プロスペクトパークの見どころ ブルックリンの自然溢れるニューヨーカーの憩いの公園

Prospect Park (7)

ニューヨークの公園と言えば、真っ先に思い浮かぶのは、マンハッタンにあるセントラルパークですが、ブルックリンにもセントラルパークと並ぶ、四季折々の自然が美しい巨大な公園、プロスペクトパーク (Prospect Park) があります。夏真っ盛りの週末、久しぶりにプロスペクトパークを訪れてみましたが、スモーガスバーグや、コミュニティーイベントで多くのニューヨーカーたちが訪れてきていて、公園内では、BBQを楽しむファミリーや、ランニングやサイクリングを楽しむ人々で賑わう公園となっていました。

Grand Army Plaza (1)

プロスペクトパーク (Prospect Park) と言えば、北側の入口に当たる グランドアーミープラザの巨大な白亜の門 が有名ですが、その他、公園の色々な場所に記念碑や像が飾られています。
例えば、ブラウンストーンのタウンハウスが立ち並ぶ閑静な住宅街、パークスロープの 9th Street の入口には、1917年に建てられたアメリカ独立戦争で活躍したフランス人、Marquis De Lafayette の像があります。

Prospect Park (1)

プロスペクトパークが造られたのは、まだブルックリンが、ニューヨークとは異なる独立した行政区分であった時代です。セントラルパークがオープンした翌年の1859年に計画がはじまり、1867年に部分的にオープンしました。それ以前は、この周辺で、アメリカの独立宣言後、独立戦争時にアメリカがイギリスと最初に衝突した、ブルックリンの戦い (The Battle of Brooklyn) が起こった場所としても知られています。

プロスペクトパークは、セントラルパークをはじめ、様々な公園、庭園、大学のキャンパスなどのデザインを行い、アメリカのランドスケープ界の代表的な人物として知られる Frederick Law Olmsted と Calvert Vaux によりデザインされました。Frederick Law Olmsted については、こちらの ドキュメンタリー で、詳しく紹介されています。

こちらは、Vaux and Olmstead による 1870年のプロスペクトパークの地図ですが、現在でも、その姿が見事に保たれています。

prospect-park-map-1870
(Wikimedia)

現在の詳しい地図は、こちら(PDF)です。セントラルパークの2/3程の大きさの巨大なエリアに、美しい池と森が点在し、その間に広々とした芝生エリアと、曲がりくねった道でつながる、セントラルパークとも通じるところがあるような、そんなデザインが特徴となっています。

Prospect Park (20)

セントラルパークとの一番の違いは、こんなシーンです。そう、実はセントラルパークでは BBQ が禁止されているのですが、プロスペクトパークでは、BBQ は許可されていて、家族や友人同士でお肉をジュージュー焼く、モクモクとした煙とともに美味しいバーベキューの香りがするという、アメリカの夏の定番の光景が広がっています。

Prospect Park (2)

プロスペクトパークでは、無料コンサートイベント BRIC Celebrate Brooklyn! festival なども開催されています。イベント時以外は、会場は閉鎖されていますが、会場には、不思議なアートがあり目をひきます。

Prospect Park (3)

キッズ用の水遊びや遊具スペースもあり、暑い日は大人気。

Prospect Park (4)

園内には、パブリックアートも飾られています。こちらは、ローカルアーティストの作品、Fitzhugh Karol, Searches and Reaches です。カルダーな雰囲気のアートですが、2色使いが面白い所。

Prospect Park (5)

プロスペクトパークは、車の乗り入れが禁止のため、悠々と安心して遊ぶことができます。しっかりと整備された広々とした道があり、そこでは自転車やランニングはもちろん、こんな楽しい4人乗りのレンタルバイクもあり楽しめます。

Prospect Park (6)

公園南部には、巨大な池、プロスペクトパークレイク (Prospect Park Lake) があり、

Prospect Park (21)

ボート で遊んだり、池の周りをサイクリングしたりすることもできます。

Prospect Park (8)

