Light Art (3)

ニューヨークにプリズムアート登場!くるくる楽しむガーメントディストリクトの体験型アート Prismatica

Light Art (9)

ニューヨークのミッドタウン、タイムズスクエア近くのガーメントディストリクト (Garment District) に、色鮮やかにキラキラ光るプリズムアート、Prismatica が登場しています。ガーメントディストリクトでは、年間を通じて、様々なテーマのパブリックアートが飾られていますが、毎冬恒例となっているのが、サイケデリックで幻想的なインタラクティブなアート作品です。様々な色合いに輝く25体ものプリズムが林立していて、これを回転させるとさらに美しく映え、ライトショーのようになります。大人から子供までたくさんの人が、クルクル回したり、写真撮影に夢中になったりしていました。

Light Art (2)

ガーメントディストリクト (Garment District) は、タイムズスクエアのすぐ南側に位置するエリアで、夜になると、ビルボードの光りが、ビルの谷間いっぱいに溢れるエリアです。そんなガーメントディストリクト (Garment District) に、近年、毎冬登場しているのが、そんなタイムズスクエアの雰囲気にマッチしたサイケデリックな感じの幻想的で面白いインタラクティブな作品です。

Light Art (1)

昨冬は、光り輝くシーソーが登場していましたが、今年は、Prismatica と題された作品です。カナダのケベック州を拠点とする Creos というパブリックスペースのインストレーションアートに特化したグループが展開している作品で、これまでも、世界各地で公開 されてきました。ニューヨークでは、2019年にもフィナンシャルディストリクトに登場していました。

Light Art (4)

25体ものクルクルする棒状のプリズムが、ずらりと並べられていて圧巻です。特に、美しく輝きを増すのは、暗くなってからの時間帯で、結構たくさんの人たちが集まって来ていて注目されていました。

Light Art (6)

そのままでも美しいですが、プリズムを回転させると万華鏡のようにさらに美しく光り輝きます。

Light Art (10)

タイムズスクエアを背景に、とても面白い幻想的な空間が作り出されていて、思わず写真撮影に夢中になってしまうスポットです。2021年1月30日まで飾られているので、近くへ行くことがあれば立ち寄ってみるのもおすすめです。

Light Art (3)

今週末は、キング牧師の日 の祝日があり、アメリカは三連休となるので、タイムズスクエアもいつも以上に賑わっています。以前までは激混みだったタイムズスクエアも、ウィズコロナで今は適度な混み具合となっているので、のんびりと写真撮影している人もたくさんいます。

Times Square (2)

昨年は、幻想的な光り輝くシーソーが登場していました。

ニューヨークに光り輝く巨大なシーソー登場!ガーメントディストリクトのウィンターガーデン Impulse

昨秋には、面白いワンちゃんのアートも登場していました。

ニューヨークにファンキーなワンちゃん像登場!タイムズスクエア近くガーメントディストリクトの新パブリックアート

楽しい週末を♡

ニューヨーク観光グルメおすすめ人気スポット33選 NY最新見どころ徹底紹介!

ニューヨークにプリズムアート登場!くるくる楽しむガーメントディストリクトの体験型アート Prismatica was last modified: 1月 16th, 2021 by mikissh