイスターは、ローカルのカロライナ産の他、ノバスコシア、プリンスエドワード島、マサチューセッツ州、ロードアイランド州など色々な種類があります。黒板には、オイスターの種類の他、その日のスペシャルなどが書かれているので、注文の時は要チェックです。

こちらは、シーフードサンプラー。オイスターだけでなく、クラムやジャンボシュリンプもついてきて、色々な味が楽しめます。オイスターは、ローカル産のとても新鮮なもので、うっすら海の塩味が感じられる絶妙な味で、とても美味しかったです。

生牡蠣を目当てにやって来ているお客さんが多く、オイスターのみ注文している人も多いお店ですが、意外と美味しくてびっくりしたのが、プリプリの巨大なジャンボシュリンプです。きっとアメリカ南部やチャールストン周辺では日常的に美味しい海老がよく食べられているのかもしれませんが、ニューヨークから来ると、チャールストンのシーフードは格別に美味しく感じられます。

マヒマヒのフィッシュタコスも美味しかったです。

レストランには、テーブル席もありますが、オイスターバーと言うことで、やはり人気の席は、バーカウンター席です。この日は、平日でまだ早い時間帯だったので空いていましたが、予約は受け付けていないので、繁忙期や週末は、早目に訪れのがおすすめです。
ロブスターロールや、ツナバーガーなど、サンドイッチやシーフードのメインディッシュもあり、お食事もできますが、早目の時間帯にアペタイザーとドリンクを楽しみにくるスポットとしてもおすすめです。

チャールストンの 167 Raw のストリート沿いは、オイスターバーの他、寿司バーやバーなど色々なグルメスポットがあります。

167 ローオイスターバー 167 Raw Oyster Bar
193 King St, Charleston, SC 29401 地図

チャールストンの人気オイスターバーで新鮮な生牡蠣 オイスターオンハーフシェル ! 167 Raw Oyster Bar was last modified: 2月 9th, 2024 by mikissh