公園の至る所で、ピクニックを楽しんでいる人々の姿が見られます。芝生の上でのんびりする、至極の時間です。

Prospect Park (9)

巨大な池から水が流れてくる細くなった部分には、テラスブリッジという橋がかかっていて、その橋を渡ると、スモーガスバーグの会場となっている Breeze Hill に入ります。

Prospect Park (10)

プロスペクトパークでは、春から秋にかけて毎週日曜日に、スモーガスバーグ (Smorgasburg) が開催されています。世界各国グルメなど様々なアイデアB級ストリートフードを楽しむことができる、ニューヨークの大人気イベントです。この日もスモーガスバーグは大盛況でした。

Smorgasburg (30)

スモーガスバーグ ブルックリンプロスペクトパークでも大盛り上がり!NYの大人気屋外フードマーケット

途中、イタリアンヴィラのような美しい建物 (Willink Entrance Comfort Station) があったり、と意外な発見もあります。こちらは、実はトイレになっています。

Prospect Park (11)

この日は、Brooklyn Roots Festival という世界の様々な文化が感じられるブルックリンらしいフォークアートのコミュニティーイベントが開催されていました。プロスペクトパークではいつも様々なイベントが開催されていますが、スケジュールはこちらでチェックできます。

Prospect Park (13)

Tsibele という東ヨーロッパ系ユダヤ人のグループで、Yiddish 異国情緒溢れる曲が披露されていました。ドラマティックでカッコいい、レベルの高いショーでビックリです。世界の文化をこんなに気軽に楽しむことができるなんてブルックリンならではです。

Prospect Park (12)

Lefferts Historic House という歴史的な建物の前の会場も賑わっていました。

Prospect Park (15)

こちらでは、インド舞踊のパフォーマンス中。

Prospect Park (17)

Lefferts Historic House は、18世紀後半に建てられた家だそうで、この日はイベントのため閉鎖されていましたが、普段は、ミュージアム として公開されています。

Prospect Park (18)

子供たちに大人気の メリーゴーランド もあります。

Prospect Park (14)

メリーゴーランドの近くまできてみると、やはりキッズたちでとても賑わっていました。大人気です。

Prospect Park (19)

プロスペクトパークの中には、ブルックリン動物園 (Brooklyn Zoo) もあったり、と公園西側は、キッズフレンドリーなエリアとなっています。スモーガスバーグやブルックリン動物園へ向かう場合は、黄色のQラインの Prospect Park Subway Station が最寄り駅となっていて簡単に訪れることができます。

Prospect Park (16)

この他、ニューヨーク市内各地の公園同様、プロスペクトパークでは、Summer Movie Under the Stars という夏の無料映画イベントも行われています。会場は、グランドアーミープラザから入ってすぐのノースメドウです。
ニューヨークが危険だった時代は、プロスペクトパークもかなり治安が悪かったようですが、現在は、安全な公園となっています。ただし、セントラルパーク同様、特別のイベントの時以外は、明るい時間に訪れましょう。

プロスペクトパーク Prospect Park
Brooklyn, NY 11225 地図

プロスペクトパークでは、秋には、美しい紅葉が楽しめます。おすすめ紅葉スポットは、こちらで紹介しています。

プロスペクトパークの紅葉 見どころおすすめスポット ブルックリンの美しい憩いの公園

プロスペクトパーク周辺には、こちらも四季折々の景観が美しいブルックリン植物園やブルックリンミュージアムもあり、一緒に訪れてみるのもおすすめです。

ブルックリン植物園 桜が満開の美しい日本庭園!

ブルックリン美術館は、毎月第一土曜日の夕方は、Target First Saturday が開催され、入場無料となり、月毎に異なったテーマの特別イベントが開催されます。

ブルックリン美術館の見どころ & ブルックリンミュージアムナイト!

プロスペクトパークの見どころ ブルックリンの自然溢れるニューヨーカーの憩いの公園 was last modified: 11月 6th, 2020 by mikissh